石川県立博物館 | 鬼城

石川県立博物館

2019.07.10.Wed.12:00
赤煉瓦ミュージアム

旧陸軍兵器庫の赤レンガ棟を再生した建物は、国の重要文化財。
加賀本多博物館と石川県立歴史博物館と庭を挟んで建っている。
庭には、辰巳用水に用いられた石管が噴水として再利用され、定期的に噴水となる。

歴史博物館には、仁清の「国宝 色絵雉香炉と重文 色絵雌雉香炉」が最初に眼に入ります。
ここだけ写真撮影可!

石川県立美術館1

石川県立美術館4

石川県立美術館2

石川県立美術館3
コメント
No title
仁清作の香炉ですか、綺麗ですね~
撮影して良いということはレプリカでしょうね。
本物(笑い)
うわつ 様
県の持ち物で、この博物館の目玉ですから撮影自由です。しかし照明が色んな方向から射しているので人影が映らないようにしました。苦心の作です。(笑い)「つがいの雉」、仁清の素晴らしい作品です。
No title
 お茶の先生から仁清の写しのお茶碗を頂き藤の花の季節に出して重宝しています。
 本物、素晴らしいですね。
No title
 国宝に重文ですか素晴らしいですね。また、建物も重文とは、恐れ入りました。
 これだけの物を管理するというのは大変ですが、周囲にまだ博物館があるというのも立地条件としては最高ですね。
 いい目の保養ができたことでしょうね。
写し
吉野の食いしんぼう 様
いろいろと大小のレプリカがありましたが、同じ大きさのものは、5万円ほどしました。花入れにするのも良いかもしれませんね。仁清、これほどの焼き物とは思いませんでした。
工夫
syoryuで~す。 様
感想をと視察研修の担当者から依頼がありました。歴史的な街の歴史的な博物館や近代博物館、その棲み分けは半端ではない。考えた末の建造物になっています。ごっちゃまぜで無く、単体、そして市民に開放している場所が在ること。一貫しています。見習わないと・・・
No title
 私はには、ほぼ猫に小判状態ですが、それでも、立派な香炉だなと感じます。こんな形をしていると、触ってみたくなりますね。
歴史的価値
tentijin 様
技術的な物と歴史的付加価値で「国宝」「重文」ですね。お土産に大小取り混ぜレプリカが販売されていました。しかし複製品でも効果ですね。(涙 見るのは無料で見ただけでも美しさは感じました。

管理者にだけ表示を許可する