京都祇園祭 | 鬼城

京都祇園祭

2013.07.19.Fri.09:00
京都祇園祭り

今日から京都祇園祭特集

いろんな説がありますが、日本三大祭り(東京神田祭・京都祇園祭・大阪天神祭)の一つ京都祇園祭に行った。
これは偶然、ホテルをとることができたことに始まりました。
ある人に話したところ、京都在住のお世話になっている茶道家の先生のお耳に入ることとなり、携帯に電話が・・・
「水くさいですよ、丁度空いていますからご案内をと・・・」恐縮した次第。
しかし、これが行き当たりばったりの見物でなく、祇園さん(京都の人はこう呼ぶ)を堪能することとなった。
ポイントを細かく教えて頂き、人混みをかき分け、撮影・・・
これが半端な人数ではない。
交通規制がある四条通の人混みは、暑さとともに死ぬ思いだった。
田舎者の私たちは、ただ待つのみ・・・
親切な方がいて、いろいろとアドバイスを頂いた。
この写真は1,000枚ほど撮った中での偶然の産物・・・まずはこの一枚から・・・

山鉾巡行は朝9時スタート、長刀鉾は、「くじ改め」なしでいつも先頭を切るそうだ。
くじ改めがあり、山車の順番が決まる。
そして巡行が始まる前の儀式「注連縄切り」があった。
両サイドに張られた注連縄を選ばれたお稚児さんが太刀で切る。
お稚児さんの両脇には禿(かむろ)役の子どもが2名・・・お稚児さんは「白井大督(だいすけ)くん10歳・・・
太刀で切る瞬間を誰もが狙っている。
私は先日教えてもらった連写で・・・注連縄が風になびきながら 分かれる瞬間を撮影した。

しめ縄切り
コメント
祇園祭
煌びやかな祇園祭、冬は寒く夏は蒸し暑い京都盆地で繰り広げられる祇園祭は美しく煌びやかなのだが派手さがないのは古都の祭りなのかもしれません、ゆえに見たいと思うのでしょう。私は、もう何十年も見ていません。
No title
 別世界のような祭りの幕開けの瞬間ですね。
いつか私も
 鬼城さんが言われる「ご縁」が結んだ祇園祭り観光ですね。私もいつか一度見てみたいな~と思い始めました。
疲労困憊
うわつ 様
二日間、歩き続けて(欲な日程)疲れました。比較されるのが博多の祇園山笠・・・勇壮な祭りですね。一転、京都は静かな祭りのイメージでした。祭り自体はたおやかで静香なんですが・・・お客さんの数が・・・今回は別の意味で京都を知る良い機会でした。
別世界
tentijin 様
このお稚児さんに選ばれる児童も大変だと聞きました。支度が半端ではないとか。脈々と1,000年も続いているんですね。山鉾を出す地区の方々もステータスがあります。
この祭りはすごい!
吉野の食いしんぼう 様
知っている人がいれば、より楽しむことができます。自分は何も知らず行きましたが、木村先生のご説明など受け、見所を見つけ、機能的に動くことができました。二日間で20kmほど歩いています。祭り見物も調査研究が必要です。

管理者にだけ表示を許可する