俳句であそぼ | 鬼城

俳句であそぼ

2013.06.18.Tue.08:00
突然の郵便物

ある日、ポストを見ると少し厚い封筒が入っていた。
なにかのかんゆうかとおもって開けてみたら、俳句雑誌だった。
そうか、約束していた俳句誌が6月に出るから送りますと言っておられたっけ・・・

俳句などというものは、作った記憶がない。
それが、4月28日のラジオウォークで吟行をかねている方たちがいるので、案内人も作ってくれと言われ苦吟・・・
2句作ったがそのうちの一句が掲載されていた。
何か、今になって考えると盗作っぽいのが気にかかる。


俳句であそぼ1

FMがいやのパーソナリティをされている方からのメッセージ

このブログを見ていただいている方たち、是非お聞きになってください。

掲載された句

風薫る 伊達な宇和島 街歩き


俳句であそぼ2
コメント
俳句
鬼城さん、おはようございます。「俳句などというものは、作った記憶がない」の一行に、え~そうなの?と探したらこんなのが出てきました。 雪の夜遠くひびくは汽車の音 俳句も短歌も短い言葉で何かを表現するということは難しいですね。写真も同じようなところがあるように感じます。自分ではこうだと表現してもうまく伝わらないことも度々、難しいから続けられるのかも・・・・・
ははは!
俳句は簡単という人もいるけれど、やはり感性の問題だと思います。月の出に感激し、日の出、日の入りの位置を確認し、「うわつ」さんのように自然探しの中で生まれると思いますよ。挑戦されてはいかがですか?現代版「山頭火」めざして・・・
俳句2
この俳句、鬼城さんが作ったのだよ。憶えてないかな~。
私が作ったのは一度全国版の俳句雑誌に載ったことがあります。たしか?沈下橋を渡る子供たちの句でした。
でもそれっきり作ってません、飽きやすいです。
記憶にない!
うわつ 様
どこかの国の議員さんみたいですが・・・小6の時かな?覚えてないなあ・・・年とともに俳句など見たり、聞いたりすることは多いですが、時分で作るようなことはできません。自由律の山頭火は良い句?ですね。まだ自由律が俳句かどうか分からない。
No title
  俳句も1つの詩ですが、日本人には馴染みの深い詩ですよね。5・7・5も誰に教わったわけでもないのに、自然に言葉を紡ぐ時浮かんでくるから不思議ですよね。不器男の句を読んだとき、共通のものを感じました。感性かなと思うに、そうのようでそうではない。よくよく読み返していると、鬼北地方で育った者同士の共感かなと気付きました。作るのは難しいです。
なるほど、なるほど
空梅雨といわれながらに若葉風
こういうのは俳句とはいえませんね。季語が二つも重ねましたから。
鬼城さんの句は、伊達をお使いになったので川柳っぽい感じがします。結構なことではないですか。
お互い、言葉遊びは楽しいですね。「牛鬼が出て騒動も派手になり」って川柳はどうですか。鬼城さんなら「フン」といわれるでしょう。
「花信」とは、花のたよりか、「かしん(過信)」の君か
ごめんなさい。言葉遊びって愉快ですね。
老いの坂越えてゆかばや里紫陽花(さとひよら)
霍乱(かくらん)に脅されながらメール打つ
どきっ
「俳句であそぼ」のこの葉書、わが家の机上に放置されたままです。何処かの観光に行ったとき、「一句どうぞ」と貰い手を出してしまいました。(友人は丁重に断った)もらわにゃよかった。私にはセンス0でした。
不器男
tentijin 様
完成でしょうね。と片付けて良いものか・・・愛媛ではこの俳句で生活をされている人が大勢います。全国区の方もいます。共通して言われることは「俳句は簡単」なんですね。しかし慣れないと取っつきにくいものであることは事実です。tentijinさんも不器男にならrて一句いかがですか?
言葉遊び
木下博民 様
最近になって言葉遊びという言葉が分かりつつあります。(笑い)しかし、言葉に遊ばれているような気がするのも事実ですが・・・四国遍路をしているときに、俳句でもできれば余裕が生まれるのにと思いつつ・・・仕事の場面だったから無理矢理ですね。川柳的なものとなりました。言葉遊び、ご指導よろしくお願いします。
花信
吉野の食いしんぼう 様
食いしんぼうさんのところにもあるんですね。投稿されてはいかがでしょう?私はこれでおしまいとします。(爆)もう少し若ければ、お勉強をするのですが、ほかのことに気が散っていけません。山にも登りたいし、DVD整理も・・・写真の勉強も、旅行も・・・年とともに欲張りになるようですね。

管理者にだけ表示を許可する