和霊神社 | 鬼城

和霊神社

2012.01.05.Thu.19:00
我が家の氏神様には年明け一番にお参りする
山家清兵衛公がお祭りされている和霊神社は三が日を過ぎて、静かになった頃、訪れることにしている
松の内、5日に行ったが、結構、人出は多く驚いた

和霊神社の大絵馬

初詣1

大鳥居

石造りの鳥居では日本一の折り紙付きの二の鳥居
あまり知られていないのが残念であるが、日本一である

初詣2

和霊神社本殿

海の神、商売の神として名高い
分祀された和霊神社は全国で200社を数える
坂本龍馬の実家には屋敷神として和霊神社がまつられているのは有名な話である

初詣3

本殿の大屋根

初詣4

3が日の間に売られたおみくじ
さて、願い事はかなうだろうか?

初詣5

裏階段より表門を望む

初詣6
コメント
昭和初期の和霊神社の社殿
和霊神社の社殿は立派ですね。昭和初期のものより立派。
昔は本殿の右に絵馬堂があり、参拝のあと時計回りに拝殿と本殿を回って、暗い、子供にはちょっと怖い絵馬堂をんけて、再度、参拝するのはしきたりでしたが、いまはどうなっていますか?一度の拝礼で帰るのですか?
正月3ヶ日の風景のようですが、参拝者が少ないですね。こんなものですか?
参拝
この日は5日です。三が日は例年より多かったとお聞きしました。我が家の初詣は氏神、宇和津彦神社に行きます。和霊神社は伊達家に関係のある山家清兵衛公がまつられていますから、人出の少なくなった松の内の後半に行くようにしています。

絵馬堂はありませんが宮司さんがわたる廊下(橋)が社務所から本殿に向かって頭上にあります。この下に絵馬を掛けるようになっています。普通の神社の如く、二礼二拍手一礼でお参りし、時計回りに廻り、本殿で礼をして終了となります。厄年の方やお札を頂く方は本殿の中で祝詞を上げて頂くのも他神社と同じです。

和霊神社も参拝して、廻ってみると新しい発見など有り、楽しめます。
No title
 和霊様の鳥居は、石の鳥居としては日本一という話を聞いたことがあります。せっかくの日本一なので、もっと宣伝すればいいように思います。いやし博などでというのは、どうでしょうか?宇和島圏域に住む者には、和霊様は、なじみ深く様々な人生の場面や生活の一部の中に入っているように思います。
日本一
伊達博物館で飾る大名道具にも日本一があります。日本一古い日の丸の旗印、日本一大きな甲冑、現存する女乗り物(お駕籠)の保存状態が日本一良いなど・・・鳥居同様、宣伝不足ですね。桜開花一番早い(統計によると)・・・さてどのように宣伝するか?これが悩みです。
日本一の石の大鳥居
この鳥居は昭和5年か6年か忘れましたが、須賀川が付け替えられたときに作られたもので、当時から石では日本一といわれたのですが、実のところ何が日本一なのか私にはわかりません。大きさなのか?それならば高さのことをいうのか?では、何メートルあるのか?昔から石では日本一といわれ、ああそうですか、で片付くのが南豫人、この石、何処から来たのでしょう?
例えば鳥居の近くの山村豊次郎顕彰碑では、詳しく石の取得から運搬、制作など記録が残っていますが、この鳥居は全く誰も話してくれません。
宇和島の中の「日本一」を膾炙させることも宇和島観光のテクニックの一つですね。
折を見て
折を見て調べてみましょう。石は大島石だろうと推測できます。日本一は大きさですね。柱の大きさ、高さ、重量など含めてだろうと思います。目の前にするとやはり大きく感じます。

それより興味がわくのは門松です。神社独自のものがありますね。薪を割って松を飾る素朴な物・・・これは神社独自の物なのか、不思議な気がします。しめ縄、注連飾りなどなど、その地方独自のものがありますね。最近ではホームセンターなどでレプリカ的なものが売られ、画一的になっていくことが寂しい感じがします。
森羅万象悉皆神仏
門松はそれこそ何時の時代にあのような習俗を生んだのか?「郷土の門松考」の専門家は居られませんか。元来、神の依代だったのでしょうから、はじめは清浄なものなら何でもよかった。それが松の枝になり、竹になり、松竹梅が縁起いいからと、そうなり、都会では松や竹や梅をそのために切るのは勿体ないと紙に描いて門にはりつけた。
正月の風習になったが、それが神の依代であることを誰もしらない。まるでクリスマスツリーか何かのようにデパートでは飾る。
和霊様の門松は、松の枝と幹なのでしょう。門松を焼くときに、幹も薪の代わりに焼くのでしょうか?この風習、1月15日のドンどやき、どんど、左義長といいますが、宇和島ではどういう風に門松や注連縄を焼くのでしょうか。
お宅の門松はどうされますか?
左義長
我が家はどんど焼きのとき、宇和津彦神社の境内で燃やします。昔と違って積み上げて焼くのではなく、コンクリートの四角い穴の中で焼きます。昔ながらの風情は失われました。津島などはまだ、岩松川の河川敷で昔ながらのどんど焼きが開催されているようです。温暖化対策かどうか分かりませんが、昔ながらのたき火なども今では犯罪行為的ですね。
焚き火が問題になるとは寂しいですね。
都会ならば不用意に焚き火すると消防車がサイレンを鳴らして飛んでくるでしょう。
童謡に「焚き火」の唄がありましたね。それが問題となる時代とは、驚き、呆れるばかりです。
いまでは、子供に刃物もマッチの持たせられない、そんな教育のようですが、はたしてそれが生き残れる教育といえましょうか?
教育、医療、地方独自の文化習俗の3つが充実していれば、幸福度満点の都市になると今朝の新聞で読みましたが、これならば宇和島も努力すれば手の届く幸福都市と言えましょうね。
日本の良さ
木下博民 様
変化と普遍と言う言葉は教育においてよく使われますが、変化ばっかり求めて、変えてはならないものを忘れているような気がします。最たるものが文部省唱歌・・・「たき火」なども現在では悪いことになっています。日本人として忘れてはならない風物詩もあります。勤勉さ、物づくり、技術力等々、どんどん失われていくような気がするのは私だけでしょうか?
八つ鹿踊りと牛鬼で文化の変遷を書いたことがありました。
文化は生きています。とくにお練など、昭和のはじめと今日では牛鬼のようにドンドン変わるもの、八つ鹿のように変わらないもの、どちらも文化ですね。
そうそう、あの和霊さんの大型絵馬、過去のモノはどうされるのでしょうね。つまらんことを心配します。
このコメント、大兄とだけの会話が多くなりました。やや反省しています。

管理者にだけ表示を許可する