雪 | 鬼城

2012.12.24.Mon.12:00
寒波襲来

日本列島、異常気象の所為か、地球温暖化も何のそので南国宇和島も雪景色。
天赦園に行き、しんと静まる中、写真を撮った。

白玉上り藤
彼岸から此岸への架け橋

雪の天赦園1

雪が積もった藪椿の花

最近、バイオとかで変種の椿の花が増えている。
しかし、椿はやはり「藪椿」が一番・・・

映画「椿三十郎」「五辨の椿」を思い出す。年でしょうか?

雪の天赦園2

石灯籠も寒々と

雪の天赦園3

竹ニ雀

天赦園は宇和島藩伊達家七代宗紀が7年を掛け造営した庭園である。
藤原の出自と言うことで藤の花、仙台、宇和島の家紋である竹ニ雀に因み、20種類近くの竹が植えられている。

熊笹の茂みに積む雪

雪の天赦園4

万両に積む雪

この実の植物は一両、十両、百両、千両、万両とある。
年末ジャンボ宝くじが当たりますようにと願いをこめ、万両を撮った。

雪の天赦園5 

心字池

水が澄み、見事に映し出された雪景色

雪の天赦園6
コメント
No title
 何気なく撮られているのかもしれませんが、透明感が感じられますね。それにしても、植物たちは、じっと耐えて逞しく生き延びていきます。人間にはない部分のように感じました。鬼北も雪で、私は、じっと、冬ごもりしていました。
吉野も雪
 宇和島も雪だったのですね。tentijinさんのコメントにもあるように透明感のある上品?な雪景色と感じるのは、自分の撮った雪景色と比べるからでしょうか?吉野も結構積もっていて、今日の外出は取りやめた位でした。
天赦園
雪の天赦園は風情があります。ちょっと紅が入ると、ポイントになるので雪椿は絵になりますね~次の雪には城山に上ろうと思っています。じゃんじゃん降っていればですけど・・・・
さむ~い!
tentijin 様
 日本列島、氷づけという感じです。クリスマス寒波、毎年聞いているような気もしますが・・・仕事場は暖房が効いていますが、一歩出ると寒かったですね。しかし、散歩だけは欠かしませんでした。一日休むと癖になりますからね。
事故
吉野のくいしんぼう 様
 鬼北に通っていたときは事故が心配でした。昨日も事故で亡くなられた方が在ったようです。雪上では車のコントロールがままならないですから、あっという間ですね。出かけないのが一番・・・昔はスパイクタイヤがあったんですが、最近ではスタッドレス。しかし、スパイクほどの効能は感じられませんね。夜はゆず湯に入り、早めに寝ました。
雪がやむと・・・
うわつ 様
 音がなくなりますね。静寂が訪れます。それが風景になじんで不思議な公開となります。凜とした寒さと音のない城山、撮ってみたいですね。昨日の雪は昼間だったのですぐに溶け、写真も瞬間でしたね。城山の藪椿、狙ってみてください。
東京は抜けるような冬空
今日、やっと朝は零下になったと伝えていましたが、東京は乾燥しきって雪をみません。今朝辺り降るかなと思ったのですが、降りません。
一昨日、他用で三間の先生に電話しましたら、雪が降っていますとのこと、三間はよく雪の降るところですが、宇和島も雪だったのですね。
昔、昭和初期、宇和島商業学校の生徒のとき、朝雪が降ると、授業中止で雪中行軍に山に入ったことを思い出しました。戻ってくるときにはもう解けていて、破れたゴム靴に水が入って寒かったことを思い出します。
大雪
木下博民 樣
 大雪という感じの積雪は最近ではありません。雪中行軍と聞けば映画「八甲田山」を思い出すくらいでしょうか。この日、三間では吹雪いていて83歳の方が交通事故で亡くなられました。宇和島署内、交通事故死者0人の目標が破られました。ちょっとした不注意だったようですが、運命でしょうね。
 今日から展示替え、朝から冷え込んでいますが、動かねば仕事になりません。さあ、今年最後の3日間、頑張らねば・・・

管理者にだけ表示を許可する