花隠密 | 鬼城

花隠密

2013.05.20.Mon.15:00
名勝「天赦園」   ※写真は天赦園ではありません。

宇和島藩伊達家には七代宗紀公が7年の歳月を掛け造園した天赦園がある。
伊達家ゆかりの藤棚は勿論、花菖蒲園も素晴らしい。
この菖蒲は全国の大名家より、九代宗徳公の頃、集められたと聞いた。

この「花隠密」は史実とは関係ないが、花の競い合いから始まる。
このドラマがあることを知らなかった。
友人から録画したものをもらい見た。

原作は岩井護氏
1983年、フジテレビ系列で放映された。
出演陣は加藤剛、真野響子、辰巳柳太郎ほか

このドラマは松平健主演で舞台も上演されている。


花隠密1


七代宗紀公

跡継ぎが無く、将軍家からの養子縁組を断った。
その報復として、花戦の命が下るところから物語は始まる。
 相手は肥後細川家

手前が主人公「田吹矢十郎」

花隠密2

矢十郎の父「田吹弥兵衛」

丹精込めた白花で勝負を挑む。

花隠密3

花戦に負けた田吹は肥後国へ「花隠密」として潜入する。
 ヒロインは真野響子さん

花隠密4

藩を捨て生きていく決心をする矢十郎
手には白菖蒲の花が・・・

花隠密5
コメント
菖蒲
天赦園の花菖蒲はまだなのに、おかしいなと思ってました。納得です。
No title
 花菖蒲にも歴史と物語がありますね。日本人の愛した花の1つだったんだろうなと感じました。
天赦園は今月末
うわつ 様
今月末に開花でしょうね?6月に入るかもしれません。今年は遅いような気がします。今まで咲いていたのは「あやめ」「かきつばた」だそうですよ。
花比べ
tentijin 様
國の名前が付いている花は「すみれ」「つばき」「あさがお」など、日本古来の花がありますね。おそらく大名たちはこぞって集めていたと思います。そんな中での花戦でしょう。
いずれが菖蒲、杜若・・・
小説も然りながら、菖蒲、杜若の区別を、素人に簡単に教えてくれませんか?
杜若、燕子花(かきつばた)    アヤメ科
菖蒲(あやめ)            アヤメ科
菖蒲(しょうぶ)            サトイモ科
字引にはこうありますが、一見、何処がどう違うのですか。
細かいことは
木下博民 様
 私は簡単に区別ができるものと思っていました。残念ながら簡単なことではないと・・・そこで理科の先生だった友人に聞くと、このサイトが一番詳しいと教えてくれました。それでもなかなか・・・咲く時期、湿原か畑かなどで分類しています。
http://www.kamoltd.co.jp/kakegawa/miwake.htm
若き日の
 若き日の加藤剛と白菖蒲似合っていますね。私は男の作家の中では藤沢周平が大好き。だから時代劇よく見ます。
藤沢周平の風景や光の描写も綺麗だな~と思います。このドラマも花が重要な位置を占め、綺麗な画面もいっぱいなのでしょう。
藤沢周平
吉野の食いしんぼう 様
 時代小説の中でも、穏やかな筆遣いで、ストーリー展開も日本人好みですね。学者の方々は古文書に則って現実しか書きませんが、時代小説家は頭の中で自由自在に筆を操る。これが醍醐味でしょう。この「花隠密」も時代考証などは関係なく、創造のもの・・・宗紀のみ実在の人物ですね。もう一つ、面白いのは将軍家から養子縁組の話が在り、宗紀はそれを断り、宗城を養子に迎えるのですが・・・将軍家は気に入らない。そこで花比べとなる設定・・・これはあり得るかも・・・荷や山に遊び、たまにはドラマを見る、こんな余裕は貴重です。(笑い)
「あやめ」と「しょうぶ」
あやめとしょうぶ、漢字で書くと菖蒲で全く同じ。花が咲いたら白や斑点があるからといわれても、いつもそうかと頷きながら、なかなか覚えられません。東洋人の見分けがつかない西欧人の戸惑いみたいなものかな?
愉快ですね。
小説は昨今よほど面白くないと読まなくなりました。これも歳のせいでしょうか?
読書
木下博民 様
 読みやすい本と読みにくい本がありますね。昔は速読で一冊読むのにも時間は掛かりませんでしたが、今は駄目ですね。時間が掛かります。特に考えながら読む本は・・・
 あやめともしょうぶとも読む菖蒲という漢字なんですが、読み方で種類が違うのも不思議なことですね。なにか理由があるのかもしれません。
風の男buzaemonに一言
ご無沙汰しています、以前 尾田龍馬、信直の際にはとてもお世話になりました。本日メールしたのは、標記の件で一言を。南海ラジオがグランプリを受賞したことはすばらしく、当時の住民運動が評価されることはよいことですが、番組中に家老尾田隼人が法華津屋と時代劇得意の「おぬしも悪よのう」とか尾田樣の天下でですとか、大悪党のセリフが登場しますが、じっさいの子孫がおり、いくら宇和島にいなくとも、ああいわれたら愛媛一の悪家老ではないでしょうか、他にも家老や関係者がいるのに、なぜ尾田だけ悪党になるのは納得いきません。歴史上の人物のかくうの人物なら何も言いませんが、先祖がわるくいわれるのはたまりません。もっとよくしらべてからにしてほしかったとおもいます。グチっぽくてすみません。個人攻撃てきなのでご一報いたしました。みなさまどうお考えですか。






管理者にだけ表示を許可する