祇園祭 宵山 | 鬼城

祇園祭 宵山

2013.07.20.Sat.18:00
宵山

山鉾の数は33基・・・
朝から「鞍馬寺」「鞍馬山」「貴船散策」そして宿舎・・・おそらく今日は10km以上歩いている。
宵山も木村先生が案内してくださるとのことで待ち合わせをした。
人出は半端でなく、探すのに苦労する。
携帯は便利だと改めて感心する。
まだ夏の日は高い。
来年から16日、23日と宵山も分かれるのだろうか?
それなら、すべての山鉾を見る機会は今年しかない。

宵山0

長刀鉾

一番人気の「長刀鉾」祇園祭の象徴
明日の巡行では、くじ引き外で先頭で引かれる。

宵山1

山鉾は33基
各町内が持ち、その心意気を示す。
各町内(鉾・山)とも飾り付けも行い特色を出している。
ここの町内は「山伏山」
二階を解放し、神様の飾り付けを行っている。
商家の二階は宵山のために障子が全て外れるようになっているとか。

宵山2

お囃子
鉦・笛・太鼓の祇園囃子は伝統的な音色・・・
各鳴り物にはひもがついて、鳴らすたび、ひもが揺れる・・・

宵山3

宵山の夜も更けてきて提灯の明かりも鮮やかである。
京都祇園祭実行委員会理事長さんのお宅にお邪魔する。
木村先生のご案内で、二度と経験できないお話を伺った。
この方は野村町のシルク博物館のデザインにも関係しておられているそうだ。
シルク製品の展示会を松山でしたとき、伊達文化保存会の「赤地花蝶紋蜀錦」の展示をしたとも・・・
不思議なご縁である。
ごちそうになり、前の南観音山」に・・・

宵山4

人出は最高潮

ご案内の木村先生もせっかくだからと汗びしょんこで・・・
少し休みましょうかと「菊水鉾」のお茶会へ・・・
お見せできないのが残念だが、茶道具すべて菊水のデザインがあった。
前の席には神棚が・・・お客さんは、すごい数としか言いようがない。
茶菓子の容器の皿も菊水・・・これはプレゼントされ持ち帰った。

宵山5

続いて「菊水鉾」の壇上に上がった。
お囃子方は引き上げた後だったが、高さを感じる。明日の巡行はここで演奏が行われる。

宵山6 

茅巻

各山鉾では「蘇民将来」の縁起物の茅巻が販売されている。
この茅巻は各家の玄関の裏に一年間、飾られる。
頂いた茅巻を早速、玄関に飾った・・・


 各山鉾で縁起物を売っている町内の人たち

宵山7
コメント
宵山、ご苦労様。
宵山だけは、一度見たいと思いましたが、富士登山と同じで、一度で結構、今のようにケイタイはなかったし、はぐれることを覚悟して、疲れたら各自ホテルへ帰ろうと話し合って出かけた思い出があります。
長刀鉾の狭い道ではもう傍へ寄るもの大変でした。
木村さんが案内されたのですか?良かったですね。
No title
 京都は、他と比較すると、京都以外が伝統というのもおこがましいようなレベルなので、奥深く思います。また、鬼城様の人脈の深さもあって貴重な体験になり、良かったですね。
案内
木下博民 様
案内をしてくださる方が居て、本当の祭りを見ることができました。昔ながらの商家の家々など普段なら通過ですね。この日だけは解放されているようです。日常と非日常の比較も面白いものでした。何でこんなに人が居るんだろうと思うばかりの人出でした。夜も更けていくのに9時半あたりがピークだったかも・・・シャツもズボンも汗で・・・
ネットワーク
tentijin 様
本当に人と出会い、人と交流し、いろんな知識を深める、幸せなことだと思います。日本三大祭り、東京は行っていません。元気な内に行きたいと・・・神田明神か三社祭か・・・
一度は
 誰めら(これって方言?)経験できない見物やお茶席ですよね。tentijin さんの言われる通り、鬼城様の人脈の深さだと思います。私も、こうしてご縁あってこの様にブログで今日の祭りの様子を楽しませて貰っています。縁あって・・・いいですね。
地道な縁
吉野の食いしんぼう 様
昨日は参議院選挙。ネット解禁をした初めての選挙でした。FaceBookやTwitterなど駆使して候補者や代表は情報発信していましたが、あくまでも、これは情報手段です。人とのつながりではないことを忘れてはならないとおもいます。しかし、仕事での縁は数限りなくあります。これからはより深く、お付き合いしたいものです。京都という街にちょっと触れました。

管理者にだけ表示を許可する