はま湯 | 鬼城

はま湯

2012.01.04.Wed.15:19
昔から大きな風呂でゆっくりのんびりが大好きな人間だ。あまり人が多いのも嫌だし、風呂のみというのも味気ない。現在は松山に行ったときは「媛彦温泉」、地元では「はま湯」に行くことが多い。津島のやすらぎ温泉は宇和島道路開通になって混み合っているので敬遠している。

はま湯には「大浴場」「バブルジェット湯」「薬湯」「ミストサウナ」「ドライサウナ」「ジェット湯」「バブル湯」「水風呂」「軟水風呂」「シャワー」「露天風呂」などがある。

はま湯の写真はHPより

はま湯0

はま湯手前の県道より

はま湯1

冬の雲の間より

はま湯4


天使の階段
エンゼル・ラダー

はま湯2

夕闇

はま湯3
コメント
冬の光芒
どんより重たい雲に覆われる冬の空では、
こんな光芒が海を照らすことが多いのでしょうね。
本当に美しい光のカーテンです。

鬼城さん、ご迷惑をおかけしました。
こんなことで熱くなったことが恥ずかしいです。
木下さんの方が、やっぱり大人でした。

春の宇和島道開通にともなうイヴェントに合わせて、またお邪魔します。
大衆温泉浴場が愛媛には増えているのですね。
道後がそうですから、愛媛の人には普通ですが、他国の人は道後の感想で最初に聴くのは「温泉というより銭湯ですね」です。わたしはキョトンとしましたが、なるほどそうですね。
最近は東京でも銭湯はドンドン減っていて、我が家の近くも行ったことはありませんが、1軒だけになりました。周辺に大学などあり、沢山の学生がいますので、彼らが利用するのかなと思っていましたが、そうでもなさそうで、「銭湯」を懐かしむ人々の社交場のような感じだそうです。
やすらぎ湯は出来た当初、近藤先生に連れて行ってもらったことがありました。湯船の隅でゆっくりお話した思い出があります。ただ、温水プールと同じように湯は循環消毒されているでしょから、それを徹底するするように願いたいもの、と妙な印象が残った記憶があります。あそこに大太鼓がありましたが、あまりニュースにならないのは、ざんえんですね。
辛抱
ランスケ 様
写真は辛抱と絶えず思っていますが、残念ながら私は速写ですから、偶然でないと撮ることができません。今回アップしてみて、自然を切り取ることがいかに難しいかよく分かりました。ランスケさんの写真、特に石鎚には自然の美しさが見えます。
宇和島道路の開通はイベント開始より前になります。3月4日から20日の間の予定だそうです。イベントは4月14日より5月13日が春の特別展となります。ほっほさんと連れだって是非おいでください。
スーパー銭湯
宇和島には銭湯が知っているだけで3つあります。全国共通で入湯料380円だそうです。「大石湯」「鶴の湯」「松の湯」です。温泉と名前が付くところは近辺に「やすらぎの里」「宝泉坊」「ぽっぽ温泉」「成川温泉」「ゆらり内海」「はま湯」等・・・これも規制緩和でしょうか。温泉掘りブームの遺産でしょうか?
都会ではいろんな風呂を構えたスーパー銭湯が多いと聞きます。先生が言われるとおり、衛生面の心配もありますね。何しろ水道代が高いですから、循環しないと倒産します。冬は広い風呂でのんびりつかりたいですね。
寒い日々です。お身体大切に3月には是非宇和島においでください。

管理者にだけ表示を許可する