山の花々 | 鬼城

山の花々

2013.04.08.Mon.08:00
八十八カ所巡りでは、いろんな花々や木々を見ることができる。
今回はその点描、というより記録・・・

薬王寺

薬王寺より、日和佐城を望む
桜は散りかけていたが、まだ花見客は来ていた。
この寺は88カ所だけでなく、観光地でもあり、厄落としの寺でもある。
そのため参拝客は多い。

日和佐城

山の上では、まだ梅が満開

白梅に紅梅を接ぎ木したのか、紅白の梅が満開であった。


紅白梅

牡丹

牡丹の花が満開
お寺の中には牡丹寺で有名なところもある。

牡丹

石楠花

なぜ?というくらい早い。
愛南町の篠山山系では5月の初め頃に咲き始める。寒い方が早いのか?

石楠花

藤の花

もう咲き始めるような藤のつぼみ

藤

神峯寺の山躑躅

躑躅
コメント
No title
 御多分に漏れず、厄年に同級生と初めて訪れた薬王寺でありましが、恒例の行事に成り果てていて、ありがたみに欠ける参拝をしたような気がします。薬王寺は、いつごろから厄落としのお寺になったのでしょう?しゃれのいわく因縁もあるような寺の名前ですよね。
厄払い
tentijin 様
42の時に行きましたかね。大きなお寺さんで、近くにウミガメの産卵地もあり、観光にも力を入れていますね。白い灯台という国民宿舎があり宿泊したことがありました。ご本尊は薬師如来ですよ。病気治癒の力もあるそうです。
No title
 薬王寺の名は知っていますが、行ったことはありません。日和佐にはお城もあるのですね。桜の花が終わっても、春の花はまだまだ楽しめそうですね。鬼ヶ城山系のシャクナゲは今年はどうでしょう?
 祖母はとても信心深い人間で毎日、般若心経をあげていました。そこまで受け継いでないけど厄払いは気になる私です。
吉野の食いしんぼう 様
人生の区切りに厄年が来ると言われていますね。これは男女差があるようで科学的に説明している方もおられるようです。しかし、元々は中国の発想で数字の陽と陰の問題だと読んだことがあります。どちらにせよ「鰯の頭も信心から」ですね。 http://kotowaza-allguide.com/i/iwashinoatama.html

管理者にだけ表示を許可する