大雨洪水警報 | 鬼城

大雨洪水警報

2018.06.20.Wed.15:00
自然の驚異

一昨日は大坂地震、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。
また、被災された方々にお見舞いを申し上げます。

宇和島地方は朝から大雨洪水警報が出されています。
この時期に咲く花が合歓木(ねむのき)です。
花びらが洗浄のため雨が降ると形が崩れます。
例年より10日ほど早い開花です。
須賀川沿い、神田川沿いに咲いていました。
側には梅雨の季節の代表的な花「山梔子(くちなし)も・・・

合歓木0

合歓木1

合歓木2

合歓木3

クチナシの花
コメント
No title
合歓の花が咲いています。雨の日はクシャとして雨の日は撮影しません。白い花はくちなしの花でしたか。夾竹桃の白花かと思いましたよ(笑)
夾竹桃?
うわつ 様
背丈が低いので「山梔子」とばかり・・・葉を見ると「夾竹桃」ですね。雨が降ると出歩かず家で映画鑑賞です。体調もうっとおしい感じがします。
No title
 仕事に就いたばかりの頃、宇和津町に下宿していたお家の生け垣に使われていたのが「クチナシ」でした。この時期、良い香りを漂わせていて気持ちを落ち着かせてくれる感じがしていました。その家は今、どうなっているのでしょうかね~。
No title
 合歓木、花は気付くのですが、実がなる頃は、あまり注目していないので、どんな実なのか、自覚がありません。結構な大木になりますね。くちなしは、小さい方がいいですね。
syoryuで~す。 様
宇和津校区の住宅の再編は目覚ましく移り変わっています。壊して分譲も数十県となっています。昔の面影を残している建物も少なくなりました。大正か昭和かの煉瓦造りの建物「樋口邸」も一昨日には更地になりました。歴史的な手手物が無い宇和島市・・・寂しい感じがします。山梔子、残っていると良いですね。
知らぬ間に・・・
tentijin 様
合歓木、ほんと大木になりますね。国道56号線の中山町の風車があるところの川沿いに大きな合歓木があります。松山に行くたび、この時期は楽しませてくれます。西日本に自生しているそうですね。
ねむの木
忙しくてコメントが書けない状態でした。鬼城さんは精力的に外出、投稿し、その素早さに脱帽です。鬼城さんの記事で直近の南予の様子や歴史がわかって感謝です。木下先生の訃報も遅まきながら知りました。kinoppyはブログで知り合った宇東の先輩Yさんの訃報を記事にすることがいまだにできません。もうすぐ一年・・・。
鬼城さんのねむの木の写真初めて拝見しました。鬼ヶ城連山を背景に撮られたのが一番好きです。雰囲気がありますね。
No title
 合歓の花は繊細な花なので、この豪雨は厳しかったでしょうね。この花からまず連想するのは「美智子皇后様」です。
 私達の散歩道にも咲き始めているようですが、明るい内の散歩は少ないので、見逃す風景が多く残念です。
合歓木
kinoppy 様
この木で思い起こすのは、宮城まり子さんの「ねむの木学園」です。日本で一番最初の肢体不自由児のための学校です。ここでこの花を知りました。なんか最初は眠くなる木だと勘違い、恥ずかしいことです。この時期、毎年のことながら撮影チャンスを失います。気がつけば遅く、花びらが・・・今年も同様でした。鬼ヶ城バックの写真は須賀川の高光側からです。
景色
吉野の食いしんぼう 様
夜であろうと昼であろうと見るものは変化する。車ではなかなか見ることが出来ない。今になって気がついたことです。ねむの木の子守歌は美智子皇后様の作詞なんですね。やはり感性が違います。m(_ _)m

管理者にだけ表示を許可する