接写 | 鬼城

接写

2011.09.28.Wed.16:30


写真のうまさは写真家の方々や写真が趣味の方は腕前という
素人の私はカメラだと思う(笑い) というのはすべてカメラ任せ

友人やブロガーでカメラに詳しい方に聞くと、カメラを購入したらレンズがほしくなると予言された
そこで購入したのがワイド18mmの広角レンズとクローズアップレンズ
今回はその練習

接写0

クローズアップレンズによる蝶

接写4

蜜を吸っている管が見えるだろうか?

接写6

同じく蜜を吸っているミツバチ

接写1

以前も写したが今回はクローズアップレンズ
ごま蝶?

接写2

散歩の途中ススキの葉にとまっていたバッタ

接写3
コメント
こだわりショット
2枚目の蝶と最後のバッタが大好きですね。

もう、カメラから腕に脱皮したのではないですか?(笑)
新たな写真の世界
ツマグロヒョウモンにチャバネセセリ、バッタはトノサマバッタでしょうか?
私は一枚目と最後のバッタの写真が好きです。
ともに周囲の環境と生き物としての虫の姿を見事に切り取っています。

広角レンズに中望遠レンズを手に入れると、ほとんどの被写体に対応できます。
さぁ、これから鬼城さんの写真ライフが広がりますよ(笑)
No title
 ヒョウモンチョウの幼生は、結構グロテスクで、いや、おしゃれなのかも知れないが、黒にオレンジの文様でパンジーの葉が大好きである。黒いとげとげもあるので、てっきり毒を持っていると見えるが、どうして平和主義者だ。最も目を疑うのは、この触りたくない幼生君が、金色の目を持つサナギから金粉を刷いたような豹柄の蝶へと変身する革命のような瞬間だと思う。

 鬼城様のブログ写真には、超ど素人の私は、時々、見入ってしまいます。
キャプション
写真にコメント入れました。
1枚目:2丁目に住んでます。
2枚目:飛ぶか、吸うか・・・それが問題だ!
3枚目:この角度で撮られるの結構好きです。
4枚目:いまから・・・見返り美人
5枚目:うう~これ以上、上は、・・・。

5のごま蝶ぬけてました。
5:ああ~寝てました。全部吸うのは、ちょっと
蝶の生態が接写で掴めれば面白いですね。
成虫はともかく、蝶にも卵や幼虫の時代があるはずなのに、ほとんどそれを見ることができません。接写で掴むことは出来ませんか?
もっとも成虫に脱皮する姿だって、あまり見ませんね。
脱皮
星野貴公子 様
脱皮どころか、行き当たりばったりです。(笑い)久しぶりの休みの時間つぶしにレンズの実験。しかし、理論は分からずファインダーを覗くのみの撮影です。バッタ、気に入ってもらえれば幸いです。
驚き
ランスケ 様
植物はおろか鳥、そして今回は昆虫!ランスケさんは百科事典?まさに驚きです。趣味と言えば音楽、絵画、写真はプロ並みだし、文章力も・・・改めまして<(_ _)>

これから被写体を選びます。本来なら山に行きたいのですが・・・以前、話しましたね。瓶が森で満天の星を見ながらKyo-chan共々飲みましょうと・・・今のところ夢ですが、後2年後には実現したいと・・・
幼心
tentijin 様
いつも思うことtentijinさんは幼い頃の遊びとか、知識とか豊富ですね。年は少し下ですが、同年代を過ごしたような風景描写が垣間見えます。今回は幼虫の話・・・芋虫は好きになれませんが、この奇妙な虫がさなぎとなり、蝶に変身する不思議ですね。写真は書き込んでいるごとく、カメラ任せです。絞り優先とか、シャッター優先とか用語は知っていますが・・・(笑い)
コメント
ほっほ 様
ランスケさんとの名コンビ、長いんですね。今回はただ、並べただけの写真に適切なコメントありがとうございます。南予にもKyo-chanはじめおもしろい?人材が豊富です。是非、またオフ会を開いてください。忙しいと思いますが、南予のネットワークも広げて待っています。
粘り
木下博民 様
ご指摘の幼虫からさなぎ、脱皮の写真を撮りたいと思ってはいるのですが、自分にかけているもの、それは粘りです。そして野次馬根性でどこへでも頭を突っ込む、牛鬼みたいです。(笑い)その反動でいつも言われるのが長続きしない、持続力欠如なんですね。
ブログに書き込んでくださる人にプロの写真家のような人が居ますが、この方の写真はすごいです。粘り強いんでしょう。じっと待つ姿勢。見習いたいですね。
先生の来宇、期待してお待ちしています。

管理者にだけ表示を許可する