九島架橋 | 鬼城

九島架橋

2013.06.13.Thu.09:00
ボーリング調査終了し、いよいよ開始!

現在は支柱の基礎工事のため、泥の除去
北九州市より浚渫船(しゅんせつせん)がクレーンで掘っている。
正面が九島百ノ浦地区
この浚渫船の両脇には航行する船のため、見張りの船が2隻常駐している。
また、作業場を示すため、黄色いブイが浮かんでいる。

九島架橋1

完成図 宇和島市ホームページより

九島架橋0

愛媛新聞11日朝刊の記事

 愛媛県宇和島市はこのほど、同市陸地部と沖合の九島を結ぶ「九島大橋」架橋事業に本格着工した。2016年3月の完成を目指す。9日には、同市坂下津の造成地で安全祈願祭があり、石橋寛久市長や地元国会議員、施工関係者ら約40人が工事の無事を祈った。
 市建設課によると、九島大橋は全長468メートルで同市坂下津―蛤を結ぶ。最新の耐震基準を満たす。現在、宇和島港―九島(蛤・百之浦・本九島)では、えひめ南汽船が所要時間15~30分、1日9往復のフェリー便を運航するが、完成すれば島と市内中心部の移動時間は車で約10分となる。
 総事業費は約85億円。10年度に国の社会資本整備総合交付金事業として採択された。本年度事業費は約15億8000万円で、うち約10億5000万円が国の交付金。橋本体の工事は県に委託し、5月末から海底の掘削など一部作業が始まっている。
 
戎山

宇和島湾を取り巻く、小さな半島である。
九島までの距離は、最短菜場所で400mほど・・・
半世紀前より、架橋の話はあったか、誇大妄想的だった。
それが、2015年には陸続きになる。
賛成、反対意見はあるが、歴史的事実としてとらえたい。
入り口にある、離島航路、九島航路を見守る灯台・・・
正面の大きな建物は「徳州会病院」・・・住吉山である。

九島架橋2 

地元の鎮守様
戎神社

この戎山は恵比寿ではなく戎である。

九島架橋3 

浚渫船、アップ

九島架橋4 

九島フェリー

半世紀にわたって島の方々を支えてきたフェリー「九島丸」
老朽化が激しく、ドック入りのため、2隻あったが、廃船となり、現在は一隻で運行されている。

九島架橋5
コメント
ここで泳いでいました~と言っても半世紀前ですがね。あの頃はきれいな海でした。水着も無い頃でフリチンかTバックのサポーター、そのあと6尺ふんどしでした。あの頃の海になりますかね~。
新しい時代
うわつ 様
同じ世代ですから、同じようなことをしていますね。ここの海峡は400m足らずですから、泳ぎ切ることは簡単です。しかし、大人の人に「あぶないから、泳ぐな!」といわれました。結構、船の出入りがありますから、怖いんですね。それと海中電線や電話線などを敷設している場所ですから、安全面を考えたのでしょう。明日から高野山へ旅立ちます。四国遍路、お礼参りまで済ませました。2日間で800kmほど走っていました。
実は私
 3日に九島に行っていました。基礎工事の船を見てかえったのですが、泥を除けていたのですか。九島は至る処にびわがなっていて、一面オレンジ色でした。橋のイメージがわかりました。九島大好き人間としては船で行きたい所ですが、島民の願いなのでしょうね。橋は。
架橋で九島の新時代が来ますね
2016完成といいますから、とてもこの目で見ることはできませんが、その昔私は「シャングリラ九島」というのを書いて九島に送ったことがありました。シャングリラは、俗界から隔絶したところでなければなたないのですが、いまの宇和島市内のような大都会でもなく田舎でもなく、なんとなくシャッター街の増えた奇妙な街を期待されているわけではないでしょうね。
時には直ぐ目と鼻の位置にシャングリラがあっても良いではないかと思ったのは都会生活の疲れた私の夢でしょうかね。
飲食店なく、自販機もなく、喫茶店のない、そんな場所が2016年には下界に引き下ろされるのですから、島で生まれ育った皆さんは、有史以来の生活環境がガラッと変わることを驚かないでください。
施錠しなければ留守など危なくてできないことを実感されることになるのですから。この気がまえで素晴らしい九島にして欲しいものです。
それどころか、2~300年のちには宇和島湾自体があるかどうか。宇和島の人々が住吉神社に船で参るのを楽しんだのはまだ150年ほど前で、その住吉神社は何処にあるの?なんで船でゆくの?と嗤われるほど時代は動いていますからね。
No title
 大型ワゴン車で九島に渡り、1周しようとして、狭い道の急カーブに阻まれて実現しなかった経験があります。例えば、石応から見た九島は、正に目と鼻の先、それだけに住民の方の長年の思いはあるのでしょう。完成の図を見ると、素晴らしい夢の架け橋になりそうです。治安の問題やらいろいろ起こってくるかも知れませんが、昔ながらの島の人情は残ってほしいものですね。
人間勝手・・・
吉野の食いしんぼう 様
九嶋架橋は賛成派、反対派は少し賛成派のほうが多いと聞いています。民主主義の原理として多数決の原理ですね。これが4年前の市長選で明らかになり、賛成に大きく傾いたことは周知の事実です。いろいろと問題もありますが、教育に関していえば、大いに賛成です。さて、いいかどうかは、半世紀後に結論が出ると思います。今言っている人たちの考えは予想でしかありませんから・・・鍵がいるとか、自然破壊とか、島のよさとか・・・橋が架かったらサイクリングで行ってみましょう。
さてどうなるのか?
木下博民 様
2050年、当然私は生きてはいませんが、宇和島市の人口は3万人になっているとかの試算を聞きました。地域格差は拡大しているでしょう。瀬戸大橋、鳴門・明石大橋、しまなみ海道・・・3つもの橋はいらないという意見が、ずーっといわれていますが、これも賛成反対、種々様々・・・いま話題の原発の再稼働、地元では早く再稼働をという意見も強いとか。八幡浜では伊方原発の停止で倒産した会社が多いと聞いています。さてさ、てこれも評価は何十年かののちでしょう。これだけ変化が大きいとついていけません。ただいえることは「普遍」を大事にしなければならないということですね。会津の「什の掟」など(7条は除いてです)大事なことですね。道徳の教科書は早く出してほしいですね。
治安の問題・・・
tentijin 様
泥棒が入るかもしれないという仮定のことですね。私は泥棒ではありませんが(笑い)わざわざ、島まで自転車でとか、車でとかあるでしょうか?まっ、つながってみなければわからないことですが・・・人情は変わってほしくないですね。それより切実な問題として、フェリーの新造をしなければならないのだそうです。二隻運航だったのが、今は一隻でよたよた動いている。もしということになれば、医療など緊急の場合は大変ですよ。
道は拡張されるようです。つながる場所は住宅地より、ずーっと上部ですね。船の運航の妨げにならないように、橋は高い場所に架かります。

管理者にだけ表示を許可する