青鷺 | 鬼城

青鷺

2012.08.15.Wed.18:00
青鷺

散歩コースの神田川の上流あたりに青鷺が出没する。
狙いは川魚か?
どこの地方でもあるようだが、鷺が非常に繁殖している。
その糞のため山が白くなって見えるところもある。

アオサギ1
  

屋根の上で悠然と周りを見ている青鷺

結構、大きな鳥である。
警戒心が強く、不思議な事にレンズを向けると察知するのか、飛び去ってしまう。
そのため、望遠レンズは欠かせない。

アオサギ2

鋭いくちばし、鋭い眼
獲物を探し、狙っている眼である。

アオサギ3


錦鯉

昔に比べ、川の流れが弱くなっているような気がする。
雨が降ると増水するが、止むと水量は激減する。
誰が放流したか分からないが、鯉の姿が見えるようになった。

青鷺はこの鯉を狙っているに違いない。

アオサギ4

毛山橋

この鯉を見ることができるのは毛山橋のすぐ下である。
小学校の行き帰りに子ども達がえさをやるためか、鯉は栄養満点、まるまるしている。

道脇には県からのお達しが・・・
この鯉は病気のため、他への移動は厳禁です!

アオサギ5
コメント
No title
 川に鯉などが泳いでいると、なぜか、心癒やされる思いがあります。鬼北の里には、広見川夢の会というものがあります。、この会は、もう故人となられた三島地区の元大学教授の先生を中心に清流広見川の復活を目指して作られた会だと思います。毎年、広見川に鯉の稚魚を放流していました。色鮮やかな鯉は、このサギ君たちの絶好のターゲットになり、なかなか鯉の数が増えないと会の方が言っておられました。鯉の数は増えないのですが、今では、このサギ君たちの数が目に見えて増えているように思えます。彼らは、広見川のみならず、奈良川でも当たり前のように増加中で、田んぼで静止している姿などを見ると、私には、、オタマジャクシまで食べ尽くそうとしている風情に見えてしまいます。それでも、川から魚がいなくなることはないようで、誠に、自然は、バランス感覚に長けていますよね。
鳥害
tentijin 様
一時、庭に池を造り、鯉を飼うことがステータスだった頃がありました。ある料亭にはン百万の鯉が泳いでいた頃です。バブルまっただ中の頃だったか。そのあと池は埋められ、鯉は川に放流となったこともありました。三島のように川を美しく保つために放流という地域もあります。

さて、表題の「鳥害」・・・カラス、鳩、鷺・・・何とかならないものか?自然バランスかもしれませんが、繁殖しすぎのような気もします。
神田川に緋鯉、おおいに結構ですね。
東京でも飯田橋の辺りの神田川に鯉の群れる処がありますがいいモノですね。
潮の満ち干しないあたりならば、須賀川や辰野川にも鯉を放流したいですね。増えすぎると鷺だけではなく人も捕るでしょうが、自然界はすべて持ちつ持たれつですから、バランスの取れた美しい環境でありたいものです。
いま養蚕のことを勉強していますが、桑田変じて滄海となるという古語があるように、南豫もいまでは桑畑変じて柑橘園となり、もう誰も驚かなくなったばかりか、シルクのファッションには憧れても、桑が蚕を経由してシルクになるなど、その工程を知る人は少なくなりましたね。
世の中は万事、「桑海」「滄桑」「滄海桑田」ですね。
川に鯉
ホントかどうか知りませんが、鯉は濁ったところでも生きてゆけると聞いたことがあります。きれいな所にだけ住んでいるという、魚であれば環境が良いということになるのですが・・・・生活排水の流れるところで生きている鯉はエライともいえます。え~と指を折って数えて・・・・およそ57年前、ここで泳いでいました。
桑畑
木下博民 様
 桑の実を食べたことを思い出し、大木となって一杯実を付けた桑の木(大超寺奥)の実を採って食べました。子どもの頃、おいしかった記憶と紫色に舌が染まる印象が記憶の片隅に残っていましたが、今では何故か渋いだけでした。時代と共に味覚も変わるんでしょうか。
 南予地方にはシルクの産地があります。西予市野村町、キャッチコピーが「シルクとミルクの町」シルク博物館もあり、繭を使った民芸品などもありますよ。きれいなシルク製品が「芋虫」みたいな蚕さんの遺物だとは誰も思わないでしょう。v-290
うわつ 様
 辰野川、須賀川にも放流されていますね。一時に比べればきれいになったと思いますが、ビニールやプラスティックごみなど目立ちます。浄化されない物は、自分で始末してほしいですね。
 この堰で57年前に泳いだ?記憶に無いですね。光國寺の上あたりの深場、大超寺奥の河野の餅屋の上、大超寺奥の小股の合流点、天満神社の上あたりをせき止めて泳ぎ場所を作っていましたね。あの頃の川に戻して欲しいですね。
 私の散歩道でも「鷺」を見かけますが、遠目なので、こんなに鋭い顔つきだったとは?同じく梁瀬の川でも、水量が減少すると鯉の泳ぐ姿が見られます。なかなかの散歩コースです。
 15日の一日一菓、感じ入りました。









ウォーキング
吉野のくいしんぼう 様
 みなさん、歩いているんですね。美容と健康のために!v-305
散歩の途中には見慣れた場所にもかかわらず、新しい発見に出会うことがあります。鷺もそうですし、鹿なども・・・(カメラを忘れていたとき)。何よりも意欲の継続と元気が一番ですね。
 さて「一日一菓」の話題です。先日、木村先生が里帰りされているとき、質問をしました。新潮社は1週間ごとに撮影とお聞きすると一月まとめ撮りだそうです。これも悩みがあり、生菓子が困るとのこと。一個注文というわけにはいかず、最低でも10個・・・これが一月分・・・(干菓子をふくめですが・・・)。始末を付けるのに困るとか。8月15日の菓子は感動物でしたね。菓子器は仏像の「光背」利用ですね。お菓子は手製ということなので彼が作った?もの。包みは蓮の花びらですね。このような組み合わせなど彼の十八番です。いまから、どんどん面白くなるはずです。こうご期待!
No title
鬼城様
いつも懐かしく拝見しています。
花の名前や鳥の名前を見て、へーってこんな名前だったんだと妙に納得しています。
この夏もグランドで走りまわっていますので、宇和島には帰省が出来ません。。
宇和島がどんどん遠くなってきました。これからも懐かしい景色と季節感のたくさんある、宇和島をみんなに
広めてください。
頑張っていますね・・・
ママ井上 様
 リオ五輪選手育成いかがでしょうか?昔、ママ井上さんが走り回っていた頃のことを思い出します。狭いグランドで短距離も長距離も同じように練習していたのではないでしょうか?いまでは小さい頃より種目によって練習は違っていると思います。スポーツ教室も増え、あとは会員との信頼関係ですね。ママ井上さんならしっかりできると思います。

 さて、変化の無い宇和島(後退しているかも・・・)。今年は津島町まで高速道路延伸で「いやし博2012」で盛り上がっています。仕事場のお客さんは3ヶ月で1年分の入場者です。残念ですが、忙しいのは良いことです。身体を壊さないよう頑張れ!
街の川はその街の人の心を写します。
滋賀県長浜市を訪ねたことがあります。この街中に水量あって川藻の美しい川がありました。うっとり見つめたほどです。川が汚れるのはその街の人々の心の表現です。ゴミを捨てないばかりか、黙々と繰り返し綺麗にする人が一人でもいれば、必ず美しい川になり、長浜ではありませんが、宇和島も川の美しい街、心の美しい町だといわれるでしょう。
よし、俺の余生は川のゴミ浚えだ、とひそかに自認される方はいませんか?散歩するとき、袋と軍手を持ってゴミを拾って回る勇気のある方が1人~3人できれば宇和島は美しい街に変わります。
川はその街の顔です。
そうそう、もう一つ。鷺のはなしでしたので、東京本郷大塚仲町近くに「白鷺坂」というのがあります。ここはむかし宇和島伊達家の広大な下屋敷があったところで、閑静な森と池(天赦園の池より更に広い)があり野鴨も渡ってきました。お殿様は鴨猟をやられました。こんな環境でしたから白鷺も多く居たのです。古泉千樫の白鷺の歌が案内板に載っています。拙著『南豫明倫館』ご参照。
川清掃
木下博民 様
 人が住めば、自然は破壊されるではいけません。しかし、人の住んでいないところ、たとえば北アルプスの黒部川上流などはきれいな澄んだ川です。これも温暖化現象や山に入る環境客などよってゴミが流れ、地形が変わると言います。神田川は、絶えず掃除をされている方がいます。それでもゴミを捨てる人が居る現実・・・規範意識を高めることが行政に求められています。
 鷺、江戸時代は優雅に舞っていたことでしょう。最近、渋谷区の下屋敷界隈、伊達坂あたりの方々が集会を持ち、御当主の挨拶、神應館長の講演会があったようです。古き良きものを訪ねる、良いことですね。
渋谷に伊達家のお住まいのあったのは、
伊達家の渋谷のお住まいは白金三光町から引越しされた後だと先代から伺いましたが、下屋敷だったのですか?
伊達家は渋谷からいまのお住まいに移られたと聞きましたが・・・
神田川を黙々と掃除する人がいても、ゴミを捨てる人が居るとは、呆れたものです。こんなのは規制しても駄目、野蛮人で公衆道徳欠如の自己中心人物ですから、生まれ変わって再教育してもらうことです。寂しいことです。宇和島の限界かな。
抱え屋敷
木下博民 様
 江戸時代には宇和島藩伊達家は上屋敷、下屋敷と他に「抱え屋敷」という名の屋敷が3カ所あったそうです。その一つが白銀のお屋敷だったそうです。(大正時代) たかが10万石、されど10万石ですね。

 人の心を育てるのはしつけと教育でしょうね。世界との競争に勝つためには心の教育と何事にも負けない気持ちの教育が大事ですね。
江戸には時代とともに沢山のお屋敷がありました。
られた白金三光町にご本邸があったのは明治、それ以前は宗徳公は隅田川の左岸に居られたこともありますし、それ以前の本邸は竜土町でしたし、さまざまです。下屋敷には大塚仲町もその一つ。神田のはじめに明倫館のあったところは「控え屋敷」としておそらく旗本が静岡へ移ったあと求められたのでしょう。
大兄の言われた「抱え屋敷」とはどういう屋敷でしょうか?
サギの効用?
奈良郷にもアオサギが居まして、奈良川のヨシの中に居るのではないかと勝手に想っていますが、我が家の池も彼のテリトリーに入っています。
鯉を食べる犯人の片割れがヤツです。(後はアナグマかイタチか?)

今は、ネットなどは張っていないので安心して池の縁で油断した鯉やカエルを補食しています。

姿は、優美でも鳴き声は聞くに堪えません。天は粋な計らいをしたのか?
今在家では困った存在ですが、他に我々の知らない意味があるというか価値があるのか?かもしれません。

管理者にだけ表示を許可する