棚田の稲刈り | 鬼城

棚田の稲刈り

2018.09.23.Sun.08:00
泉谷棚田稲刈り

16日、棚田のオーナーさんの発案で稲刈りを撮りに行くことにした。
いつものことながら厚かましく参加<(_ _)>
天候は晴れ!
駐車場が少ないのであさ7時出発!
8時過ぎ到着、行ってみると県外ナンバーの車がもう来ていた。
稲刈りについての受付、説明会後さっそく部隊は刈り始めたが、なかなか手が出ない。
説明役の方が実演!

その間、私はうろうろと・・・
合鴨を見つけた。
ここは別名、禊ぎの里と言うらしい。
稲城米、そして鴨米とくれば最高級のブランド米である。
まだ稲刈りの最中だったか、昼前に泉谷を後にした。


稲刈り1

稲刈り2

稲刈り3

稲刈り4

稲刈り5

稲刈り6

稲刈り7

稲刈り8

稲刈り9

稲刈り10
コメント
No title
 写真を拝見すると若い人たちの歓声が聞こえてきそうですね。泉谷棚田も一時の賑わいを取り戻したみたいですね。
 すべての稲刈りが終わると元の静寂が戻ってくるのでしょうね。
 次の訪問は、来年の田植えの頃でしょうね。
時は今!
syoryuで~す。 様
樹木希林さんがお亡くなりになり、我が身も何時か分からない。動ける内に・・・(笑 若者達、活気がありましたね。今から冬を越え、耕し準備し田植え・・・この繰り返しが、日本の農業ですね。美味しいお米を食べることが出来るのに感謝です。
No title
行動力、尊敬します。
心安らぐ秋の風景ですが、この風景と稲作を残して行くのは並大抵の事ではないと思います。
 奥内の棚田も東小の子どもたちも田植えや稲刈りに参加し、お米の販売もしているようです。とても美味しいお米だと聞きました。
ただイベント
吉野の食いしんぼう 様
子どもたちに米作りの大変さを知って貰うことは大事です。しかし、この大変な仕事をお百姓さんはやっているんだと言うことを教えねば成りませんね。特に棚田のある故郷に育った子どもたちには格別の思いがあるでしょう。やはり遠く離れても故郷を思う心、大事です。美味しいお米、手間暇掛かります。
No title
一枚目が良いですね~右の蕾も入れたらもっと良かったかも(笑)
ありがとうございます
うわつ 様
こんな時に頭が回らない。それよりファインダーの覗き方の練習をしなくてはいけません。右目がどうも・・・練習します。
No title
 彼岸花と棚田、いい風景ですね。機械の入りにくい棚田に、稲刈り体験、賢いですね。稲木の並ぶ風景もいいですね。
消滅
tentijin 様
ここの棚田は存続をかけて、町の支援があるようです。そしてオーナーも途切れていない。しかし、世話をする方が高齢化して、なかなか難しいようですね。こんな日本らしい風景が無くならないようにしたいものですね。

管理者にだけ表示を許可する