冷え込み | 鬼城

冷え込み

2011.10.04.Tue.10:00
日本語
いつも不思議に思う
なんて表現力のある言葉だろうと
この「冷え込み」もその一つ
そこ、ここに金木犀のの香りが漂うこの季節
新聞ではこの秋、一番の冷え込みとか


秋1

烏瓜が色づいている
昨年と同じ場所だから宿根草だろう
散歩コース(トレーニングコース)も2年が過ぎようとしている

秋3  

すすき
十五夜(今年は9月12日)に飾るため探したすすき
今では穂が出ていくらでも採ることができる
しかし十五夜にはなかったなあ

秋2

金平糖の花
正式には「ミゾソバ」だろうと思います
似た花に「ママコノシリヌグイ」があるとブログ仲間が教えてくれました
やはり、昔懐かしい「金平糖の花」が良いですね

秋4

イヌタデ
別名「アカマンマ」そういやあ「赤飯」を想像するなあ
残暑と言っていたのにもうすっかり秋!
里に紅葉も下りてくる季節

秋5
コメント
No title
我が畑には、ごろごろしている輩です。
憎らしいが、野の花は自らの力で子孫を残さなければ
生けないので美しいですね。

ホント、驚くほど雑草の花は美しい。
子どもの頃は畑には草は無かった。「下農は草を見て草を取らず」「中農は草を見て草を取る」「上農は草を見ずして草を生やさず」だったかどうか・・・先輩が言っていたことを思い出しました。

本当に雑草もきれいですね。写真の腕がよければもっとうまく撮れるのにと・・・いつまで続くかこの修行!
No title
 あっという間に秋冷にさらされてしまいましたね。もう、上着が必需品となってしまいました。我がハウスも、夜間は20度を下回っているようです。

 秋の日はつるべ落としと言いますが、日暮れも急に早くなってきました。野の花たちの美の饗宴も駆け足の営みに思えます。よく見ると、本当に綺麗ですね。
腕があれば
もっときれいに撮ることができるのにといつも思いながらシャッターを切っています。秋の日はつるべ落としという表現、見事な例え、日本語ですね。早10月を迎えました。仕事も佳境です。ついにダウンしましたが、快方に向かっています。
来年に向け、仕事もレールが敷かれましたので解決していかねばなりません。ブログ仲間のブログを見ながらがんばっていきますよ。
この秋お薦めの一本
本当に、もうすっかり季節は秋ですね。

近頃、暗い映画ばかりに耽溺して周囲の風景から目を背けていました(苦笑)
これは紹介したほっほさんの責任では決してありません。
未だ父母を亡くした喪失感から立ち直れない自分自身の問題です。

でも、やっと光を見出した想いです。
「初恋のきた道」
この映画は長年教員をされた鬼城さんには、一押しのお薦めです。
ブログ最新記事にユーチューブの動画を張っています。
是非、御覧ください。
もう涙が止まりません。
やっと
先ほどレントゲン、血液検査、点滴を受け仕事場に帰ってきたところです。若くないのは自覚していましたが、微熱があまりにも続くので(4日~ )大事を取って医者通いでした。

チャン・イーモウ監督作品の紹介、ありがとうございます。TSUTAYAで探してみます。彼の映像美は素晴らしい感性ですね。多くの作品は見ていませんが、単騎千里を走るとかHEROとか、内容的にも素晴らしいですが、映像美に引かれます。

滅びの美学と自分はよんでいますが、歴史においても賛否両論あるところです。たとえば井伊直弼をとっても彼の開港があればこそ今の日本がという考え。もし桜田門外で亡くなっていなかったらという歴史観・・・松平容保などもそうですね。とどめは龍馬でしょうか?

ゆく秋、芸術を堪能したいと思います。ブログはしばらく・・・
休むのも美学
太宰治の「斜陽」「人間失格」や三島由紀夫の「金閣寺」「仮面の告白」の
テーマも滅びの美学と聞きました。

世界では、別れる時「神の御加護を」日本人は、「さようなら」と言って別れる。

現代でも「滅びの美学」が根底に流れているそうです。

働きすぎは、過労です。休、休、休、の処また休せず。
ご自愛ください。
歳?
ほっほ 様
お心遣いありがとうございました。それにしても滅びの美学に関しての人物像、さすがです。先日の本のお礼も述べていませんでしたが、この場を借りて<(_ _)>
特別展、明日で終了です。思い入れもあ、りこれからの運営に関して新しい試みが成功した企画でした。おいでになった皆さんの感想を参考にさせていただきながら、「いやし博2012」に向かっていきます。これからもご指導よろしくお願いします。
どんどん南豫の秋を見たいですね。
先日、夏につづいて三間を訪ねました。山々に囲まれた三間はまさに「まほろばの里」です。
秋の花、もっと送ってください。
秋には滅びの美があるのかもしれませんが、枯れるということは新たな芽吹きのための文字通り「古木」の姿なので、色そのものも渋いですね。

管理者にだけ表示を許可する