胡蝶蘭 | 鬼城

胡蝶蘭

2011.06.18.Sat.20:23
我が家の胡蝶蘭が咲いた。我妻のの努力である。今までいただいた「胡蝶蘭」は大事に育てたにもかかわらず、花にならなかった。高価な花の特徴である。育てにくいかあるいは施設園芸で投資が半端ではない理由によるのだろう。そこでこの胡蝶蘭は手間をかけないでほっておいたらしい。春先に花芽が見えたが、おそらくいつも通り落ちるのだろうと思っていた。ところが、6月に入り一輪が咲いた。現在は4輪・・・見事!
 
6月12日4輪の胡蝶蘭
 

胡蝶蘭4 

6月1日一輪の胡蝶蘭


胡蝶蘭1

二輪の胡蝶蘭

胡蝶蘭2

三輪の胡蝶蘭

さて来年は咲くだろうか?

胡蝶蘭3
コメント
胡蝶蘭
いや~見事ですねー。
何鉢も・・・
冬越しさせるために人間にではなく、電気カーペットまで敷き、大事に育てたのに枯れてしまったものも多かった。洋蘭はほっておいても咲くものが多い中。「胡蝶蘭」だけは・・・育て方の本では簡単だと書いてあるようだが?
No title
スボラに育てると元気な花が咲きます。私も、適当にやったら胡蝶蘭も多くの花が咲きました。2年間は大丈夫だった。
子どもにも手をかけ過ぎると育ちが悪いと言うことですかね。(笑)

放任
海老根蘭さんの言われる通りかもしれません。しかし、毎年、お百姓さんは立派な野菜を育てるし、花卉園芸の方たち、果樹園芸の方たち、尊敬しますね。この方たちは手間暇をかけるんでしょうね。(笑い)
花は、花の思いに任せましょう。
 Y小職員室にある白い胡蝶蘭は、毎年花を付けます。用務員さんに秘訣を聞くと「関わりすぎないこと。たまに水をやること」だそうです。それだけで、すばらしい花を付けてくれます。
 しかし、我が家では何一つ花を付けてくれません。
 S氏からいただいた「極楽鳥花」が3年後に花を付けるかが、現在の課題です。

 ひょっとして、「子どももそれの方が、良いのではないかな~。」な~んって思ったりして・・・!
そう言えば
手をかけないストレチアは、今年は3本も花を咲かせましたが、その所為でしょうかね?
今までは、水よ枝よと育てていましたので、過保護だったか?(笑)
なりほど!
関わらないこと・・・含蓄のある良い言葉です。それにしても暑い・・・
ブログチェックが遅れ返事が遅くなりました。<(_ _)>

子供たち元気ですね。なぜか息を吹き返したような気がします。
おそらく経営方針が変わったことにも寄ると思います。
とにかく動きのある職場は好きですね。

ご迷惑でしょうが(笑い)また寄せていただきます。
花よりブログ
 私のブログと大違い。美しいですね。早くこんなブログにしたいものです。

管理者にだけ表示を許可する