今年も・・・ | 鬼城

今年も・・・

2013.07.05.Fri.18:00
風蘭

我が家の玄関脇に植えてある「槇」につけてある風蘭が今年も良い香りを作り出している。
先輩から頂いた一株がこのように増えた。
着生覧であり、気根で増えるが、気には佳くないと聞いている。
水やりや肥料の心配もないので付けているに過ぎない。

今年、知人より大株を頂いた。
まだ花芽は見えないが、来年は槇の木全体が風蘭の香りに包まれるだろう。

風蘭1

雨上がりに咲く風蘭

風蘭2

花は純白で可憐な小さな花である。

風蘭3

群生して咲く

次に咲く花のつぼみ

風蘭4

同じく我が家の「和もの」から一転して「洋物」の花

カサブランカ

テッポウユリが咲いた後に咲く百合である。
いろんな種類があると聞いている。
非常に花は大きく、派手である。

高山では「笹百合」この時期に咲く。
友人のブログにアップされていた。
「笹百合」久しく見ていないなあ・・・

カサブランカ1

カサブランカの花心

カサブランカ2
コメント
なかなか多彩のご趣味、頭が下がります。
大いに勉強になります。風蘭とは富貴蘭のことなのですね。
お住まいの風雅さが見えるようです。
こちらは、4~6月、烏の子育て時期で道端に出したゴミを荒らされて困りましたが、やっと子育てが終わったのが、烏訪問がなくなりました。これも風物詩(?)の一つでしょうが、風蘭とはおよそ次元が違う話でごめんなさい。
上品な花
 風蘭は花も上品ですが、香りも上品そうですね。槇の木全体からその香りが漂ってくるって、何て優雅な環境なのでしょう。カサブランカを花屋さんの店頭に初めて見たとき、その優雅さにビックリしました。「何て花ですか?」「高いのですか?」「綺麗だな~」など連発していたら、花屋のお兄さんが開花した一輪を花首から切って「水を張って浮かべさいや」と貰ったことがあります。南予文化会館のまえの花屋さんでした。あれから何十年、カサブランカも日常化しました。
ただ着生・・・
木下博民 様
 富貴蘭の栽培はへごに付けたり、水苔に乗せたり、いろんな方法を聞きました。しかし、管理を日頃しないので、槇に付けました。すると見る間に広がり、花を付けただけ・・・(笑い)しかし、白花は貴賓と優雅な香りがあり、梅雨のさなか、楽しませてくれます。また、天赦園に着生している富貴蘭も頂きました。斑入りの葉のものと、あわせて3段・・・

 都会ではカラスの害が言われていますが、宇和島でも同様・・・カラス、サギ、イノシシ、鹿、野良ねこの害が顕著です。何とかしてほしいですね。
希少価値
吉野の食いしんぼう 様
ヒマラヤの青い芥子がきたのが「花博」でしたか?修学旅行で池が二つに割れるところを肩車に乗せてもらい見た記憶があります。あれから何年たったでしょうか。芥子も今では販売しています。珍しさで評判になり、すぐに広まる。市場価格も当てになりません。変わらないのは、美しさのみですね。川瀬先生の生け花、平たい水鉢に花を浮かべるものもありましたね。
No title
 我が家にも、松の木やもう伐採した梅の木につけてもらい、この時期立派な花を咲かせにおいも楽しんでいます。今年は岩に取り付けた風蘭をもらい、玄関内に設置しました。霧吹きで水やりをするのが私の仕事になっています。正直なもので、霧吹きを忘れずにやると、どんどん花が立派になっていきます。鬼城様の奥様にいただいた球根、立派な赤い花を咲かせました。鬼城様の玄関には、いつも丹精込められた美しい花々が咲いていますね。奥様の熱心な取り組みが目に見えるようです。
気根
tentijin 様
風蘭とか石斛とかは気根のため、霧吹きで水分補給をすれば良いと聞いてはいるのですが、それさえしない私のこと・・・着生させるのが1番と勝手な理屈を並べています。風蘭は香りも良いですね。驚くことに花の色つきのものは何千円もするようですよ。ピンクとか赤系統が多いと聞いています。植木が枯れない以上、毎年、咲いてくれるでしょう。
石斛ってありましたが、これは何ですか?
鬼城さん。
石斛って何ですか。妙なことを伺ってごめんなさい。
せっこく
木下博民 様
これも着生の植物で風蘭と同じように育てます。ふりがなをつけるべきでした。匂いもあり、風蘭と似たような環境で育ちます。色による変化、葉の変化などもあり、山野草を育てている方に人気があるようですね。
石斛はデンドロビウムのことなのですね。
勉強になりました。
日本産
木下博民 様
洋種はデンドロビウムですね。山野草を趣味としている方(今は故人)とのお付き合いで高山の岩場に着生していることを知りました。可憐な花ですね・・・その後、洋種もあることを知りましたが、洋物は大きい花で匂いもあまりありませんでした。

管理者にだけ表示を許可する