空の駅 | 鬼城

空の駅

2018.07.24.Tue.07:00
餘部鉄橋

見えてきた餘部鉄橋!
明治45年に開通、平成22年運用終了。
同年コンクリート製の新餘部鉄橋運用が始まった。
2枚目の写真は旧橋梁でテレビドラマ「夢千代日記」のタイトルで使用されたもの。

あまりにも高いところを走っているので事故が心配である。
昭和61年突風に煽られた客車が転落した。
下の民家、工場の上に墜落し乗務員を含め6名の方が亡くなった。
そこには慰霊観音像が建っている。

新餘部鉄橋の駅に行くには急な坂道を登らなければならない。
観光客の展望所も同様である。
そこで町がクリスタルタワー(エレベータ-)を建設した。
40mを一気に上がることが出来る。
残念なことは見学時間にJR山陰本線の列車が通らなかったこと。
素晴らしい技術、素晴らしいアイディア、素晴らしい景観だった。

餘部0

餘部1
餘部2

餘部3

餘部4

餘部5

餘部6

餘部7
コメント
No title
余部鉄橋行きたかった~。といっても古い時の余部鉄橋ですがね。私の時は工事中でしたので行かなかった(*ノω゜)
No title
 私も写真でしか見たことがありません。一度行きたかった場所ですね。
 今でも古い鉄橋が一部残っているのですね。この高さから落ちれば、大惨事になったことでしょうね。
 宮崎県新田原基地のそばに「空の駅眺鷲台龍馬」というのが在りますが、全く違う駅なのですね。空高くに在る実在のJRの駅なのですね。
No title
空の駅の名がふさう、驚きの高さですね。
2枚目の写真は夢千代日記で覚えがあります。
 DVDで夢千代日記懐かしみたいと思います。e-466
高いところ
うわつ 様
鉄夫君ではありませんが、古いときに行きたかったですね。夢千代日記のタイトルバックにある浪漫あふれる鉄橋です。若いころはロッククライミングもしていたので高いところは平気でした。今は駄目ですね。しかし空中の駅舎は大丈夫でした。40m在りますから壮観でした。
名前
syoryuで~す。 様
地名も餘部ですから、いわれはあるんでしょうね。それにしても新田原喜地の駅名は凄い!竜馬と関係があるんでしょうか?列車が通るところを取りたかったのですが、時間が無かった。(>_<)
夢千代の里への入り口
吉野の食いしんぼう 様
第一話の列車のシーンです。裏日本という言葉は差別用語だとか?山陰地方ですね。この日はこのときだけ晴れ間が見えました。田島地方というのだそうです。但馬空港が在ります。小さな空港で機首も限られるとか?笑隆で~す。さんに詳しく教えて貰いました。さあ、いよいよ夢千代さんに会いに行きます。
No title
 餘部鉄橋、墜落事故、うっすら記憶にある気がします。しかし、こうしてみると、高い高い橋桁ですね。
よくもまあ!
tentijin 様
山陰本線は何度か通っています。しかし、餘部鉄橋は通ったという記憶が無い。知らぬ間に通過していた。こうしてバスで行ってみると山陰の交通網も四国西部と同様、厳しい者です。旅行しなければ分からない、良い経験になりました。

管理者にだけ表示を許可する