どろんこ祭り 畦豆植え | 鬼城

どろんこ祭り 畦豆植え

2013.07.11.Thu.18:00
畦豆植え

昔から田んぼの畦(取り囲んでいる土手)の利用として豆を植えていた。
その畦豆植えをおもしろおかしく、演じる(神に捧げる)演技が枝豆植えである。
4人の若者が演じている。

畦豆植1

役割

先頭は藁すべを燃やし、蒸しを追い払う。
2番手は杵を付き、穴を開ける。
3番手、4番手はその穴に豆を植える。

畦豆植2

和気藹々から乱闘へ

最初は「今年はまじめにやろうぜ!去年みたいなことはするまいぜ」と言っていたが・・・
足を取られるところから乱闘は始まった。

畦豆植

乱闘

何しろ、初めての見物だから、隣のカメラマンさんにお聞きしながら撮影・・・
すでに乱闘は始まっていた。

畦豆植3

格技

相撲の技、レスリング等々・・・
演技の時間は30分程度だったが、若者たちは体力消耗で・・・
お客さんは「あと5分!」とかけ声・・・

畦豆植4

跳び蹴り

目測を誤ったのか、足が短かったのか分からないが不発!

畦豆植5

最後は仲直りの円陣!

一人増えている?
地元の若者で途中、観客席から引き下ろされ飛び入りの豆植え。
足を取られ、皆さんへとへと・・・

お疲れ様でした!

畦豆植6
コメント
No title
 素晴らしい写真ですね。特に最後の写真は「Good」ですね~。

 私も40年近く前,先輩に連れてきてもらい写真を撮ったことがあります。今ほどカメラマンが多くなかったのでどこでも自由に撮影ができました。
 
 やはり、「その場に行かないと撮影できない。」というのが、カメラの素晴らしいところですね。そういう意味では、「うわつさん」が体現者ですね。
動画が欲しいくらい
無言劇は台詞があるよりも実は大変ですね。それもおそらく筋書き通りの練習をどの程度されたか?簡単な申し合わせだけでは実のところ巧くいかないものです。アクシデントがあってそれにどうすばやく対処するか、それぞれの人生と全く同じ、そう思って見物した人が何人居られたでしょう。
いま南予は着実に為政者の筋書通りに発展しているか?どろんこ劇ばかり演じていて、いい加減なところがないか、真剣に話し合う後継者が欲しいですね。
言い忘れました。
先日、和霊神社のお田植え神事に触れましたが、鬼城さんはいまの須賀川河川敷のあたりに神田があったように思っておられますが、和霊神社の神田は今の和霊闘牛場の谷の下でした。すなわち森安の奥。何年か前このあたりを歩いてみてすっかり変わっていて検討付きませんでした。
ちなみに今の須賀川河川敷は橋から上が広場になっていて、下は花街でした。大きな店が参篭堂の石垣の下に並んでいて、石垣のはずれにお稲荷さん(今もあるはずです)のあるところが遊郭の中央部だったのです。小学校の通学路でしたから忘れられません。
5時間
笑隆で~す。 様
なにしろ初めてのものだから、ずーっと座り続けていました。立って撮影している人もいましたが、後ろから立つと見えんじゃろ!のおらび声が・・・ここではそれが「マナー」のようです。さすがに日に焼け、疲れました。うわつさんも来られていましたが、何度も撮しているので、要所、要所を撮り、引き上げていきました。なにしろ動きの「うわつさん」ですから・・・帰りに「竜沢寺」に寄ったみたいです。
選挙
木下博民 様
日本の将来を占う参議院選挙です。低調ですね・・・それより宇和島市は市長選、市議選も8月だったか(忘れるほど低調)あるんです。ちまたでは無投票の話もちらほら・・・それがこの地方の現状ですね。会議にしても空転の様相です。さてさて、皆さん「一次産業の活性化」を繰り返し言っていますが、実行可能なものはありません。中身のない公約では・・・学校の校訓にありました。「研究、実行、反省」政治家の皆さん、中学校の頃を思いだしてほしいですね。
和霊土俵
木下博民 様
和霊土俵は子どもの頃、見に行った記憶がかすかにあります。神田は分かりません。私の話は明治初期の絵図面ですね。和霊神社の山門の前に太鼓橋がありますが、ここは参道・・・そして日本一の鳥居のところが川岸で和霊公園のところが川でした。参道を渡ると右手が神田・・・規模的には今の和霊神社よりは大きかったと思います。整理していないので絵図面が出てきたらお送りします。
今日もそうだったのか~
 あの乱闘は「畦豆植え」だったのですね。ホントにぼ~っと見ていたのだなと。伝統の継承は大変でしょうが、若者にしっかりと受け継いで欲しいです。こちらでも、公民館から間もなく「施餓鬼」の鐘の練習の音が聞こえ始めます。
 泥まみれの5人は泥パックの効果があるや?なしや?肌の弱い人はかぶれたら大変なんて、つまらない視点ですね。
大変な労力
吉野の食いしんぼう 様
伝統の継承には、意欲と財力と協力とが必要です。明治14,5年頃から、今日まで続けていることは、頭が下がりますね。イベント化していますが、見る価値があります。何しろ「奥伊予の奇祭」ですから・・・
TouTubeに昨年?のものが上がっていますからご覧になってください。
http://www.youtube.com/watch?v=VH73l3lhkcc
No title
 正に奇祭、どの写真も、現場の雰囲気をよく伝えていますね。あれだけのカメラマンが陣取っていれば、田んぼに寝っ転がって撮影でもしないと、新たな決定打は打てないかも知れませんね。
写真コンテスト
tentijin 様
言われるとおり、構図自体はありふれたものになりますね。誰かが撮っているといった風に・・・奇抜な構図か、偶然のハプニングかでないと入選しないでしょう。それと場所でしょう・・・
畦豆植え
畦豆植えは人気の神事だけに、前のカメラマンが立ったと言って怒鳴りあう。暑いさなかスムーズに神事が進まないのもイライラの原因になっているようだが、三脚立てたら動けないのもイライラの原因だろう。私は手持ちでフットワーク軽く移動しながら撮影するので怒鳴られることはなかった。
雰囲気
うわつ 様
伝統行事である「どろんこ祭り」の雰囲気を壊しますね。おらび声がするのは、耳をふさぎたくなりました。叫んだ人も立った人もマナーが・・・楽しい祭りと趣味の写真にしたいですね。私はずーっと座りっぱなしでした。

管理者にだけ表示を許可する