藩校サミット | 鬼城

藩校サミット

2013.03.17.Sun.18:00
仕事で鹿児島へ行きました。
私もはじめてでしたが、全国藩校サミットに随行しました。
まさに、江戸時代です。
しかし、名だたる藩の御当主様達でお会いするのも緊張しました。
行事の合間に撮った写真です。
鹿児島は維新の中心の件だけあって、至る所に歴史を感じさせる街でした。
有名なものが3つ、「西郷さん」「黒豚」「焼酎」得てして妙!

若き薩摩の群像

1865年、薩摩藩が密かに派遣した英国留学生たちの像です。
1863年の薩英戦争でヨーロッパ文明の偉大さを知った薩摩藩は前藩主島津斉彬の遺志を継いでイギリスへ新納久修以下の留学生並びに外交使節団を派遣しました。
一行の留学体験は、後の日本の近代化に大きく生かされました。

 藩校サミット1

鹿児島市内

今回の旅行は観光目的では無かった。
藩校サミットに参加し、研修すること・・・
 朝、時間に余裕があったので散策した。
高見橋の欄干にある彫塑群。

藩校サミット2

大久保利通の銅像
 
天を仰いでいる姿は、遠くを見つめ日本の将来を予測しているのか?

藩校サミット4

西郷隆盛生誕地

歴史観があったので廻っていると西郷さん生誕の地もあった。
ここから維新が始まったと言っても過言では無い。

藩校サミット5

サミット本番 

鹿児島全県を挙げての研修会。
準備期間2年
薩摩の藩校造士館(現鹿児島大学)の全面的な協力の下、日本の将来を担う、[教育について提案された。
「北辰 斜めに さすところ」第九高等学校が藩校のなごり・・・
挨拶、講演、シンポなど、あっという間の4時間半だった。
その後は交流会で、いろんな方々と食事の中で交流した。
人生の中でこれほど緊張したことは無い。

アトラクション

新・おはら節の踊り子集団 (鹿児島女子短大の学生の皆さん)
見事にそろって、素晴らしい踊りだった。
日本の代表的な民謡に合った所作振る舞い、お見事!

藩校サミット7

徳川幕府300諸侯

このサミットに参加された御当主たち
徳川宗家、御三家、御親藩、譜代、外様、関係なく和気藹々の集合写真・・・

藩校サミット8
コメント
鹿児島
歴史は苦手ですが、近代日本の第一歩を構築したであろう薩摩。彼らがいたから今の日本があるのかな~と思います。今風に言うと良きリーダーがいてそれを支えるスタッフがいる。肉を切らせて骨を切る、示現流。質実剛健、薩摩隼人ですね。
薩摩隼人
うわつ 様
今回の旅行で、子ども達の教育に「日新いろはうた」(道徳)と示現流のの講座を各小学校で実践しているとか聞きました。これは歴史をたどる上でも、薩摩にとって大事ですね。さて宇和島は・・・うわつさんの写真ですね。切り取りの見事さ。整理整頓しておいてくださいね。後々の人に伝わるように・・・まだ、自分と同じくずーっと先でしょうが・・・(笑い)
薩摩の群像
薩摩が薩英戦争後にイギリスへ送り込んだ若者について詳しく述べた本はありませんか?
ご存知でしたら教えてください。
長州の密航若者伊藤俊介らについては、村田蔵六は関与していましたので、調べたことはありますが。このこと、5月に出る「よど」に書きました。折がありましたらご覧ください。
No title
 全国藩校サミットなるものが存在するということが、すごいことだなあと思います。近代の魁の1つとなった薩摩藩と御当主の先見性にも驚かされますね。お殿様の末裔がこのように勢揃いされるというのもすごいことですね。緊張されるのも分かるような気がします。
No title
木下博民 様
詳しく書いた者があるかどうかは知りませんが、県立尚古集成館にはあると思います。問い合わせると良いと思います。鹿児島は薩英戦争やその後の維新に絡めたイベントが並んでいるようです。宇和島も同じですが、規模的にどうでしょうか?薩摩一藩、と伊予八藩の予算配分が分かれ目ですね。
最後のお勤め
tentijin 様
良い思い出となりました。しかし、鹿児島市は銅像の多い街です。tentijinさんの好きな龍馬、お竜の新婚旅行の碑もありますよ。なんにせよ、この藩校サミットなど利用して、街の活性化を図る姿勢がありました。
すごい体験ですね
 すべてが初めて知ったことばかりです。鬼城様のブログを通じて、物事の深さに感心させられます。鹿児島をとても魅力的に感じています。色々な面で。
何か引きつける街
吉野の食いしんぼう 様
以前、幕末の拡販に関して話す機会があり、司馬遼太郎氏の話を引用しました。維新は終着駅から始まったと言うのです。鹿児島、高知、宇和島、下関・・・いかがですか?何処の街もオーラがあり、何か期待させてくれそうな街ですね。印象深い街を上げると「松江」「鳥取」「松本」「新潟」「秋田」「青森」「札幌」仙台」「山形」・・・行きたくて行けないところは会津なんですよ。今年は是非行こうと思っています。
鹿児島と観光事業を競争しても難しいでしょうが、挑戦しなければ
鹿児島も日本の最果て、宇和島も然り、石高が月とスッポン、かも知れませんが、挑戦する相手にはいいですね。
石高
木下博民 様
今回の藩校サミットで面白かった(失礼)のは、石高の序列では無く、皆同格として扱っている藩校でした。この江戸時代、自分の藩の子ども達のために立ち上げた藩校のそれぞれの良さを現在に生かしていこうとする試み。ボランティアガイドも日本全国同じで良いと思います。宇和島も研修しないといけませんね。そして在るべき姿を確立することが大事だと思います。
宇和島の藩校史
宇和島の藩校史が充分纏まっていないのにちょっと残念に思います。
私は『南豫明倫館』を書いたとき、前史として宇和島藩校に触れたのですが、あれだけ書くにも苦労しました。鬼城さんもこれからはたっぷり時間がおありのようですから、藩校史などに挑戦されてはいあがですか?明倫館という藩校は実は一番多い藩校なのです。『広辞苑』にも「明倫館」は、山口(毛利)、宇和島(伊達)等の諸藩の藩校名とあり、私の調べたところでも、「明倫館」が10校、「明倫堂」が8校ありました。
課題
木下博民 様
ぼけないためにも課題を設定し、じっくりとやっていきたいと思います。村候の時代ですよね。古文書関係で新しい発見があるかもしれません。その前に「サラミス」の模型が今月末に完成予定です。1m40cmの大きな船になりました。自分の居るときにと思っていたのですが、次期館長に任せます。先生の「きずな」の原稿に華を添えるようにします。

管理者にだけ表示を許可する