篠山 その四 | 鬼城

篠山 その四

2013.04.30.Tue.12:00
笹平キャンプ場

12時30分、昨年と同じ時間帯である。
一昨日(24日)の雨で川の水量は多い。
新緑に水の青さが映え、山躑躅が咲き、この景色の中でほっとする。
ここで弁当を食べ、帰ることとする。上流は御槇(宇和島市津島町)・・・

笹平1

篠山周辺地図

やはり篠山山頂は県境となっている。
左手から登って右手の笹平(松田川)に下りた。

笹平地図 

吊り橋

何処へ行くための橋か分からないが、おそらく林業関係者が山に入る道だろうと・・・

笹平2

キャンプ場

宇和島市津島町御槇から流れて来た清流は冷たく、綺麗に澄んでいる。
愛南町勤務の頃、子ども達と夏キャンプに来るのが定例な場所だった。
この下流には笹平ダムがある。

笹平3

造ったら終わり

この笹平キャンプ場はあの当時は賑わいを見せていた。
宇和島市、御荘町、城辺町、西海町、一本松町、宿毛市などから大勢のキャンパー達が集っていた。
いまでは面影も無く、朽ち果てている。
造ったら手を入れない、行政の宿命か?

笹平4
コメント
笹平
笹平へ下りましたか。昔はキャンプで賑わっていたのですが寂れています。このような施設はすぐに忘れ去られます。行政も維持管理できなくなって放置するのでしょう。
外国の自然公園のように管理できないのは、思いつき行政の影響大ですね。
No title
 方向音痴の私は、どこへ行っても、人からこの道を行けばどこそこと言われなければ、分からない人間で、すぐに尋ねるべき人を探してしまうことがしばしばです。実際に動いた後なら地図を見ても、ああそうかとか、そうなっていたのかなどと遅い理解をします。地図を載せて戴き、少し位置関係が分かりました。
吊り橋
「山の吊り橋はよ~」なんて歌があったような?けっこう長い橋ですね。この辺りの情報は全くなく、キャンプ場も初めて知りました。
寂れるのって早いのですかね。淋しい。
維持管理
うわつ 様
予算には入っていないんでしょうか?何かものを造れば維持管理費用が発生する。そのための予算は無いがどこでも当たり前の日本では・・・来た道を引き返すのは、何時ものことながら離合がややこしいので、一昨年より笹平に下りることにしました。雨でところどころ崩れていましたね。
宿毛市
tentijin 様
宿毛市も海から山まで広い地域ですね。町の方には愛南の頃、よく行きました。しかし、山手はキャンプの時に入って驚きでした。川沿いを延々と走って笹平に・・・篠山からではないんですよ。tntijin さんのブログ「源流を訪ねて」の先には必ず、山があります。この笹平の川の源流の山は御槇です。
寂しいですね・・・
吉野の食いしんぼう 様
山の吊り橋♪♪♪は春日八郎だったかな?e-446 キャンプをしたときに夜、肝試しで対岸に渡り往復してくるのを子ども達は喜んでいましたね。tentijin さんが書いていましたが、鬼北の市越えの池にも吊り橋が架かっていますよ。ここも良い景色です。
東京周辺の山とは大違い
いつも子どものブログ「山のファイル」を見ているのですが、東京近辺の山は、どの山々も頂上まで必ず人がいます。
鬼城さんのこの写真、何処にも人が写っていませんね。わざわざ外されたのかもしれませんが、まあ、そんなものですか。
とにかく、私は、写真で「緑陰満喫」、「清流鯨飲」しました。
木下博民 様
こちらに下りたのは車に出会わないこと、静かなことの理由です。人一人居ませんでした。聞こえるのは鳥のさえずりと川のせせらぎのみ・・・・ゆっくりと昼食をとって帰路につきました。写真を楽しんでもらえたようでありがとうございます。

管理者にだけ表示を許可する