太郎川公園 | 鬼城

太郎川公園

2019.06.07.Fri.10:00
動きが取れない

一度動くと序でにという連想・・・
大川嶺の帰り、遅くなったが太郎川公園によって見た。
ここの水車小屋は雰囲気があり好きな場所で在る。
かやぶき屋根の修復は檮原町の方とか?
茅は大野ヶ原自生のものだと聞いている。
三間の毛利家も同様だ。

太郎川公園1

太郎川公園2

太郎川公園3

太郎川公園4

コメント
No title
 子どもが小さい時は、時折訪れたことがある場所ですが、最近はここも横目で眺めて通り過ぎる場所になっています。
 水車小屋もあることは知ってはいましたが、撮影することはありませんでした。
 どこも屋根の葺き替えに困っているようですね。職人が居ないのですね。このままだと、いずれ屋根の葺き替えを行う職人が居なくなってしまうでしょうね。日本の原風景もなくなってしまいますね。
No title
 檮原、太郎川公園、水車小屋の藁屋根、以前は、ワラ屋根は、近所にいくつも建っていましたが、今では、ほとんど見かけなくなりました。懐かしい風景ですね。
No title
 この水車小屋が出来たときに行ったことが有ります。
 母方の祖父は米屋をしていて、その昔、水車小屋で精米をしていたと聞きました。もうそんなこと見聞した人は殆ど無いでしょうね。
我が母が子どもの頃は日常の事だったそうです。
トリム
昔は長〜い、滑り台や木のジャングルジムみたいな遊具があり、子どもを連れて行くのに最適でした。今では寄る人も少ないようです。水車好きなんですよ。安曇野の三連水車がお気に入りです。
藁葺き屋根
今年、毛利家は葺き直しましたね。太郎川も修復されました。工事は梼原の方だそうです。後継の方もいるようでひとあんしんです。鬼北も少し前まではあったような気がします。
水車
吉野の食いしん坊 様
私の生まれた家の上手に水車小屋をもっている家がありました。やつ鹿の歌詞にある、コトコトと・・・音が好きでした。観光用しかないですね。砥部の奥に陶石を砕く水車があって、この春に探したのですが、見つかりませんでした。懐かしい風景は残したいですね。

管理者にだけ表示を許可する