宇和島城崖崩れ | 鬼城

宇和島城崖崩れ

2012.07.16.Mon.12:30
上り立ち門内の掲示板

崖崩れ1

上り立ち門上の山道

今から天守に上がるという雰囲気を持った道。
自然の残っている城としては日本一だろう。

宇和島城2

代右衛門丸へ続く道

昔は正規の登城の道だったが、現在は発掘調査、崖崩れのため通行禁止である。
この雰囲気も素晴らしい。

宇和島城3

工事用の鉄製の階段

代右衛門丸を過ぎたところから二の丸へと直登する階段である。
工事により、崖崩れが修復されるまでこの道が使われる。

宇和島城4

天守広場

いやし博のための本陣。写真用の武将は秀宗、女性は正室亀姫である。
仕事場から天守までの所用時間は10分で自分の新記録!

宇和島城5

二の丸手前の崖崩れ現場

宇和島城6

同じく下から見た崖崩れ現場

右上が二の丸
上り立ち門と桑折家長屋門から上がってくる登山道が合流した場所で大きな崩れである。
完全に登山道はふさがれている。

宇和島城7

城山に咲いている花

藪茗荷(やぶみょうが)

宇和島城8


コメント
No title
 九州だけでなく、宇和島、鬼北も、時に尋常でない降り方をするときがあり、内心畑大好きの私は自分勝手に、「いい加減にしてくれ。」と思っていました。やはり宇和島にも被害はあったんですね。城山の狸君など不自由しているかもしれませんね。まだ、棲んでいるのでしょうか。
No title
 鬼北や松野は注意報止まりでしたが、宇和島は警報が出ていたから、被害も違ったのですね。薮ミョウガもこの時期芽が出るのでしょうか?花が可愛いので、きっと花を愛でるのでしょうね。tentijinさんが狸君の心配をされていましたが、我が家の排水路の狸ちゃんも姿を消しました。最近の増水で住処を移動したかも。
宇和島城維持にはお金がかかりますね
1922年11月25日、昭和天皇がまだ摂政宮であらせられたときはじめて宇和島の来られ、お若い宮殿下を天守閣にご案内したとき、伊達家でrは上立門からの道を補修されrました。こんとき、いまから90年前の話ですが、修理費2000万円がかかったといわれます。戦後、先々代のときに城山を宇和島に寄付されましたが、年々の維持費は莫大だったことでしょう。
これからも城山の維持には相当の費用がかかることでしょうから、市民は宇和島の誇りとして大切に維持されますことを祈ります。
動物
tentijin 様
城山の崖崩れは以前も崩れた場所とか。夜間開放をするので早急に修理をするつもりだったようです。しかし、思ったより大きな崩れで文化庁の指導を仰いだり予算化をするとなると今年いっぱいかかるとか。
砂金の雨は半端ではありませんね。鬼北は川が低いところを流れているので災害は少ないですね。
吉野のくいしんぼう 様
狸と言えば町中にも出ます。お城の狸は昔、蔦屋旅館があったとき、板前さんが餌付けをして新聞、テレビで報道されたことがありましたね。我が家の近所でも溝の中を走るのを何度か見ました。猫とえさの取り合いか喧嘩もしていましたよ。
今日は久しぶりの休み。親切な人に孫が帰省したときのためにクワガタの居る場所に連れて行って頂きました。カナブンやクマバチが一杯樹にとりついていました。早朝ならクワガタくんも・・・あとは釣り場所の確保です。釣れるところで無いと面白くないのでにじますの釣り堀か、八幡浜のシーロードか・・・海は赤潮が心配です。
城守隊
木下博民 様
昨年よりボランティアの方々の協力で案内板とか休みどころとか変わりつつあります。今回の崖崩れも城守の方々のご協力でいち早く天守までの上り道が確保されたようです。
修復とか整備には当然、お金がかかります。国からの補助金が主なものらしいですが、歳暮には20年ほどかかるとか。宇和島市の持ち出しではとうていできません。予算順位がありますから・・・目の前のことを一つ一つやっていくしか無いですね。
城守隊、おおいに結構ですね。
宇和島城は市のものでも国のものでも伊達家のものでも勿論ないのですから、城守隊がドンドン増えて、労力も費用の皆で出し合う組織であって欲しいですね。実行大いに結構、さらにそういう真摯なグループがいるということを周知させる工夫をし、高校中学の生徒は全員奉仕団の一員になるよう指導して欲しいものです。
決して市の支援など思わないことです。勿論市の職員も同時に市民ですから仕事に関係なく奉仕に加わって欲しいし、そういう動きが市民の三割以上になれば、宇和島は安泰です。
ボランティア
木下廣民 様
被災地も同様ですが、きちんとした目的が有り、まとめる人がいれば、宇和島市も活気づきますね。何より大事なのは方向性・・・いかに自分がその役割に入る勇気が大事だと思います。
まとめ役
鬼城さん。
その通りです。まとめ役が宇和島には少ないのですね。口先だけの政治家では駄目。真から身銭を切って、愚痴らず、相手の話をよく聞いて、息切れさせず、不言実行する人が大切ですよね。
そういう人が宇和島を未来へ繋げていくひとです。たとえ死ぬときに一人の会葬者がいなくても、小さな墓石が朽ちてなくなろうとも。

木下博民 様
梅雨明け宣言が出されたのに今日は朝から雨・・・伊達ワールドは今日は中止でしょう.ボランティア活動については研究課題ですね。
伊達ワールド、さんざんですね。
伊達ワールドなんてイベントは宇和島を知らない人の企画でしょうね。
こんなイベントは宇和島には似合わないという神様のお言葉かな。
これからは去年以上の猛暑になるとか。
会議
木下廣民 様
活性化のための会議がもたれるようですが・・・

管理者にだけ表示を許可する