銀閣寺 | 鬼城

銀閣寺

2012.11.24.Sat.18:00
次は慈照寺銀閣

金閣寺を出て本通りでタクシーを拾い銀閣へ・・・
運転手さん曰く、道が混んでいるので途中までしか行けないかもとのこと。
西から東へ移動するだけなのに大渋滞。
それでも予定通り、手前まで行くことができました。
山門まで人人人・・・駐車場はやはり満車状態で県外ナンバーの方々のうんざりした顔。

ここからが大変でした。拝観券購入まで長蛇の列・・・
辛抱強く30分ほど待ったでしょうか。やっと入場の運びとなりました。

手前は。「銀沙灘」(ぎんしゃだん)、「向月台」

銀閣寺1
紅葉真っ盛りの銀閣

平成20年に大修理が行われた。
 山号は東山(とうざん)。開基(創立者)は、室町幕府8代将軍の足利義政、開山は夢窓疎石とされている。夢窓疎石は実際には当寺創建より1世紀ほど前の人物であり、このような例を勧請開山という。

 足利義政が鹿苑寺の金閣舎利殿を模して造営した楼閣建築である観音殿は銀閣、観音殿を含めた寺院全体は銀閣寺として知られる。「古都京都の文化財」の一部として世界遺産に登録されている。


銀閣寺2 

「銀沙灘」(ぎんしゃだん)、「向月台」

銀閣寺3

庭園上手より銀閣を望む

銀閣寺4

庭園内の落ち葉、雨上がりの苔に映えている。

 銀閣寺5

紅葉の中の銀閣

銀閣寺6
コメント
No title
 京都は、正に、どこをとっても絵になる季節ですね。苔の林間に散っている落ち葉がいいですね。私の義兄は、京都で個人タクシーの運ちゃんをしていますが、ここだけは、多少の不況も吹き飛ばすかもしれません。
これは驚いた
銀閣にもこんなに人がいるのですか?
私の記憶の銀閣は何時行っても私独りだった。変わりましたね。
No title
tentijin 様
 タクシーの新兵器、渋滞ナビシステムを駆使していました。会費制で月払いとか。無線センターに連絡してデータを流してもらう。それによって一方通行の所を狙って走るんだそうです。そうすれば渋滞に遭わない。運が良かったと思います。そのシステムを積んでいる運転手さんに三回も巡り会いました。御蔭で計画通り観光することができました。v-290
古都のイメージは
木下博民 様
 思いも付かないほどの人出でした。何しろ拝観軒売り場まで30分近く掛かりましたから・・・外国の方が多かったですね。流石に中国系の方はおらず、タイ、ミャンマー、台湾、フイリピン・・・金閣に比べ銀閣は地味なイメージでしたが、今回は人でその重いも変わりました。このあと、まだまだ京都観光は続きます。ご辛抱を・・・
銀閣寺
さすがに金閣・銀閣は別格の人出ですな~これだけでは人が来ないでしょうから、嵯峨野や嵐山など名所旧跡の多い京都らしいです。私が住んでいた頃はどっと人が繰り出すのは祇園祭くらいで、昔は、修学旅行の団体が目につきました。今は団体の外国人も多いですね。入場を30分も待つのは出来ません。
辛抱
うわつ 様
 写真を撮るためにずーっと待つ「うわつ」さんらしくないですね。(笑い) しかし、人を見に行くようなものですね。カメラマンも多かったですが、ほとんどのところが三脚がだめと言うことで・・・一脚を用意しないといけません。
辛抱
 辛抱のなかなか出来ない私には、この時期の京都は無理かもしれません。落ち葉と苔・紅葉の中の銀閣寺、落ち着きます。辛抱できないと言いつつ、今日は宇和特別支援学校のバザーに30分前から並びました。物欲にはがんばれる?
No title
吉野のくしんぼう 様
 食べ物ではがんばれる、お祭りなら松子とができる、またコンサート等々・・・人それぞれですね。阿修羅展で4時間半待ちに並び、2時間で入ることができたときはうれしかったですよ。京都という言葉の印象と言えばまず歴史、そして静寂、食べ物、お祭り、景色ですが、相当に様変わりしています。人混みには参りましたが、良い経験を積みました。

管理者にだけ表示を許可する