どろんこ祭り | 鬼城

どろんこ祭り

2013.07.09.Tue.18:00
奥伊予の奇祭「どろんこ祭り」

以前より知っていたが、仕事やその他の用事で見に行くことができなかった。
7月の第一日曜日にあると「うわつさん」より聞き、新聞で確認した。

今週はこのプログラム順に掲載していきたい。
写真と呼べるものはないけれど、記録として見ていただければ幸いである。
 愛媛県南部の西予市にて行われる、田植え休みのユニークな祭り。奥伊予の奇祭御田植祭り(おんだまつり)とも呼ばれる。2000年(平成12年)に県の無形民俗文化財に指定されている。 例年、7月第1日曜日に実施。2010年(平成22年)は口蹄疫の余波で名物の代かきの主役の牛の確保が困難とのことで、開催は中止された。

 三嶋神社の“おんだ祭り”は、兼近村(現宇和島市三間町)で行われていた御田植祭りが、兼近村から土居村に養子に来た高月兵太郎さんによって伝えられ、1881年(明治14年)頃から、現在の西予市城川町土居にある三嶋神社のお田植え祭りとして行われていたものを、村おこしの目的もあって、盛大に行われている。もともと、五穀豊穣、無病息災を神に祈るとともに、田植えが無事に終わった喜びを分かち合い、農作業の労をねぎらう行事であったといわれる。

 ハプニング、動きのある祭りであり、シャッターチャンスを狙うカメラマンが多数訪れる。写真コンテストも開催される。普段はのどかな山村であるが、この日は5000人余りが訪れ、にぎやかな一日となる。

 祭りは、三嶋神社脇の神田で行われ、田植えの順番に従って、牛による代かきから始まり、あぜ豆植え、さんばいおろし、早乙女踊り、お田植えの順番となっている。以下、それぞれ述べる。

代かき

 機械化が進み牛による代かき、それも何頭もが揃っての代かきは大変珍しく、7頭あまりの牛が水を張った水田を横一線に並んで歩む様は勇壮である。農家はこのために牛を肥育し、祭り前にはきちんと並び歩む為に牛のトレーニングに励むほどである(なかなか揃わないが、揃った様は見事)。かつては10頭以上の牛が登場していたこともある。

あぜ豆植え

 4人の男が、代かきの終わった田で虫をたいまつで払い、あぜ豆を植える仕草を面白おかしく演じていくが、やがて互いに突き飛ばしたり、投げ合ったりとドタバタ劇となる。時には、お巡りさん役の飛び入りがあったり、観客(演じる人の知人など)が連れ込まれるハプニングも。どろんこ祭りと呼ばれるゆえんである。

さんばいおろし

 豊作を願う神事。天狗の面のダイバンという役が、神事に興味を示し、やがておどけて神官の邪魔をし、神田に突き落としたりしていく。

                                早乙女踊り、お田植え

 着飾った女児が行う。                                      
                                                     ウキペディアより

タイトル 

コメント
城川は何かにつけてユニークなところですね。
「どろんこ祭り」は田植え神事の一環で何処でもやっていました。
昭和の初め、和霊さんの神田(3反あったとおもいます)でもお田植え祭が賑やかで、牛が田を掻き、そろいの島田曲げに結って着飾った少女がずらりとならんで田植えの所作をやる。少女にはそれぞれ支えの男衆がつき、同時に同じ数の少年(?)が小太鼓をかざしながら並んで田植え歌を歌う。少女はその歌にあわせて苗を植える所作をしながら一歩一歩後退してゆく。
これが終わると、道化が田圃に現れて、寸劇をやる(もちろん台詞なし)。この劇は決まって最後は乱闘、どろんこになってしまう。見物人は大喜び。炎天下で「アイスクリン」(あのころはアイスクリームとはいわなかった)売りが鐘を振って売り歩いた。私はそれが欲しくて仕方なかったが、チブスになると脅かされて買ってはもらわなかった。もっとも親が付いてはゆきませんので、銭もない。
そんな夏の思い出はありますが、いまお田植え祭りをやっていますかね。
神田
木下博民 様
 和霊様の明治頃の絵を見たとき、まずは今の様相と違っている点に気づきました。須賀川が現在の公園内を流れていることです。そして和霊様の敷地が現在の川のところまであったこと。今の道のところには神田が・・・
 今はもう神田さえ無いですね。城川の泥んこ祭りも続いていますが、1番の悩みは牛!昔のように代掻きをする牛がいない。そのため、肉牛農家から借り受け、勢子と牛は祭り前一ヶ月間、毎日訓練をするそうです。和霊様も復活させると面白いとは思うのですが・・・
どろんこ祭り
暑い~!!といっても涼しくならないけど尋常ではない暑さです。
さて、鬼城さんがどのようにどろんこ祭りを編集するのか興味があり期待しています。
期待外れ
うわつ 様
見聞きしたことをたどるのみです。写真は全然でした・・・途中から連写を使ったことも後で考えると残念です。さすがNHKは良い場所で撮影していましたね。勉強になりました・・・
それにしても、暑い!しかし、宇和島は33度ですからしのぎやすい気もします。まっ、40度前後の場所もありますから・・・

管理者にだけ表示を許可する