花祭り | 鬼城

花祭り

2013.04.08.Mon.18:00
花祭り

4月8日はお釈迦様の誕生日、灌仏会が正式な名称。
そのお祝いが各寺で行われるが、宇和島では代表として西江寺で行われている。
花御堂にはお釈迦様が・・・

天上天下唯我独尊
我は世界のうちで最もすぐれた者であるの意。釈迦が誕生するとすぐに、四方に七歩歩み、右手で天を指し、左手で地を指して唱えたといわれる詩句。誕生偈(げ)

花祭り1
 

甘茶の接待

灌仏会に行われる法要が「灌仏会法要」である。
日本では、様々な草花で飾った花御堂(はなみどう)を作って、その中に灌仏桶を置き、甘茶を満たす。
誕生仏の像をその中央に安置し、柄杓で像に甘茶をかけて祝う。
甘茶をかけるのは、釈迦の誕生時、産湯を使わせるために9つの竜が天から清浄の水を注いだとの伝説に由来する。
宗派に関係なくどの寺院でも行う。
甘茶は参拝者にもふるまわれ、甘茶で習字をすれば上達すると言われたり、害虫よけのまじないを作ったりもする。

花祭り2

お団子
ちょうどお寺をお参りしたとき、知人に会ってお団子をもらう。
花祭りに討っているのか、お接待か分からないが、いただく。
よもぎ、しろ、きなこ餡入り

花祭り3

山車の引き回し

お釈迦様の乗り物は「白象」
上には花御堂が・・・
綱を引くのは立証保育園年長組に皆さん

花祭り4

花御堂

中には「天上天下唯我独尊」と言い、右手を天に、左手を地に向けたお釈迦様の誕生の姿が・・・

花祭り5

整合寺の橋を渡る山車
知らない人もいるみたいで、驚いていた。

花祭り6
コメント
No title
 花祭り、季節の風物詩にもなり、いいですね。園児も、一生忘れ得ない思い出になるような気がします。親御さんが、1つでも仏教にまつわるお話をしてあげるといいでしょうね。小学校1年生の私に、因果応報と言う言葉を教えてくれたのは、母親でしたが、子供にも分かるように、良い種を蒔けば良い芽が出て、悪い種を蒔けば悪い芽が出ると言う説明を鮮やかに覚えています。型にはまった思考形態になったかも知れませんが、倫理の隅っこをかじった気もします。
宗教
tentijin 様
宗教学という教科がある学校があります。しかし、公立の学校では宗教そのものは教えてはいけないことになっています。よりどころというか、概念的なことは道徳などで教えるのも良いかもしれません。家庭教育がもっとしっかりしていれば良いのですが・・・tentijinさんのお母さんは倫理を教えられたのだと思います。
4月8日と言えば・・・。
姉が宇和の山田薬師の傍にある家に嫁いでいて、祭りの度に呼ばれたものです。
家の前の往来は参拝客や屋台がひしめいていました。
屋台の綿菓子屋が機械を動かすのに電源を借りに来たり飴屋にも電源を貸したりしました。
お礼は、綿菓子やら飴やら店の売り物でした。
その家も今は空き家です。

私も驚きました
 お釈迦様の誕生を祝い、白象の山車が出る光景を見たら私も驚いたと思います。園児の姿が何ともかわいい。
 友人の子どもさんが、仏教系の私立中学に入学しました。「仏教に興味があったの?」って聞いたら「偏差値で学校は選びました。仏教を押しつけるのでなく、仏教を通して社会に通用する道徳心を学ぶのだと思う。」との答え。11才しっかりしている。
誕生会の思い出
この写真は西江寺ですよね。私の小学校時代は朝日町3丁目でしたから、浄念寺へ行った記憶があります。もっとも友達に誘われて。甘茶って、たしかに甘いけれど、美味しいとはおもわれませんでした。ただ、甘茶を飲めば利口になるといわれたことは覚えています。不思議な行事ですね。
「天上天下唯我独尊」なんて、宇宙間で自分より尊いものはない、ということは、「春風や森羅万象わが脳裏」ってところですかな。
山田薬師
木工おじさん 様
山田薬師というのは霊験あらたかで、私が子どもの頃でも知っていました。沿道には屋台も出ていたというのは不思議でも何でもありません。いまではほとんど神社仏閣のお祭りには出ていませんね。和霊さん、宇和津彦神社、八幡様、三島神社くらいですね。飽食の時代、綿菓子や芋飴などには見向きもしないのでしょう。寂しいことですね・・・・
吉野の食いしんぼう 様
道徳というのは、基本的には「徳の道」ですね。読んで字の通り・・・では徳とは何でしょう?これは幅が広いですよね。仏教系の学校、キリスト系の学校、神道系の学校ともにこの徳を教えます。一番弱いのが公立の学校ではと思います。今になって、道徳の必修化が叫ばれていますが、これはおかしい。家庭、学校共に教えなければ分からない時代ですですから・・・11歳の生徒にエールを送ります。
甘茶
木下博民 様
仏教界(お寺の会?)で今は宗派に関係なく、西江寺出発、銀天街行進のようです。それまでには法要も営まれるようです。甘茶は、大きなポリバケツ一杯、沸かしてあって、ペットボトル、魔法瓶など持参し、仏様に供えるんでしょうね。のませて頂きましたが、甘く、渋い感じがしました。えんま様の人出は無かったですが、結構人出はありました・・・
仏陀は生まれながらに自己顕示欲が強かったんでしょうかね。

管理者にだけ表示を許可する