嵯峨野・嵐山 | 鬼城

嵯峨野・嵐山

2012.11.30.Fri.18:00
嵯峨野と言えば嵐山
嵐山と言えば「渡月橋」

嵐山1

嵐山の堰
山々は紅葉しているようだが、鮮明な彩りはなかった。

嵐山2

船遊びをしている観光客
小春日和の日で川遊びには最適だったろう。

嵐山3

対岸に見えるのが船着き場

嵐山4

二泊三日の京都旅行もここ嵐山の観光で無事終えた。
今までに無い、貴重な経験と普段では見ることのできない秋の京都を堪能した。
嵯峨野嵐山駅から電車で京都駅に・・・

嵐山5
コメント
ご苦労さまでした。
楽しく京都見物させていただきました。
No title
木下博民 様
 お付き合い、ありがとうございました。京都などは日本の故郷の如く、変わらない者と思っていました。ところが観光となるとこれほど変わるんですね。面影は無くなりつつありますが、こんな中で、良いところを残しておくことも必要だと感じた次第です。
No title
 京都旅行記楽しく拝見させていただきました。姉が嵯峨野方面におり私の旅行先といえば京都なのですが秋の紅葉の時期には行けたことがありませんでした。
 朝出勤時にお見かけしないと思ったらお休みだったのですね。ゆっくり骨休めができたようで良かったですね。
嵐山
出ましたね~渡月橋、昔、この近くの店でビールを一本飲んで酔ったことがあります。遥か昔の若かったころです。その頃と風景は変わっていませんね。四条大宮から乗って嵐山へ、電車はたしか嵐(ラン)電だった。
嵐山前に川の名前は
嵐山前のボートを浮かべている辺りの川の名前は何と言いましたっけ・・・・、渡月橋の下の堰からは桂川って言うのですが
川の名称
木下廣民 様
 大堰川(大井川とも)だそうです。ここの深みは「千鳥が淵」だそうです。まったく聞きかじりですから・・・上流は、言わずとしれた保津川ですね。
親睦旅行
 勤めていた頃、職場の親睦旅行で京都方面に行き、保津川下りをしました。係にお任せでぼんやり付いて行ったら、到着したところが渡月橋で、「ああ~ここに出たのか」暢気な事です。ブログの中で私も京都の旅をした気になれました。
保津川下り
吉野のくいしんぼう 様
 今回、トロッコ列車に乗って保津川下りを考えました。駅で長蛇の列を見てあきらめました。川下りは経験あるのですが、紅葉の季節にというもくろみは外れた次第です。そういやあ、あのときは嵐山で豪華な昼食を取りました(笑い)
No title
 お疲れさまでした。この時期の京都は、本当に楽しむところがたくさんあります。紅葉の走りの頃なら、川床料理がいいですね。もう、寒いと思います。嵐山、渡月橋、何度も訪れた場所ですが、店を変えて眺めたり、同じ店でも、本当に100様の顔があり、京都は、奥が深いように思います。
龍馬の足跡
tentijin 様
 龍馬の足跡を訪ねての京都旅行に比べたら、観光気分ですから・・・何か目的を持って行くと面白いかもしれません。今回の目的はお茶会への参加でしたから・・・次は祭り見物にしましょう。それとも桜の季節か。いや、桜の季節はまだ仕事中・・・(苦笑)
No title
鬼城様

今年は大変お世話になりました。
叔父のおかげで新しい交流が開けて、天国に向かって感謝しています。

ブログでは京都の風景楽しませていただきました。
京都はきものの本場、先日は「京都の街にきもの姿を増やす会」のクリスマスパーティーにも参加して来たんですよ!
年末年始はきもの姿が似合う時期です。5,6回は着ますよ!

来年も宜しくお願いいたします。
よいお年をお迎えください。

管理者にだけ表示を許可する