天赦園呈茶会 | 鬼城

天赦園呈茶会

2018.05.31.Thu.09:00
第8回天赦園春の呈茶会

早いもので8年間続いている。
淡交会宇和島支部の皆さんの活動には頭が下がる。
インバウンドで来園した外国の方々に大変喜んで頂けると聞いた。
日本文化を理解して頂くには体験が一番!

3度訪れた。
長閑な風景・・・
それぞれに楽しんで居られる。
最後の「つくばい」の写真、「うわつ」さんに教えて貰ったが、中に鯉の筋彫りが・・・
歴史を辿ると五代村候の時代に偕楽園に人麿神社があった。
その神社の手洗いだったそうだ。
今はその神社もなく、面影もない。

呈茶会0

呈茶会2

呈茶会3

呈茶会1

呈茶会6

呈茶会4

呈茶会5

呈茶会7

呈茶会8
コメント
No title
昨年は、お願いして和服の男女を撮影をさせていただきましたが、今年は予定が重なり撮影には出向きませんでした。
 ここでいただくお茶は、日常の非日常なのでことのほか美味しく感じるのではないでしょうか。
 ただ、CMを出しても「敷居が高い」というイメージがあるので、「作法を知らないから・・。」と敬遠する方が多いように感じます。もっと「気楽に楽しめるお茶会なんですよ~。」いうことが周知できれば良いのですがね~。
お茶の世界
syoryuで~す。様
流派が有り、中々難しいのが現状ですね。どの流派も最低のしきたりだけは壊したくない思いがあるようです。城山で振る舞っているのが「鎮信流」、春の呈茶会は「裏千家」秋の手に触れる鑑賞会は「表、木村流」かな?今年は3回行きましたが、上がったのは一回のみでした。教育長さんはお嬢さんと上がったのかな?
No title
日本のお茶は番茶から玉露までいろいろあるようです。飲み方もいろいろあるようですね~。茶室は堅苦しいので苦手です(笑)
正座
うわつ 様
最近、正座するとももの上が引きつって痛くていけません。椅子の生活に慣れた所為でしょうか?膝を組んでも足が組めない。身体が硬くなっている為ですね。最近、柔軟ストレッチをしています。歳ですね。お茶会などは嫌いでは無いのですが・・・
No title
 お茶は、優雅と両極ですが、着物姿でのお茶会は、優雅を感じるので不思議ですね。庭を眺めお茶会に参列するのも、なぜか優雅の側に傾いている気がします。つくばいの写真不思議な別世界が隠れているようですね。
tentijin 様
神社仏閣に惹かれ、和服姿に惹かれる。日本人だからこそですね。最近の観光地で和服姿之人はほとんどが外国人!和の文化も国際的になったようです。ちなみにこの呈茶会にインバウンドの外国の方も来られ、非情に評判が良かったとか・・・
No title
 久しくお茶席に座っていないので、お道具もお茶席の様子も懐かしいです。
 自宅ではお菓子によっては抹茶を点てて飲みますが、こう言うお茶席で飲むのも景色やお道具を楽しめて良いですね。
 ご亭主の先生、懐かしくお顔を拝見しました。
変化
吉野の食いしんぼう 様
最近、男の方の入会者が増えているようです。ご亭主の門下にもお二人・・・お点前をされたのが若い方でした。袴をはいた姿、凜々しいですね。もう一方、担当の先生は松野の方(Tさん)でした。良いお茶席でした。

管理者にだけ表示を許可する