Dr.Heli | 鬼城

Dr.Heli

2018.06.23.Sat.15:00
DoctorHeli1.jpg


ドクターヘリ

不思議なことに最近、我が家の上空は飛ばなくなった。
風向きの所為かもしれないが、ふと市立の屋上を見るとドクターヘリが着陸している。
医師、看護師達が慌ただしく動いている。
帆走されてきたのかもしれない。
個人情報となるのでカット・・・
すぐに離陸し、海の方へ飛び立った。
青空に映え、カラーも美しい。

DoctorHeli1.jpg

DoctorHeli2.jpg

DoctorHeli3.jpg

DoctorHeli4.jpg

DoctorHeli5.jpg
コメント
No title
先日、私がお休みの日にもドクターヘリがやって来ました。
ブルブルブル~~凄い音で我が家の上空を通って、無事屋上へ。

飛び立つときには命が救われますようにと祈っていました。
No title
従兄の救急搬送は、悪天候でDrヘりが飛べず松山まで陸路搬送でした。従兄の病状からして、どちらにしても結果に変わりはなかったのだと思います。それだけに、このDrヘリで搬送された人が助かることを祈らずにはいられません。
南側
きみちゃん 様
声が聞こえたのかどうか、最近、きみちゃんちの上空から侵入してきますね。飛び去るときは西、宇和島ワン方向になりました。ルートがあるのでしょうか?以前の減りは防災ヘリだったような気がします。安刈る命があることを祈るばかりです。
漸園です、、、
吉野の食いしんぼう 様
生きる可能性の追求は木下先生が、言われていました。自分の命だから、例え1%でも可能性があるなら手術すると・・・90歳過ぎてからは癌との戦いでした。命がつきるのは運命でしょうか?ドクターヘリが、命を救うように祈ります。
ヘリコプター
ヘリコプターが良く飛んできますね。もう少しシャッター速度を遅くしたらプロペラが回っているように撮れますよ。手振れしないで撮影出来るシャッター速度を知ってると便利ですよ。
ありがとうございます・・・
うわつ 様
離陸が早すぎたので・・・連絡が無いため、設定に時間が無く(汗 水の流れと同じ手法ですね。まだまだ設定の勉強をしなくてはいけません。
No title
 この時、私の自宅の上、津島側よりからのアプローチだったので北東の風が吹いていたのでしょう。ですから南西側からの着陸だったのでしょう。
 ヘリの管制は、各空港周辺ならタワーの管制を受けるのですが、それ以外は管制を受けません。ですから、どう飛行するかはヘリのパイロットが自分で決めて飛行します。(飛行計画は提出していると思いますが・・・。)ただ、航空機間で通信するための周波数は割り当てられているようです。
 愛南町で紫電改引き上げの時、ヘリが墜落したのもこのためだったのでしょうね。
 一刻を争う患者さんにとては、唯一の命綱ですからね。
判断力
syoryuで~す。 様
パイロットは大変な職業ですね。どの仕事も大変なんですが、命に直結しますからなおさら大変です。やはり果然向きなんですか?吹き流しがそのためにあるんでしょうか?いずれにせよ、命大時で「ドクターヘリ」導入は大歓迎ですね。
No title
 今のように過疎になり、病院も少なくなってしまうと、ドクターヘリの必要性は高まっているでしょうね。ただ、事故はないとは言えないことなので、心配は残りますね。
訓練
tentijin 様
出動回数は少ないようですね。それだけ地域に病院が在ると言うことでしょう。山での遭難とか、交通事故などへの他愛王でしょうね。それで助かる命、素晴らしいことです。

管理者にだけ表示を許可する