興福寺 | 鬼城

興福寺

2018.10.12.Fri.12:30
阿修羅の寺

奈良公園には興福寺がある。
この寺で有名なのは国宝「阿修羅像」である。
特別展でも無い限り、公開はされない。
九州国立博物館で「阿修羅展」があったとき訪れた。
円台の上に載せられ、全ての方向から見ることが出来た。
お寺では一方向のみと聞いている。
写真は図録より掲載・・・

この寺には非対応の国宝・五重の塔、三重の塔がある。
二つ塔がある寺は珍しい。
重要文化財、北円堂もみごと!
日本で一番美しい八角のお堂と言われている。
昔の建築物は偉大で畏怖の念を抱かせる。

これにて朝の散歩を終わり、ホテルにて朝食をとった。

興福寺0

興福寺1

興福寺2

興福寺3

コメント
No title
 東大寺に行った記憶はあるのですが、興福寺に行ったまったく記憶がありません。きっと行ったと思うのですが・・。
 早朝だったので静かで落ち着いた雰囲気の中、撮影ができたので良かったですね。
 今回色々と学習ができて良かったですね。これが、血となり肉となるのは今後の精進ですね。
中金堂
もう少し遅いと、中金堂の落慶法要が見学できたのにね。20日からは一般公開されるみたいなので瓦一枚奉納してこようかと思ってますが・・・友はもうお祝いに参加したみたいです。誰と行こうか悩んでいます。一人で行けない私です(笑)
写真と・・・
syoryuで~す。 様
FaceBook にも書きましたが、私も初めてでした。阿修羅があることくらい・・・薬師寺という寺があります。ご存じと思いますが。プロジェクトXで宮田行きの西岡常一の大仕事の寺ですね。ここには無理を言って修学旅行で行きました。興福寺は始めて!よかったです。
落慶法要
結女 様
奈良県の寺は修復工事が盛んに行われていますね。室生寺も・・・時期的なものなのかもしれません。ずーっと昔、シルクロード博に行ったことがあります。このとき東大寺の修復が終わり、「さだまさし」が大仏殿前でがコンサートをしたのでは無かったかと・・・落慶法要見てみたいです。
No title
南円堂には右近の橘の木があるんです。3枚目が南円堂です。左に橘の木があり立札が見えています。こいのぼりの歌と南円堂の右近の橘は関係ないかもしれませんがね~(笑)
No title
 さすがに歴史のあふれた奈良県でしょうか、朝の散歩にこれだけのメニューですから。すごいですね。
勘違い
うわつ 様
南北を間違えていました。(汗 京都は南北はすぐ分かりますが、奈良は・・・興福寺の広さにも驚きました。朝の散歩をする人も多いんですね。右近の橘、左近の桜、これが平安京にも伝わるんですね。
やっと・・・
tentijin 様
短期間で有りながら、旅の内容は濃いものになりました。「うわつ」さんのおかげです。メジャーなところは知っていても、穴場(マイナー)の良いところは知らない。今回は満喫しました。
No title
もう読まれましたか、
歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めます。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。 その1からラストまで無料です。夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない人が多いですね。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、 既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレにも最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。平城京遷都を主導した聖武天皇の外祖父が登場します。古代の政治家の小説です。気が向いたらお読み下さいませ。(奈良のはじまりの歴史は面白いです。日本史の要ですね。)

読み通すには一頑張りが必要かも。
読めば日本史の盲点に気付くでしょう。
ネット小説も面白いです。
江戸時代
omachi 様
退職してからの仕事が、江戸時代が中心でした。歴史に関しては、素人です。しかし、平城京や平安京時代も興味が湧きます。その中でも過去と現在を繋ぐ出来事にはより一層面白い。薬師寺を再建された西岡常一宮大工さんの話など興味深い。さっそくご紹介の「北円堂の秘密」読んでみます。ご紹介ありがとうございました。

管理者にだけ表示を許可する