滑床渓谷 | 鬼城

滑床渓谷

2012.07.30.Mon.12:00
萬年橋

手前の大石には萬年橋の彫り込みがある。
裏側には毎巌和尚の文書が彫り込まれている。

昔はこの橋の袂までバスが来ていたが・・・

滑床1

キャニオニング

今年はいやし博2012の開催でこのイベントがある。渓流を装備を付け、さかのぼる。
夏向きのイベントだが、ネックは高額な料金のようだ。
この日は二組見かけた。

滑床2

呼び名のごとく、滑床(川の流れで浸食されてる。)

滑床3

自然を満喫できる山道

滑床4

渓流の途中に架かっている橋の上から撮った滝

滑床5

雪輪の滝とくら渕

滑床を象徴する滝である。右方向の深場がくら渕である。
この滝では柴すべりが楽しめる。

滑床6 
コメント
No title
 松野での体験も自然を満喫し尽くし、マイナスイオンを十分に浴びて、元気の潜在力を上げることができたかもしれませんね。
キャニオニング
tentijin 様
自然は良いですね。しかし、滑床の施設は何処も荒れていました。いっそのこと、昔ながらの自然林に返す方が良いのかもしれません。キャニオニング、やってみたいですね。
No title
こうして見ると、滑床は松野の宝物ですね。今更ながらに、足腰の元気な内に、ここの四季を楽しみたいと思いました。
山の四季
吉野のくいしんぼう  様
大学時代の石鎚の四季を忘れることができません。こんなに変化に富んだ山は余り例が無いと思います。写真をずーっと撮り続けている方がいます。LINKのところの「ランスケ ダイアリー」の中に石鎚の項目の中に素晴らしい写真がありますよ。
さて、滑床、ここにもビデオ、写真を撮り続けている方がいますね。松野の方ですから調べてみてください。それより「吉野のくいしんぼう」さんに期待します!

管理者にだけ表示を許可する