< title="鬼城  " alt="鬼城  ">

夏山の花々 | 鬼城  

夏山の花々

2020.08.06.Thu.18:00
名所

アクセスもよく、山容もすばらしい。
春夏秋冬、自然の中に存在するとい気にさせてくれる山である。
今は夏!

花々が咲き誇る。
詳しい方がいて説明していただいた。

シモツケソウ

かきらん

ハンカイソウ

もみじうりのき

ヤマツツジ

山野草1

山梨

コメント
花の名山
皿ヶ嶺は四国を代表する花の名山です。
特に一斉に花々が開花する5月には九州、中国地方からもマイクロバスで団体さんがやって来ます。

きっと鬼城さんが学生時代に通っていた皿ヶ嶺は、今以上に花々の種類も数も多かったと思います。
鹿の子百合も崖地に普通に咲いていたと思います。
もう今では叶わない夢の花風景ですが。

それでも、この山(森)は一年中、私たちを楽しませてくれる有難い存在です。
川内インターを降りると、すぐ目の前の山です。
また機会を見つけて訪れてください。

No title
ハンカイソウだけわかりましたが他の花はナンジャラほいです(笑)
好きな山に上がれて良かったですね。
まだ10年は上がれそうですよ(^^♪
さすが・・・
ランスケ 様
お忙しそうですね。私も合間を縫って、ほんと半世紀ぶりに登りました。書いているとおり「浦島太郎」!しかし龍神平、龍神様は変わっていなかった。愛大小屋は外見は変わっていたけれど中は昔の面影が・・・これから季節に応じた山行を無理せずやっていきます。この日、笹蔵にしようか迷ったのですが、短期が続いたので急遽変更した次第です。コメント、ありがとうございます。m(_ _)m
季節はづれ
うわつ 様
この山は四季を通じて変化する。花々も変化しているようですが、春夏秋冬、行ってみたい山です。登山と言っても1時間ほどですから・・・機会を見つけ行ってみようと思います。Kくん、初めてだったようですが、喜んで?いました。
No title
 まったく植物には疎い私ですから、花の名前はまったく分かりません。(飛行機なら少しは分かるのですが・・・笑)
 また、臀部が痛いので長い時間登山することもできなくなりました。老いは、確実にやってきているなと実感しています。
 先日、宇和島自然科学教室会長の浜崎先生と沖の島へ行ったのですが、島の植物の撮影を依頼されました。いろいろと名前を言われ撮影したのですが、言われた名前をまったく覚えていません。歳を取るとあまり興味がないことは、脳に入ってこないのだと実感しました。悲しい話です。
No title
 皿ヶ峰、名前は聞いたことがありますが、私には全く分からない山ですが、高山の花で有名なんですね。地上では見たことのないような植物が紹介されていますね。さすがの山男ですね。
No title
おはようございます
花心がない私はちんぷんかんぷんです
(;´д`)トホホ
涼しい風穴でそうめん食べたいですねv-12
No title
 本当に花の宝庫ですよね。癒やされました。
 最後のなしの実は頂上にあるあの木かな?確か鬼ヶ城山系の尻割山にも登山者が落としたであろう種から育った梨の木があったような。やっぱり私って食いしん坊だわ。
同様です・・・
syoryuで~す。 様
山男は植物、動物に詳しい人が多いです。スケッチさえもたしなむ人もいた。私は全く興味なし。今考えると勉強しておけば・・・後悔先に立たずですね。沖ノ島も植物が多いところですね。
思い出の山
tentijin 様
全く変わっていました。アクセスですが・・・キャンプ場、山小屋、頂上ルートは変わっていなかった。50年の重みですね。しかし都会、松山の日帰りコースですから人気スポットです。
コロナで無い!
だんだん 様
期待していきましたが、そうめん流しは中止だそうです。それでも人は多かったですね。下界は炎天下、風穴、キャンプ場は快適そのものでした。
鬼ヶ城にも・・・
吉野の食いしんぼう 様
結構山梨はあるんですね。記念撮影を頼んだ方が詳しくて教えてくれました。仲間が「食べれますか?」と聞いたところ、まだ早いけれど熟したら、美味しいですよとのこと。園芸種が二十世紀とか? こんど山梨、食べてみよう。奥野川にもありますよ。

管理者にだけ表示を許可する