西予市宇和津彦神社 | 鬼城

西予市宇和津彦神社

2018.06.10.Sun.08:00
もう一つの一宮様

一の宮とはその地域で社格の高い神社のことである。
西予市坂戸にある宇和津彦神社も一の宮だった。
嘉禎2年(1236年)西園寺実氏が造営した。
宇和津彦の尊を祭神とする。
板島(現宇和島)に藤堂高虎が入部した折、遷宮したとされる。
土地の人は残念がり、跡地に宇和津彦神社を建てた。
1615年、伊達秀宗が入部し、宇和津彦神社は整備されている。
鶴鳴余韻(上巻)によれば
「元和元年より九年迄に愛宕神社鳥居迄漸々に建立」
宇和津彦神社と愛宕神社を合祀している。

宇和津彦神社1

宇和津彦神社2

宇和津彦神社3

宇和津彦神社6

宇和津彦神社4

宇和津彦神社5
コメント
No title
 西予市に宇和津彦神社があるというのを初めて知りました。地図で確認すると確かにありました。
 藤堂高虎が遷宮したということは、宇和島の宇和津彦神社よりも歴史が古いということですね。
 いろいろな歴史が有り、とても面白いし興味がわいてきますね。
何が真実か?
syoryuで~す。 様
宇和津彦神社由来は謎が多く、祭神もそのまま移転されているようです。愛宕神社と宇和津彦神社を合祀は間違い在りません。さて高虎か秀宗か・・・また宇和島の名前の由来も謎!タカと羅刹もあるし、秀宗説もある。西園寺の頃のお城の名前は「板島丸串城」ですから・・・遷宮と同時に高虎が宇和島に下という理由のほうが納得できます。現在、研究中です。(笑い)
No title
 一宮にそのような意味合いがあるとは知りませんでした。西予市が始まりなんですね。境内のこの不思議な高い木は、何の木でしょう?
No title
一宮の意味、宇和に宇和津彦神社があること初めて知りました。
 同級生宅を訪ね宇和には時々行くので、今度連れて行って貰おうと思いました。
一の宮
tentijin 様
その地域の惣鎮守を格式を付け、一之見たと言うそうです、ちなみに伊予国は大山祇神社のようですね。この木、面白そうなので撮りましたが、名前は知りません。五鹿もあるようですから秋祭りには行ってみようかな?
山間に・・・
吉野の食いしんぼう 様
宇和郡の総鎮守として祀られていたのですね。それを遷宮した。これぞ我田引水ですね。樫駄馬古墳の所です。「苔筵」近くにありますから、どうぞ・・・

管理者にだけ表示を許可する