ふれあいコンサート | 鬼城

ふれあいコンサート

2012.09.23.Sun.15:00
南予いやし博2012

宇和島の街は大賑わい。
しかし、この日、9月15日(土)は台風16号の影響が出始めた日であった。

愛媛県警察音楽隊による「宇和島ふれあいコンサート」
開催するのは初めてとか。
司会は流ちょうなしゃべりの「やのひろみ」さん。


ふれあいコンサート1

今回のいやし博は「伊達な街あるき」がテーマ
2階席まで満席で盛会であった。

ふれあいコンサート2

県警音楽隊
見事な演奏である。
30名の部員だが、迫力は5、60人分の演奏・・・
伊達博物館で開催中の「政宗見参!」展に合わせ、NHK大河ドラマ「独眼竜政宗」のテーマが流れる。
当時を思い起こし、鳥肌が立つような雰囲気となった。

ふれあいコンサート3

幕間に登場した政宗以下、伊達家の忠臣たち
演技力不足は、お許しを・・・(笑い)

ふれあいコンサート4

地域とのふれあいも計画され、宇和島南中等学校の琴演奏とのコラボレーション。
見事な演奏だった。

ふれあいコンサート5


ドリルマーチ
最後の演奏は恒例のドリル演奏
広場であればもっと迫力があるのに、狭い空間で演技する苦労、ご苦労様でした。
演奏を堪能し、台風がそれることを祈りながら帰途についた。

ふれあいコンサート6



コメント
小学校の学芸会のような感じですね。
なんとも残念ながら、人は集まっていますが、熱気が感じられません。客席の前の方がガラガラ見たいですね。妙なところで遠慮される南予人の陋習ってことですか。
苦労されて人集めをされている雰囲気が伝わってきます。ご苦労さまです。
もっとも野の花の清楚さとは違って、人間集団ですからシャッターチャンスがより難しいのでしょうが。
お年寄りの多いこともちょっと寂しい。若者は出演者の応援団かな。
台風のせいでしょうか。
音楽のほうは静かに目をつぶって、建樹のふるさと「散歩唱歌」でも思い出します。
筝曲をやる男子生徒が居るのですね。大したものです。
盛り上がり
木下博民 様
 結構、始まると盛り上がりましたよ。入場者を見るとご指摘の通り、若者が居ない。博物館も同じです。宇和島だけでなく、全国的な風潮かもしれませんね。もう一つ欲を言えば、子どもが居ないことも否めません。
 台風の影響もあるんでしょう。土日はずーっと雨続きで人出に影響がもろ出ています。これだけはどうしようも無い。期間は前半が済み、後半に期待したいと思います。
くやしい思い
 後から、友人がチケット3枚持っていたと聞き、演奏会があることすら知らず残念しごくでした。以前松野西小でもあって、時間的にもう少し聞きたいと思っていたので特に。このブログで「独眼竜政宗」のテーマソングが演奏されたと知り、悔しさが増すばかり。情報網を巡らしておかなくては・・・・。渡辺謙の独眼竜、思い出しました。
独眼竜政宗
吉野のくいしんぼう 様
 タイトルのレーザービームの中の騎馬武者政宗が強烈なイメージでしたね。音楽も素晴らしかった。県警のブラスの迫力も凄かったですよ。
 いやし博2012の宣伝がいまいちですね。松野で、或いは鬼北、愛南で何があるのか分かりません。いろんな所の情報を見ると宇和島以外の人出は例年通りのようで効果が見えないんですね。やっと博物館も折り返し、これから忙しくなります。
私も聴きたかった・・・
「南予いやし博2012」はいろんな会場で開催されていたのですね。
『政宗見参!』と『伊達五十七騎武者行列』で目一杯でした(;^^A

池辺晋一郎先生作曲の「独眼竜政宗のテーマ」

豪放磊落と申しますか豪放洒脱と申しますか、政宗公御生涯を凝縮したような何とも壮大な
楽曲が大好きです。池辺氏曰く、N響のスケジュールの影響で通常の作曲とは異なり、撮影が始まっていない8月に作曲する必要があり、仙台をはじめ政宗公所縁の地を訪れてイメージを膨らませたとか。なかでも「オンド・マルトノ」という楽器が奏でる「ヒュ~ン」という音色が何とも宇宙的でした。
四半世紀経った今でも色あせることのない楽曲だと勝手に思っています。

生演奏を是非是非聴いてみたかったです。
流石!
伊左大夫 様
 流石、政宗通ですね。池辺晋一郎先生の名前を知っている人が少なくなっている現在、お見それしました。宇和島にも政宗ファンは居ます。その方が編曲をお願いした先生による楽譜の演奏だったんです。しかし、この曲は大変難しく、迫力を出すのに苦労したと聞いています。何に寄らず、一流を目指す方々の努力は頭が下がります。

 「オンド・マルトノ」という楽器は知りませんでした。演奏の時に流れた音だったと思いますが、曲の流れの中で聞こえた音として同化していました。

 イベントはまだまだ続きますから、その都度「伊達博ブログ」とともにアップしていきたいと思います。
No title
 「独眼竜政宗」のテーマ、政宗見参!、地域とのコラボ、ドリルマーチ、どれも見たい聴きたい催しですね。後半戦、県外の方の来訪が増えると良いですね。鬼北の山子は、情報不通で、すべからく、圏外ばかり歩いていることを実感してしまいました。
No title
tentijin 様
 いやし博の情報は余り流れていません。そのため後で気がつき人が多いようですね。しかし、身は一つですから選択することも必要です。そのための情報収集は大事ですが・・・
 ダブりもあり、なかなか参加できないことも多々あります。内の仕事はあと正味10日間です。
いやし博
いやし博のイベントがダラダラ続く感じがします。数多くやればいいという事でしょうか?盛り上がりに欠けてきています。宇和島市のHPのイベントページを見てもよく理解できません。昨日、三間のコスモス祭りは何時だろうかと調べていたが分からず、三間支所に電話かけたら、宿直だから直ぐに分からんという。問い合わせ先に連絡したのだから壁にでもスケジュール表を貼っていてほしいです。一度伝えたらいいというのも宇和島人の気質かしら。
やはり
うわつ 様
 言われる通り、一貫性が無いことと、横の繋がりが無い。つまり責任者が居ない頼りないイベントととなっている感は否めませんね。そこで開き直って、自分たちの立場を守ろうと考えました。大きなイベントなので他のことにかまうことができませんから・・・これを考えるのが実行委員会の上の方の方でしょう。やりっ放し、投げっぱなしではいけないと思います。守備範囲はのこり一週間です。倒れることの無いように頑張っていきます。(笑い)

管理者にだけ表示を許可する