自然薯(じねんじょ) | 鬼城

自然薯(じねんじょ)

2011.12.02.Fri.19:00
職場に届け物がありました。竹筒みたいな長いものでした。すわ爆弾か?と思いきや山芋のプレゼントでした。昔から親交のある愛南町の友人からのプレゼントでした。しかもレシピ付き・・・

食べ方は、すり下ろしてポン酢をかけたり、だし汁を混ぜたりする標準的な食べ方も良いのですが、私は、細い部分は1~2cmのブツ切り、太い部分は適当な薄切りにして、湯豆腐や鍋に入れて煮て食べるのが好きです。里芋やジャガイモ等の芋類とは別格のおいしさです。粘りとホクホク感が混ざったような独特の食感とうま味・コクがいいコンビネーションで口の中に溶けていきます。

ヤマノイモ科ヤマノイモ 別名・ジネンジョ、ヤマイモ
栽培されている長芋やイチョウ芋、大和芋などをまとめてヤマイモと呼ぶこともあるが、こちらはヤマイモ、山に自生するジネンジョのことである。栽培されているものは、中世頃に中国から日本に伝来したもので、ヤマイモ(自然薯)とは違う。ヤマイモは日本原産の野生種で山菜の王者と呼ばれ古来より親しまれてきました。春には新芽、秋から冬にかけてムカゴとイモを採取する。イモは粘りが強く、とろろめしは、格別である。

山芋1   山芋2
 

愛宕公園にある山芋の蔓
桜の木に巻き付いている蔓、葉は黄色くなり落葉する
木の葉からの栄養で芋は太る
冬になるとどこにあるのか分からなくなるためテープなどで印をつけるとか
葉の大きなものほど芋が大きいとか
さてこの根っこにはどれくらいの芋が・・・

山芋3
コメント
No title
 山芋、大好きですね。おもしろい食べ方にヤマトイモなどの粘りの強い芋をすり下ろし、それを適当な大きさで天麩羅にします。大根おろしの入った温かいだし汁(天つゆ)で食べるというものです。東予の方に教えていただいた方法です。手間はかかりますが、新食感で大変美味です。鬼城様の方法も試してみたいと思います。
はさみ揚げ
tentijin 様
ちりめんをはさみ、のりで包んだものを揚げて食べています。食感がなかなか面白い。いろんな食べ方があるようですが、先日もらった物は水炊きに入れました。ほくほくして大変うまくいただきました。

鬼北も冬、晴れた日など霧の季節ですね。懐かしい・・・

管理者にだけ表示を許可する