南禅寺 | 鬼城

南禅寺

2012.11.26.Mon.18:00
南禅寺山門
 
名勝は南禅寺三門が正しいようだ。
三門は空門・無相門・無願門の三境地を経て仏国土に至る門、三解脱門(さんげだつもん)
名前の由来は他に
  • 貪・瞋・痴の三煩を解脱する境界の門、声聞・縁覚・菩薩の三乗が通る門の三乗が通る門

    山門の横より階段を上ると回廊があり、京都市内が一望できる。

    歌舞伎で石川五右衛門が「絶景かな!絶景かな!」といった逸話は有名である。


    南禅寺1
紅葉の季節は大勢の人が押し寄せる。

南禅寺2

境内には紅葉が植えられていて、日の光の反射を受け色鮮やかであった。

南禅寺3

水路閣

サスペンスでは必ず出てくる京都のスポットである。
このアーチ橋の上は溝があり、琵琶湖の水が流れている。
いわゆる水道橋で琵琶湖疎水。

南禅寺4

南禅寺本堂

勅願寺で日本の禅寺の中で鎌倉五山、京都五山の上の位で、最も格式の高い寺である。

南禅寺5


本堂横の紅葉
彩りのバランスが面白い。

南禅寺6
コメント
南禅寺山門
南禅寺山門の楼上に上がったことがありました。普段は公開していないようですがその時たまたまやっていて、運転手に案内してもらいました。つい4,5年前のことだったと思います。
その帰りに錦市場を丁寧に歩いて還りました。この錦市場は大昔は大変に汚いところだったのですが、わざわざ錦市場と替えて今では京都人は必ず行きますし、最近は観光客にも人気があるようですね。
知らぬままに
 たぶん南禅寺は2度行ったことがあります。が、石川五右衛門の言葉との関連、水道橋に流れている水が琵琶湖の水とは、今知りました。(パンフレッド読んだけど、完全に忘れた?)
 湯豆腐が美味しかったことは忘れていない食いしんぼうです。真っ赤ばかりでなく色々な紅葉がいいですね。お天気にも恵まれたようですね。
色鮮やか
こんなもみじもあるんですね~色鮮やかです。目の保養させてもらいました。きれいだな~なんて見ているけど、維持管理するにはお金がかかるんだろな~なんて貧乏人は思います。そうじも大変だー!!
山門
木下廣民 様
 時間が無かったので、今回は上がりませんでしたが、現在は拝見料を支払えば上がることができるようです。大勢の人が上がっていましたね。錦市場は今では観光スポットですね。
お天気
吉野のくいしんぼう 様
 今回のお茶会への参加は、初日は大雨で大変でした。拓史が捕まらず、待ち合わせに10分遅刻・・・迷惑をおかけしました。あとは暖かいお天気で陽明文庫を始め、各観光地楽しむことができました。琵琶湖疎水は京の町にとって欠かせないものですね。今回は行くことができませんでしたが、取り入れ口が伏見にも有り、水面の高さ調整の水門もありますね。
神出鬼没
うわつ 様
 今日は何処まで行ったやら?と、うわつさんは行動範囲が広いのでブログで確認しています。京都のお寺は、春はさくら、秋は紅葉と観光シーズンは大賑わいです。年間の観光客数は四千万人強といわれています。この紅葉の季節と桜の季節に限れば、各一千万人・・・ひとり一円のお賽銭でも・・・お寺の拝観料が平均500円ですね。うーん!、維持費は捻出できるでしょうね。
No title
 有名な臨済宗のお寺、禅寺と聞くと、中国の故事?「南泉斬猫」を思い出します。昔は、真剣に生きることと向かい合って仏教も修行していたのかなと感じますが、現代では、私も含め、宗教から遠い地点に立っているように思います。不思議なことに、それが、京都のお寺を回ると、少しだけ近づく気がします。(もちろん、偽物ですよね。)
宗教
tentijin 様
 自分もどちらかというと、罰当たりのような気がします。しかし、お寺の前に来ると自然と頭が下がります。これは八十八カ所巡りの時からですから、きっかけがあるんでしょうね。日本人ほど宗教について許容範囲が広い人種は居ないそうです。生まれたときは神社参り、七五三は神社、クリスマスはキリスト様、花祭りにはお釈迦様・・・結婚式は、そして葬式は・・・最近ではイベントも宗教がらみ・・・さて何を信じようか?

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
南禅寺山門 名勝は南禅寺三門が正しいようだ。三門は空門・無相門・無願門の三境地を経て仏国土に至