愛宕山夕景 | 鬼城

愛宕山夕景

2018.06.18.Mon.10:00
宇和島の絶景

散歩コースの中間点、愛宕公園の展望台。
ここからの夕映えが素晴らしい。
映画「海すずめ」で大森監督が絶賛した場所でもある。
この時期に夕陽は九島山に沈む。
雲が出ていれば沈んだ後に雲の照り返しで海面が染まる。
期待して行くのだが・・・
常連は「うわつ」さん、Tさん・・・
口を揃えて「いつかはきっと会える」
何時になるのか?

夕景2

夕景2

夕景3
コメント
夕陽のすごさ
焼けているではないですか!
海や田んぼに映る夕陽を!!たくさん見かけますが海に映る夕陽のほうがきらめいてますね。
1枚目と2枚目の写真、雲の違いで時差を探している私です。
大きいはずのお城が小さく見えてます。海も山も見える絶好の砦だったんですね。
No title
 愛宕山からの写真では、あまり見ない構図ですね。私は、ワイドで引っ張って撮影することが多いので・・。
 使用レンズは、いくらの長さですか?
No title
散歩コースですが、なかなか夕焼け見える頃は帰宅しています(笑)
きれいですね(^o^)
No title
 お城が入る夕景は、ここがベストなんでしょうね。九島山まで行けば、全面海の夕景が見られそうですね。自然とのとっておきの出会いがあると良いですね。
同じ写真
結女 様
自分もアップの後で思いました。少し時間的にすれていますね。それとズームを変えてと思います。もっときれいに焼けるはずだったんですが・・・通わねば駄目と「うわつ」さんのご指導がありました。
28-300
syoryuで~す。 様
カメラが重たいので手っ取り早くセットして登ります。最初の日は三脚も持参していたのですが、次の日からは手持ちで・・・常連の方たちはバイクで・・・私は自力で(汗 梅雨の晴れ間に登ってみます。
帰宅後は・・・
きみちゃん 様
今頃の夕陽が沈むのは7時20分頃ですね。夏至ですから、日照時間は長いですね。この時間は、一杯飲んで寝ている頃かな?(笑い)それとも、ふらふらと出歩いているのかな?
灯り
tentijin 様
街の灯りが入ると良いのですが、残念、暗くなった後ですね。それとお城のライトアップが遅すぎる。常連さんといつつくんやろ?と言ったところです。ここからが夕陽はいいですね。
ご無沙汰
森の妖精ちゃんと夜の逢引きを楽しんでいるので愛宕山はとんとご無沙汰しています。どちらも魅力がありますが期間限定は妖精ちゃんです(笑)
妖精
うわつ 様
息を切って登るより、癒やされる妖精の方が良いですね。(笑い)どちらもこの時期ですね。先日の体調不良から動きを制限しています。近所の合歓木くらいかな?
No title
散歩コースで、度々見ておられる夕映え、その日、その日で変わるのでしょうね。
 昔、九島に日没を見に行きました。今は陸続きなので時間を気にしなくてよくなりましたが。
 大好きな九島の山に沈む夕日を見てみたいです。
座席指定
吉野の食いしんぼう 様
今から10年ほど前、散歩の途中で毎日カメラと三脚を持ってきている人「うわつ」さんがいました。いろんな撮り方、景色があるんだなあと思っていました。Tさんもそのときの常連です。今では西の空を見て登る事もあります。きれいですよ・・・
西方極楽浄土
鬼城様

 昔人はこの夕景をみて西方極楽浄土と見立てたようで、日想観(じっそうかん)といいます。。くわしくは「折口信夫全集」(中公文庫、27巻の174頁、山超しの阿弥陀像の画因」)をご覧下さい。大坂四天王寺の極楽東門や紀州熊野、あるいは土佐足摺岬の「補陀落渡海」の入水死も、その範疇であるともいわれている。 昔の宇和島人からすれば、愛宕公園や赤松覗岩の地は「日想観」修行者の穴場であったことと思います。黒沢明の映画「乱」にも、最後のほうに、このシーンが出ていたことを思い出します。ご承知のことでありますれば、お許しのほどお願い申し上げます。

  橋本増洋
補陀落渡海
橋本増洋 様
西方浄土は何処に在るのか?あの世はどうなのか?と考える歳になりました。木下先生ほど宇和島の夕陽にこだわる人は居ませんでした。赤松の夕陽も、いまは門が閉まるので城山からの夕陽も見ることが出来ませんが、きれいですね。愛宕公園も通うのですが、なかなか良い機会に恵まれません。

管理者にだけ表示を許可する