小さな滝 | 鬼城

小さな滝

2012.10.22.Mon.12:00
散歩

仕事を終えて、ほとんど毎日、散歩する。
コースは神田川の上流を遡行し、愛宕公園まで・・・

途中、小さな滝が目についた。
光国寺の上あたり。

滝1

昔、小学生の頃に泳いだ場所

滝も大きく見えたが、今では小さい。

滝2

蛇行する滝

滝3

この写真を撮って行く途中で見つけた階段状の滝

滝4

水源に近いところの小川の滝

滝5

愛宕公園で運動をし、降りる途中の宇和島城
夕焼けに染まってきれいだった。

宇和島城
コメント
No title
宇和島の川の水も上流はこんなに澄んでいて綺麗なのですね。私も、幼い頃泳いだ場所に行ったとき、「えっ、こんなに浅かった?」と感じました。水の流れ・岩肌・周りの緑が鮮明に撮れていてその場に居るようです。
No title
吉野のくいしんぼう 様
 雨のあと、2、3日後ですね。それよりあとになると水量が減ります。川の大きさは自分の成長と比例するようですね。吉野の川など、子どもの頃には「大河」だったかもしれませんね。
 むか~し、親しい写真屋さんに聞いたことがあります。きれいな(うまいではない)写真は緑を入れること、だそうです。それ以来、自分を写してもらうときには必ず(笑い)バックは緑にしてもらっています。
お疲れさまです
光国寺の辺りから上流は街中とは思えない、いいところですね。
昔、中野逍遥のことを書いたとき、その発想の起点が光国寺の墓へ参ったときのあの谷川の光景からでした。
中井コツフに「逃げ惑う赤き山蟹とらえんと手を差し入れし水の冷たさ」というのがありますが、子供の頃これは神田川上流のことかな、と一人合点していた時代がありました。のちに、この歌は薬師渓での作と知りましたが、それでも私には神田川上流に思われてなりません。
面影
木下博民 様
 Kくんがお世話になりました。花のお江戸を訪問するのでわくわくしていました。
 さて中野逍遥も次第に忘れ去られています。光國寺を訪れる人も今では居ないようです。ちょっと上には油屋熊八のの墓所もありますね。
 ちょっと間ができましたので、辰野川や畑枝川を遡行してお知らせします。
k君、今夜も泊まるでしょう。
今日は、こちらが疲れるほどじっくり話しました。収穫があれば良いですが・・・
お疲れ様でした・・・
木下廣民 様
 大変お疲れ様でした。Kくんも良い仕事をしたと思っています。今夜はスカイツリーの近所でうろうろしているかもしれませんね。なにしろお上りさんですから・・・今後ともよろしくお願い致します。
No title
 神田川、懐かしいエピソードが色々あります。佛海寺の少し上流辺りで、水浴びをしたのが、人生で最初の水浴びでした。たぶん、川ニナだと思いますが、岩にくっついていたとか、こけが生えていて岩はつるつるしていたとか、逆算してみると、おそらく、3歳頃のことだったと思います。母と行ったのですが、その時、まだ、私が見たことのない海のことを母が話してくれたことまで覚えています。鬼城様の写真は、当時の美しい水を思い出させてくれました。流れの動きまで写っていていい写真ですね。宇和島城の写真も夕暮れに浮かぶようでいいですね。
近場
tentijin 様
 毎日、散歩している場所が「tentijin]さんの古戦場ですね。(笑い) 昔はもっときれいな川だったんですが、今はごみが多く、ボランティアの方々の清掃でも追いつかない現状です。特にビニールとかペットボトル、発泡スチロールなどが目につきます。
 場所とカメラアングルによってはきれいの撮れるところもあります。今回は小さな滝をターゲットにしました。
渓流
神田川も写真の撮りようで、美しい渓流になりますね。カット(切り取って)するのも必要ですね。シャッター速度を遅くして静かな流れにしているので、訪れてみたくなります。
うわつ 様
 ありがとうございます。川は汚れていますが、雨のあとなど、ふっと昔に還ったような景色になります。先日は保手川だったので今回は神田川、次回は辰野川や畑枝川、須賀川を考えています。遠くに行くことができないので近場で間に合わせます。(苦笑)
 それにしても元気ですね。宮城より南西側はほとんど制覇したのではないですか?

管理者にだけ表示を許可する