冬の花 | 鬼城

冬の花

2012.12.28.Fri.12:00
年の瀬になって散歩コースも冬枯れ

ふっと見上げると蝋梅が咲き始めていた。
気温は低いが、間違いなく季節は動いている。

蝋梅1

この蝋梅は白

においは黄色のものより高い。
本草綱目によれば、花弁が蝋のような色であり、且つ臘月(ろうげつ、旧暦12月)に咲くからこの名がついた。

蝋梅2

南天

難を転ずるところからめでたい実物とされている。
お正月の飾りにも多く使われるゆえんである。
撮りのえさとなり、普通はなくなっているのだが、野山には他にえさが豊富なのかも知れない。

南天1

途中の造園業の方の畑で椿が咲いていた。
園芸種だろう。

椿 

お地蔵さん

坂道の途中に祀られているお地蔵さん
いつも花が飾られ、冬になると毛糸の帽子や前掛けなどを付け大切に祀られている。

地蔵 

空には寒月が・・・
今日も習慣化された散歩、運動を終え、帰路につく。

月
コメント
散歩は凄い
私は膝の軟骨が老化し、激痛のため、暫くは歩けなくなりましたので、貴兄の散歩録は大変に気を休ませてくれます。
蝋梅の季節ですね。昔、奈良の飛び火野のあたりの別荘に泊まったことがありましたが、その庭の蝋梅と借景の飛び火野の景色がわ知れられません。
有難うございます。
大丈夫ですか?
木下博民 樣
 人間の関節はよくできていると聞いていますが、長年お付き合いするとすり減ったり、神経に触ったりと大変なようですね。自分は時々ですが、腰と首の持病があります。まだ整体に行き直るくらいですから、軽傷ですね。ひざが良くなり、少しでも散歩できるくらいになるといいですね。
 いろんな花などに関しての思いでは尽きませんね。経験は何よりの教師と言います。先生のご経験は素晴らしいものです。来年もご教示よろしくお願いいたします。 
思わず玄関外へ
 無関心な自分が気がついてないのかもと、我が家の蝋梅を確認に行きました。ちっちゃな蕾がついていましたが、まだまだでした。鬼城さんの散歩コースのは、温かいところのなのでしょうね。
 母や叔母がお寿司やお赤飯の折の片隅に南天の葉っぱを載せて人様にあげるのは意味があってのことと知ってからは私もまねるようになりました。
お留め
吉野のくいしんぼう 様
 私が散歩しているのは、宇和島でも山の方で鬼ヶ城山系の大杉山(正式名称は知らない)の谷、大超寺奥です。我が家から神田川をさかのぼり、結構上から愛宕公園に降りてきます。愛宕公園は海抜100m程でしょうか。だから比較的寒いところなんですよ。臘梅の咲く時期は、12月20日頃から3月末くらいまでだそうですよ。
 さて、南天の葉、良い風習ですね。やりとりに際限が無くなるので、これでストップのお印・・・マッチ棒3本などというのもありますね。良き古き時代の風習・・・語り継がねばなりませんね。
蝋梅
蝋梅が咲き始めましたね。私のとっておきの蝋梅も咲き始めている頃でしょう。風呂掃除が終わったので、行ってこようかな~・・・・「家の掃除は明日でもいいか~」といつものぐうたらです。よく言えばスローライフでしょうか?正月といっても大晦日の次の日ですから、何かしら区切りたくなるのは人間だけだろうと思いますがね~・・・・
新年
うわつ 様
 大晦日の次の日であることには間違いない。しかし、子ども時代より、なぜか新しい気持ちの出発点となっている。毎月、欠かさず奈良の勉強会、お疲れ様でした。年が明けても良い写真を期待しています。ネットで見ると奈良も拳銃発射とかでぶっそうです。気をつけて・・・
No title
 年末年始の生花飾りのためでしょうか、我が家のおなごしから、蝋梅の枝を切れとの絶対命令が下りました。無関心の私ですが、蝋梅は、確かに咲いています。そう言えば、以前、門松作りに使ったのも12月24~25日でした。造花のような不思議な花ですよね。白い蝋梅は珍しいですね。南天は、赤い実を付けるがゆえに、小鳥の食料となり、小鳥が糞をした場所には、種も蒔かないのに生えてくる困った植物です。風流な方には、冬を彩る風情なのですが、玄関の植え込みに、勝手に生えてきて、切っても切っても、すぐに新芽が出てくる逞しい植物を根気よく駆除しようとしている私にとっては、なかなかの難敵です。
難を転ずる
tentijin 様
 充てるとこんな感じで、昔の人は庭先に植えていたと聞いています。鳥の害でしょうか?臘梅も冬の花としては香りも有り、門松などには良いのかもしれません。そうそう、思い出しました。ケーブルテレビで注連縄の達人が出ていましたね。DVDに撮らなくてはと思っていますが、再放送があるかどうか・・・見事な注連縄でした。構成の残すため取材に応じたとか。いよいよ、今年も終わり、新年を迎えます。
地蔵信仰
道のへの地蔵寒むかろ赤帽子
西の地蔵信仰や東の庚申信仰には人々の温もりを感じますね。、
お参り
木下博民 様
 日本は不思議な国、雑多の宗教でありながら不思議と争いが起きない。時と場合に応じて対象が変わる。道の辺の地蔵信仰もそうかもしれません。しかし、毛糸を編んで、あるいは前掛けをという考えは、ほっとします。四国八十八カ所巡りの効用もあるのかもしれませんね。
日本には宗教なんてありませんよ。
鬼城さん。今年は大変お世話になりました。来年もよろしく。
何千年も争う中近東の宗教戦争、厭ですね。
幸い、日本は多神信仰、森羅万象なんにでも神様がやどり、私のからだのも隙間なく神がいると思っていますから、無限の神は神皆無と同じこと、宗教戦争など起きる隙もありません。暢気といえば暢気、そのくせ一神教のような乱暴はしませんよね。
平和
木下博民 様
 日本人そのものは安定した生活を望んでいるんでしょうね。最近の評価は落ちてきていますが(何を論拠に・・・?)、世界中でこれだけ安定している国はありません。今からもそれを願うばかりです。一年、読み続けて頂いてありがとうございました。来年も宇和島中心に発信します。

管理者にだけ表示を許可する