野田藤 | 鬼城

野田藤

2013.04.16.Tue.18:00
天赦園の野田藤

ノダフジ(野田藤)の名は、この種が植物学者の牧野富太郎により命名されるきっかけとなった、
フジの名所であった大阪市福島区野田にちなんでいる。
同区玉川の春日神社には、野田の藤跡碑が建立されている。

宇和島藩の参勤交代の帰り道、この美しい藤をもらい受け天赦園に移植した。
大阪市の野田地区では、野田藤が絶滅、そこで天赦園より里帰りの苗が寄贈された。
平成22年その藤に花が満開になったと新聞を賑わさせた。

野田藤1

入り口の藤棚より宇和島城

藤の花は宇和島藩伊達家では非常に大切にされている。
伊達氏の先祖をたどれば、藤原鎌足・・・つまり藤原一族である。
政宗は仙台の藩祖であるが、藤原の家系では17世・・・

野田藤2

藤棚と春雨亭

まだここの藤は2分咲くらいだった。
白玉藤が例年より10日ほど早かったので、訪れたが2,3日後が良かったかもしれない。

野田藤3

大阪橋下市長案内

昨年、いやし博2012開催中、突然に県知事部局より、橋下市長をご案内するとの連絡があった。
博物館で宇和島市長を交え、30分ほど説明・・・
そのあと天赦園に戸のことだったが、閉園時間を過ぎていた。
大急ぎで電話し、開けてもらった。
説明役も居ないことから自分が解説したが、一番橋下市長が喜んだのがこの「野田藤」のエピソード。
懐かしい思い出である。

野田藤4

枯川よこの藤棚

天赦園にある5つの藤棚のうち、一番大きなもの・・・
樹齢は150年ほど経っているので勢いがなくなってきている。
天赦園名物でもあり、対策を考えないといけない。

野田藤5

藤色

まさに藤の花は藤色・・・
房の長い藤もあるようだが、天赦園のものは短い。肥料のためかと思っていたが、どうも種類のようだ。

野田藤6
コメント
No title
 摘んでも摘んでも、夥しい新芽が出現する様を見ていると、元々藤は、生命力のある植物だと思える。しかし、寄る年波でこの藤も勢いを失うことがあるのだろう。様々対策はあると思うが、もっとも画期的に効果が見込まれるのは、世代交代させることのように思う。藤棚の現在植わっている反対側に、2世の実生の苗を植えることができれば、交錯する2株の藤の古い藤の枝を年々減らしていけば、交替できるように思うが、所詮、素人考えかも知れません。
世代交代
tentijin 様
言われる通り、苗樹を育てておかねば、絶えてしまいますね。絶滅危惧種も同じような運命をたどりました。自然のものはいつかは消えてしまう。けれど人間は、今あるものを大事に育てなくては・・・tentijinさんのおっしゃる通りです。
藤は摘んでも摘んでも新芽がでるのですか?
昔、丸の内和霊神社に続いていた追手門内にあった昭翠園(?)にも藤棚があった記憶がします。
天赦園以外に宇和島名所になるような藤の園があれないいですね。もっとも手入れが必要だと公園担当役所では直ぐに拒否するでしょうね。
新芽
木下博民 様
古株の横から新芽をふきます。この苗を育てないといけませんね。挿し木もできると聞いたことがありますが・・・冠の柳も2代目だそうですから・・・白玉上り藤も2代目とか・・・野田藤は?白い野田藤と書いてありましたが、牧野博士の名前が付いている野田藤は紫しか無いようです。
管理は個人でしょう。
No title
 白玉上り藤に眼を奪われていましたが、沢山の藤棚が目を楽しませてくれるのですね。世代交代と言えば私が新採の春、松野東小の桜のトンネルが見事で、その後も春には目を奪われる美しさでした。今、その面影はありません。小さな木は育っているようですが、あの景色になるにはまだまだかかりそう。
今しか考えていない
吉野の食いしんぼう 様
景色を見て、感動し、ただそれだけのような現代・・・それが今後どうなっていくのかを予想し、実践していかねばならないことを後回しにする。そして無くなってから後悔する。自分の人生と重なるところ大です。(笑い) 桜は育てて成木になるには30年ほど掛かるようです。もうその時代、私は生きていないでしょう。今ある自然を大事にしたいですね。
天赦園の藤
今日、天赦園に行って見ました。藤は残念ながら終わりかけてました。花はしかたないですが、池は落ち葉がいっぱい浮いていて天下の名園とはほど遠いと感じました。入園料をとっているのだから清掃もやってほしいですな~
天赦園に限らず、観光客が遠のくのはこんなところにもあるのかも・・・・・・
池掃除
うわつ 様
宇和島市の観光施設の清掃はお客さんの接待に不十分ですね。28日のラジオウォークの下見に行ったときも、ワシントン椰子通りの中央分離帯の雑草、大和田建樹の歌詞の碑の雑草、徹道筋のゴミ、たばこのポイ捨て等々、目に着きます。ここらから改善しないとリピータは無いですね。
なんでも地道なところから・・・おそらく、「うわつ」さんはいろんな場所に行って、お客さんを迎えるための方法を見てきたと思います。そんな方法が広がれば良いのですが・・・
花情報
天赦園の藤ステキですね。
花といえば、この連休に吉野の食いしん坊さんと高月山に石楠花を見に行ってきました。
とてもきれいに咲いていました。
藪椿やあけぼのつつじも咲いており、高月直下の急な登りは息がはずみましたが、バイケイ草が癒してくれました。
毎年訪れたい場所です。

管理者にだけ表示を許可する