立山黒部アルペンルート その3 | 鬼城

立山黒部アルペンルート その3

2011.07.14.Thu.12:00
車窓より

大谷の雪壁回廊、今年の開通時は17m、現在は5m

 大谷

室堂よりの大谷

雪壁回廊が見える
位置は画面中央あたり

室堂2

立山よりわき出た湧水
むかしは手ですくって飲んでいたが、今では石組みができ観光客用となっている
しかい、水の味は変わらず、なぜかおいしい

室堂3 

慰霊塔だろうか
後方は立山連峰

室堂1 

岩陰に咲く花

室堂6 

今回、どうしても見たかった「みくりが池」
大学1年の夏期合宿、自分の体重より重い荷物を背負い室堂より、ベースキャンプとなる剣沢へ
荷物に耐えきれず四つん這いになってはった場所
いまでは囲い、遊歩道もでき景観は良いが自然は
そのとき目にした「白山シャクナゲ」の可憐さは忘れない

室堂4 

立山(たてやま)は、飛騨山脈(北アルプス)北部に位置する標高3,015mの山。雄山(おやま、3,003m)、大汝山(おおなんじやま、3,015m)、富士ノ折立(ふじのおりたて、2,999m)の3つの峰の総称。立山連峰の主峰で、中部山岳国立公園を代表する山の一つである。

立山を代表する雄山
ちょうど霧も晴れ、雄姿を見せた


室堂5
コメント
いつの間にか立山へ
鬼城さん、ずっと忙しい日が続いて自分のブログを開くのが、やっとでした。

あれ?いつの間にか立山まで行かれていますね(笑)
本当に、そのフットワークの軽やかさには驚かされます。

異例に早い梅雨明けでしたが、立山はまだ残雪が多そうですね。
今日は松山でも「シャーシャー」とクマゼミの声を聴きました。
いよいよ夏本番。
仕事も一段落ついたので、この週末は、瓶ヶ森でのんびりテン泊予定。
ビールを飲みながら好きな本を読んで過ごします(笑)
徐如林
久しぶりの山といっても乗り物を乗り継いででしたが、天候もよく爽快でした。しかし、いつものことながら開発か、自然保護かの選択がついて回ります。雷鳥沢の雷鳥が姿を現さなくなったと聞いたときも・・・

大学時代は剣がHGであとは穂高まで縦走・・・20日ほど山ごもり、そして石鎚の山小屋番人、皿が峰の番人・・・64日山に入っていたのが記録です。

ツアーは時間がないことと自由がきかない欠点がありますね。天狗が原などではゆっくりと散策してみたい気がしました。帰ってからは仕事が山積みでやっと今日終了。明日は松山、県美です。
時の流れ
余りの変わりように・驚き。
35年が過ぎるのですから、無理もありませんが。

雪の回廊を見に行きたいと思っています。
石鎚も同じ
当時は、誰もがという意見の元で山岳道路が日本全国に広がりました。そのために山容が変わったところもあるとか。悲しいことですが人が行けば、自然はあれる。いまさら言っても仕方がないんですが、道徳心だけは持ってもらいたいと願うばかりです。

と便利にかこつけ、ツアーで行った人間には言う資格はないか。(苦笑) 雪の回廊は驚きでしょう。

管理者にだけ表示を許可する