7月1日 | 鬼城

7月1日

2013.07.04.Thu.09:00
合歓の花

梅雨の半ばには必ず咲く花である。
しかし、花びらが線状のため、雨に濡れると見る影もない。

生活が変わったせいか、体調不良が続き、しばらく散歩は控えていた。
季節の移ろいは止まらない。
気分的にも佳くなったのと月初めでもあり、散歩を復活した。
梅雨にしては涼しく、散歩も快適であった。

散歩1
アガパンサス

この花も梅雨時に咲く。
強い花で毎年、株も大きくなりきれいな花を付ける。

散歩2

珍しく白花のアガパンサス

この色は珍しい。

散歩3

途中の畑の縁に植えられているサボテン

サボテンの開花時期は・・・?

散歩4

姫檜扇水仙(ひめひおうぎずいせん)

モントブレチアのこと。
この花も梅雨時には、至る所に咲いている。

散歩5

凌霄花(のうぜんかずら)

この花も梅雨の頃に咲く。
結構はびこる花である。

散歩6



コメント
ご自愛の程
 うっとおしい気候が続きましたが、気をつけて下さい。1日はやっと晴れ間が覗きましたね。白いアガパンサス綺麗ですね。初めて見ました。お花のお稽古でこれが出ると、約束事も簡単ですぐに帰れるので、いられの私はラッキーって感じでした。
 姫檜扇水仙もよく目にしますが名前は知りませんでした。勉強になります。ただ記憶力の低下が問題なのです。
実は・・・
吉野の食いしんぼう 様
何度聞いても忘れてしまう。だから、記録をと思ってブログを立ち上げたのです。他力本願でデータの保存ができ、いつでも引き出せる。現金なら良いのですが・・・(爆)姫桧扇水仙も昨年か、一昨年か取り上げたなあと思い、検索。探し当てました。もとは友人の理科の先生に教えてもらったことです。アガパンサスの約束事?面白い!
No title
 合歓の花、この梅雨時期は、至る所に咲いていますね。アガパンサス、印象的な花なので、よく目に付きますが、名前は知りませんでした。姫檜扇水仙も、よく見かけるのに名前は知りませんでした。凌霄花や時計草は、つる性の植物ですが、逞しいですよね。今、自然を破壊しつつあるつる草があります。朝顔のような花が咲き、宿根草です。見られたことがあると思います。
ああ、今年も眞夏になりましたね。
ほとんど外へ出ませんので、季節の変化は鬼城さんのブログだけ。感謝しています。合歓の花は、艶やかとはいえませんが夏の野山にはなくてはならない花かな。それにしても「合歓」を「ねむ」「ねぶ」とは難しい文字ですね。花々はこんな難字よくありますね。
つる性
tentijin 様
風船蔓とか朝顔などは後の処理が大変ですね。ましてや宿根草となると・・・自然破壊は○○朝顔?この花の繁殖力はすごいですね。見慣れた花でも名前を知らないものがたくさんあります。
昔の漢字
木下博民 様
パソコンに使われているのは「第一水準」「第二水準」の漢字ですね。これが植物名や人名となると大変です。連文節どころか単漢字変換・・・読みとなるとこれまた大変。判読不明のものもおおいですね。書き込みの時は「手書き入力」を使いますが、読みは「あてずっぽう」(笑い)凌霄花(のうぜんかずら)などは読めませんよね。
体調
体調を崩されていたとか、生活のリズムが変わると何かしら体調変化しますね。睡眠不足や便秘などよからぬ変調から他の病気を引き起こしてしまいます。その上、今年のように雨の少ない空梅雨かと思えば雨が降り、ジメジメ多湿の梅雨になる。お互いこんな時は、よほど気をつけなければなりませんね。日曜日は「どろんこお田植え」からっとした日であってほしいものです。
年を取ると・・・
うわつ 様
治りが遅いですね。しかし、やっと本調子になりました。日曜日がどろんこ祭りですか?天気は曇りのようですね。からっと晴れたどろんこ祭りは似合いませんね。奥伊予の奇祭とか。

管理者にだけ表示を許可する