輪抜け | 鬼城

輪抜け

2012.08.04.Sat.12:00
我が家の氏神「宇和津彦神社」の輪抜け

子どもの頃、夏休みに入りそぐ、23、24日が和霊大祭。
28日が輪抜け、そして29日がおたまや様と祭りが続き、楽しみなことだった。

この輪抜けは神事として、無病息災の祈願をする夏の行事、別名「茅の輪」とか「夏越祭」とか言われる。

宇和津彦神社本殿前 

輪抜け1

本殿前より見た茅の輪

材料は茅で、束にして円を作るため結構手間暇かかる。
その輪を竹の支柱に縛って固定する。
一日仕事である。

輪抜け2

参拝するための石段

この茅の輪を廻るには、約束事がある。
輪の前で一礼
輪に入り左廻りで正面からくぐり右回り、そして左に回って抜け、本殿に向かう。

本殿では2礼、2拍手、1礼


輪抜け3

バザー

氏子総代、ボランティアの方々によるバザー会場。
発券場と食べ物、飲み物の交換場ともなっている。

輪抜け4

バザー会場

夕食代わりか、それとも近所の人たちとの懇親会か、暑い夏を越すためのイベントでもある。

輪抜け5

出店

昔は、カーバイトのにおいと裸電球、行灯のローソクの灯りだった。
出店は芋あめ、わたがし(その場でつくる)、イカ焼き、金魚すくい、くじ引き、射的などだった。
今では売っているものや遊びも様変わりして、少子高齢化の影響か、子ども達も少なくなっている。

輪抜け6
コメント
輪抜け
 結構な賑わいですね。子供の頃、近永に住んでいて、「弓滝神社」の輪抜けに行ったきりです。人形のかいてある紙を体に押し当て、水を張った盥に入れた記憶が。約束事と言えば、先日、神道の葬儀に参列し、「二礼・二拍手・一礼」を熟知しておらず、前の方の真似をしました。いい年こいて、常識ないな~と焦りました。v-12
強み
吉野のくいしんぼう 様
 知らないことは、開き直れば強みです。今の仕事のお付き合いは、今までに経験したことのない方ばっかりですから、知らないことばっかりです。恥をかくことも多いですが、最近は厚かましくなり(反省)開きき直ることもあります。

 弓滝神社、懐かしい!夏祭りなど、よく見回りに行きました。今でも訪れると、神域の風情があり、良い神社ですね。そうですか、近永に住んでおられたんですね。

 葬儀は仏式が多いのですが、神式、教会など経験を積みました。賛美歌だけはどうしようもありません。台風の風か、今夜は涼しい風が吹き込んできます。
No title
 この夏祭りの茅の輪くぐりはこの辺だけの神事かと思っていましたが、先日、石川県の友だちに会って、少なくとも石川にも同じような神事があるということを発見しました。ひょっとして全国版なのでしょうか?夜店の風情は、今でも悪くありませんが、昔の風情は数段良かったように私なども感じます。心が躍る子供心まで思い出してしまいました。
昨日、輪抜けについて書いたのに、なぜか届きませんでした。
夏越祓、六月祓などいろいろ言うのだそうですね。
茅の輪は左縒りに刷るとか。古い仕来りにはさまざまな伝えがあるものですね。茅と祓いとのかかわりは何に由来するのでしょう。ご教授ください。
No title
tentijin 様
全国的な行事(神事)のようですね。民族学にも興味がありますが、ちょっとづれますが「虫送り」の行事なども全国区ではないかと思います。
鬼北町では弓滝神社でやるのではないでしょうか。夏祭りだったか、一度、野暮用で行ったことがあります。(苦笑)
No title
木下博民 様
茅の輪くぐりに関しては、ネット上でいろいろと解説がなされています。ウィキペディアがわかりやすいと思いますので http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E7%A5%93 をクリックしてみてください。この神事が「大宝律令」による法律と言うことを初めて知りました。検索で「茅の輪くぐり」でも出てきます。

時々、書き込みできないことがあります。このFC2というブログはしっかりしていますが、もう一方のブログは書き込みできないことの方が多いようです。この場を借りてお詫び致します。
輪抜け
古来から日本人ならずとも迷信信仰心がある。今のオリンピックでも髪を隠したり、ダマダン時期だからと絶食していた。このよう縄抜けでも多くの参拝者がいたが最近は少なくなったように思います。
突然話題は変わるが、
宇和島のイベントを調べようと宇和島市からイベントへ移動したら
http://www.city.uwajima.ehime.jp/kanko/kanko.html
今月のイベントにコスモス祭りが出てきた。多くの宇和島を知らない人がアクセスしているであろうに。観光行政の怠慢としか言いようがない。作ったらそのままにしている、宇和島行政の特徴でもありますね。
世界はいろいろ
うわつ 様
宗教観によってお国柄が決まるとか。その点、日本の国は自由気まま・・・生まれたときは神様に、バレンタインやクリスマスはキリスト教、仏教行事の花祭り、お盆、結婚式は色とりどりですね。この宗教観が縛られずいいのかもしれませんね。
さて、宇和島市の観光案内についてです。LINKは機能しているようです。行事はその都度上げねばなりませんね。個人のブログさえ、上げているのですから・・・最近サボっていますが(汗) 機会があれば話をしてみます。情報感謝です。

管理者にだけ表示を許可する