いも朝顔 | 鬼城

いも朝顔

2011.08.02.Tue.20:00
いも朝顔

薩摩芋の芽に朝顔苗を接ぎ木して育てたもの
毎年、届けてくれる方が居て、涼しさの配達と呼んでいる
聞くところによると50鉢ばかり作って配るとか
中には相性が合わず枯れるものも多いと聞いた

朝顔1

いも朝顔全景

昨年は日に当てすぎ、葉枯れを起こしたので今年は室内で育てた
カーテンを閉めていたので寝起きの悪い朝顔となった(^_^)

いも朝顔2

継ぎの部分

苦労して継いでいる様子がうかがえる
自分はもらって鑑賞する人だから苦労はない
大事に育てるのみ

いも朝顔3

寄り添う朝顔

2輪の朝顔がまるで仲良しの夫婦のように咲いた
朝顔3
コメント
No title
 父が柿の木の接ぎ木の名人だったが、柿の木を育てたい場所に渋柿の種を撒き、発芽して数年を経た柿若葉の美しい頃、苗の上部を切り落とし、木の樹皮とその内側にある甘皮の間に鋭利なナイフ(心ゆくまで自分で研いでいた)で切り込みを入れる。その切り込みに、甘柿(次郎やらq富有柿)の新芽を楔形に、同じく鋭利なナイフで削り、差し込む。互いの切り口が密着するよう樹皮の上から稲藁で念入りにきつく縛る。その上にビニールをかぶせ(木の水分が逃げないようにだと思う。)、更にしっかりと稲藁でしばって、活着を待つという作業を、小学生の私は、飽かず眺めていた。芋朝顔の画像を見せていただいて、あの時の日中が突然蘇ってきました。ありがとうございました。
異質なものを・・・
なにか自然に対する冒涜のような気もしますが、継ぐことによって生活が変わることもありますね。スイカなどはかんぴょうに継いだ苗を販売しています。これも栽培技術の進歩なんでしょう。柿の接ぎ木は見たことがありますが、なかなか難しいと聞いています。お父さんの思い出ですね。お盆月、良い供養になれば・・・

ふっと思いました。継ぐんではないのですが、お医者さんの外科治療や歯の治療も同じような気がします。移植までは考えられませんが、これも技術進歩でしょう。
美しい
思わず「美しい」とつぶやきました。

背景のベージュも綺麗なボケだし、朝顔の花にちょうど良い具合に
綺麗な光が射しています。

そしてページを開けると、またびっくり。
サツマイモに接ぎ木した朝顔なんて初めて見ました(笑)
蔓状の朝顔が、よく直立していますね(不思議)

そして最後の写真。
なるほど、綺麗な斜光線ですね。
写真は、いかに光を捉えるかの、お手本写真だと思います。

TKさんの中傷メール(結局1回きりでした)では、鬼城さんやkyoichさんmisaさんに
たいへん不快な思いをさせてしまいました。ごめんなさい。
なんとも後味の悪い結末でした。


昔から・・・
朝顔の花の接ぎ木は昔からあったようです。一時、朝顔にはまっていたことがあります。それも変種の朝顔・・・八重咲きとか、まるでカーネーションかと思うばかりのもの、直径20cm以上の花びらのもの、遮光栽培で早く咲かせたものなど。江戸時代では朝顔市などという歴史もあるとか。

せっかくお褒めの光線(ただの偶然)をいただきましたが、写真を賑やかなものに変えました。2輪も咲いたのでもったいない。(笑い)

TKさんのコメント、人それぞれですから考えがおありだろうと思います。しかし、反響を呼び込んだのだから、その後の書き込みがほしかったですね。間に入ったランスケさんこそ、お疲れ様でした。何よりmisaさんの落ち込みが心配でした。私の方は全然気にしていませんからご心配なく。
No title
腕でしょうか? 

いいえ、カメラですという。
いえいえ、感性ですという。
いえいえ、朝顔の根性ですという。

ホント美しい。
No title
最近、朝顔を見かけなくなりました。
観賞用やよしずかわりにしていたんですが、
今は緑のカーテンといってゴウヤですからね。
食料と兼ねているんでしょう。
いい色の朝顔です。
右の余白が憎いです。
写真
Kyo-chan さん・・・写真の勉強は全然です。昔の話です。パソコンの値段が10万円とします。さてどのくらいの金額使いこなしているでしょうか?と聞いたことがあります。マニュアル首っ引きで意匠権名勉強した人も居ます。人から聞いて上達した人も居ます。さてデジカメは・・・マニュアルはほとんど見ない、本も読まない、ただ撮すだけです。少々ダイヤルをいらうかな?

聞くのが一番なんですが、なかなか聞きにくくて・・・質より量で・・・(笑い)
朝顔
「うわつ」さん 小学校の一年生が栽培していますよ。その子たちも少なくなって学校は小規模化しています。子ども手当を出せば、子どもは増えるんですかね。少子化大臣などと言ういすもありましたね。今でもある?

朝顔は育てやすいし、夏の涼しさを呼んでくれます。しかし日中は「青菜に塩」ですね。それにしても「撮り歩き」、行動力には感心します。自分も年の割には(笑い)動く方ですが、「うわつ」さんが一番! しかし、お互い健康には注意しましょう。

管理者にだけ表示を許可する