深まる秋 | 鬼城

深まる秋

2012.10.15.Mon.20:00
すすき

秋の定番と言えば「すすき」
十五夜の頃にはまだはやく、やっと穂が出て・・・そうすればもう紅葉の季節になる。

秋1

最近、お茶席に招かれることが多い。
門前の小僧ではないが、茶花についての知識も広がる。

これはホトトギス

秋2

これもホトトギスだが、白色は珍しい。
知人に頼んで株分けしてもらった。
白花は何となく気品がある。

秋3

食欲の秋

害鳥「青鷺」が見事に川魚を捕らえた瞬間。
このくちばしで、大きな緋鯉も食べるとか。

秋4

秋桜

この花を見ると山口百恵を思い出す。さだまさし作詞作曲の名曲である。

秋5

秋の日はつるべ落としとはよく言った。

仕事を終わり、散歩に出るともう夕暮れである。
あまりにもきれいな宇和島の夕焼け。

夏の夕焼け、井出放て
秋の夕焼け、鎌を研げ

井出とは
河川から水田に水を運ぶために造られた水路のことです。
昔からある水路に「井手」という言葉がよく使われています。 

秋6
コメント
No title
 青鷺が佇立する姿はよく見かけますが、魚を捕らえた瞬間には、まだ、お目にかかったことがありません。すごいですね。宇和島の夕景は、さすがにきれいですね。妻が感心して見ていました。
コスモスと言えば
 先日、4年生の男児が「山口百恵のコスモスって知ってますか?いい歌ですね。」と話しかけてきました。同調したものの、どこまで解って?ヒット当時は我々の結婚適齢期の時期でした。オーバーラップして嫁いだ人が多かったはず。
いい歌は世代を越えて愛されるのでしょうか?
 やはり、前にもコメントありましたが、宇和島の夕焼けはとびきり美しいですね。松野ではここまで綺麗なのには出会えません。
偶然
tentijin 様
 偶然の産物です。デジカメを忘れて散歩すると必ずと言って良いほど、チャンスに巡り会います。最近は必ず持ち歩き、その偶然を切り取ることにしました。青鷺の瞬間は連射機能で・・・夕焼けは愛宕公園からです。いつも来ていた方が最近は来ていません。ご高齢だからでしょうか?
秋空
吉野のくいしんぼう 様
 夕焼けの産物も偶然です。友人に写真の名人が居ます。彼は空が染まるまで待っています。海が焼けるんでと・・・自分は松子とが嫌いなので、偶然ですね。一つ分かったことがあります。夕焼けの写真で偶然にしろ、チャンスは荒れた天候の時なんです。きれいな秋空ではグラデェーションしか写りません。
 山口もの絵が歌うとロマンがありましたね。ほか「いい日旅立ち」なんかも、良いことがありそうな予感が・・・JR東日本のCMでしたか。
色鯉が
夕焼けが、秋になりましあtね。
我が家でも、ホトトギスが咲き始めました。

日曜日の夕方、アオサギやろうにやられました。
奈良郷に行って、車から降りて小さな池を見るとアオサギが居るではありませんか。

追い払おうとそちらに行くと、もうすでに亡くなっている鯉が落ちている。
35㎝ぐらいの赤と白と橙の色鯉。

最近、良く来て食事をしています。鯉受難です。
おい!
58frVz8U
お前暇じゃん?(笑)
面白動画&ゲームが盛りだくさん!
http://FV466q9q.jan.doradora2.com/FV466q9q/
害鳥・害獣
百姓モドキ 様
 異常繁殖ですね。天敵が居なくなった所為でしょうか?それとも人間様の開発、いや放棄農地かもしれません。先日、お客さんをご案内し段畑に行ったら、畑の周りは電線だらけ・・・イノシシよけだそうです。在る人に言わせると「効果は無い」とのこと。それ以上に心配でいけないのでしょう。
 築山がある家には池がありました。現在、そこの池には、金網が・・・なんとまあ、つや消しですね。何とかならんものか!
すぐに比較的長いコメントを送りましたが、届かなかったようで残念。
何度かそんなことがあり残念です。
でもこれもまた風に吹かれる枯れススキの類でしょう。人生ってそんなもの。
「きずな」に書いた小文「英国の樹」、若い人に難しいといわれて、ギャフン。これからも機会あるごとに書きますが、尾花のそれのように流れるかと思えば、ちょっと寂しい思いがします。
昭和と平成では、文字も言葉も違うもかな?
No title
いい夕焼けですね~行いが悪いのか夕景が撮れていません。
気温が下がったので、だるま夕日になるかもしれません。
場所選定は直線距離で50km以上、島など障害物がなく、
100km先の天気が良いことです。
偶然
うわつ 様
 夕焼けは綺麗なんですが、色がイマイチです。もっとオレンジ系統が強いと思うのですが、設定がわからず、白がきつくなります。(汗)

管理者にだけ表示を許可する