四万十花火大会道中記 | 鬼城

四万十花火大会道中記

2018.08.31.Fri.15:00
四万十花火に行かんかな?

誘いは二つ返事で・・・
何時もの待ち合わせ場所から4人で賑やかに出発!
四万十を下りながら景色を観賞する。
岩間の沈下橋はまだ修理できていない。
沈下橋を撮っていたら花火の時間に遅れると・・・(笑い)
入野の海水浴場をあとにして、腹ごしらえ・・・
その後、四万十の赤橋を目指して行く。
空には十四夜の月が煌々と輝いている。

途中1
途中2

途中3

途中4

途中5

途中6

途中7
コメント
No title
暦の上では「秋」その秋を感じると共に、夏の名残も感じる道中記ですね。
 海に向かうサーファーの写真が私は特に気に入りです。
時間が・・・
吉野の食いしんぼう 様
入りの到着が4時頃だったので、県外からのサーファーなどは上がっていました。昼間なら良い写真が撮れると思います。向かし行ったときは,近く感じていましたが今回は遠く感じました。この辺り、良いところが一杯在りますね。
No title
 R441を通ったのですね。愛南経由とどちらが近いのでしょうかね。
 しかし、愛南経由だと途中で撮影するポイントがないですよね。
 赤橋には、しばらく行っていません。また、今年は花火の写真も撮影できていませんね~。
花火
寄り道しながらでしたか。波が高い時は長居するとレンズに潮風が入ります。入野海岸の限りませんがね~(笑)
今年を参考にして来年はどう撮るか??花火はその繰り返しですね。
No title
 夏らしいいい写真が撮れていますね。暮れる間際の紺色の空と月が綺麗ですね。高知は様々見所があって、いい風景に出会えますね。
道中
syoryuで~す。 様
この道は2時間程度ですから、愛南経由でも変わらないのではと思います。沈下橋、まだまだあるし支流も面白いと行っておられました。道筋に詳しい方ばっかりなので楽しくドライブできました。南予方面の花火は・・・来年ですね。
うわつ 様
レンズの大敵!考えなかったなあ・・・波も結構在りましたが、サーフィンに丁度良いくらいだったようですね。しかし、昔は下手の人が多かったですが、今回見てみると美事に乗っています。好きな人にはたまらないのでしょう。
動く
tentijin 様
ドライバーの堅や一緒に行った方たちは若い頃からこの道を走っているようで詳しい人達でした。赤橋の所も複雑で・・・水車群のあるところは、どう行ったかなあ?という知識ですから・・・撮影ポイントは数多くあるようです。

管理者にだけ表示を許可する