岩戸の滝 | 鬼城

岩戸の滝

2017.06.20.Tue.15:00
薬師谷渓谷

そうめん流しのすぐ上に「岩戸の滝」がある。
両側からせり出した大岩の向うに滝が見える。
輪の門のようなところからネーミングされたことはすぐ分かる。
最後の写真はすぐ「岩戸の滝」のすぐ横に落ちている滝?結構高い。

岩戸の滝1

岩戸の滝2

岩戸の滝3

岩戸の滝4
コメント
No title
 練習に行かれてのですね。ここは、長靴がないといい構図では取れませんね。私も足を取られてカメラを落としそうになりましたよ。
 ピントをどこにあわせるかが難しいですね。マニュアルでピントを合わせる方が良いように思います。
はい、あとで・・・
syoryuで~す。 様
マニュアル、そして画面拡大で確認、AVモード、シャッター速度と覚えては居たのですが・・・昔から言っているように、三つ以上は覚えることが出来ません。(T-T)どうも左手の岩に合っているような気がします。
岩戸の瀧、拝見できてありがとうございました。
85年くらい前に見た風景とかわりません。
あのころ宇和島で遊山といえば、南は薬師谷、北は鮎返りの瀧でしたが、時代は変わるものですね。
こんな良い場所が・・・
木下博民 様
もっともっと人が訪れてほしいところです。やはり山、自然には神宿ると言われています。まさに「岩戸の滝」はそのもの!
しかし、安全に配慮が必要です。前から気になって居たこと。標識が見えなくなっている。市内各所の標識も「トタンの白塗りにペ気で書いたようなもの」が多い。文化水準が低いと言われても仕方が無いですね。
No title
ちょっとご無沙汰の薬師谷ですが、ここと言えば、、木下先生も紹介されていた医師でもある中井コツフの赤い蟹の短歌を思い浮かべます。数年前これを知り、山仲間と共有したいと、事務局ニュースに載せました。
 水遊びが気持ち良く感じる季節になりました。
吉野の食いしんぼう 様
沢ガニでしょうね。中井コッフの短歌はすばらしい。しかし知名度はあまりありません。お城の児童公園にも碑があります。雪輪まで登ったとき、あまりにも熱いので泳ぎたい気分になりました。水死でもしたら、愛媛新聞ですね。(爆)
No title
 岩戸の滝、おもしろいですね。それぞれの山に、それぞれの川があり、また、滝もある。とても身近な場所に貴重な自然が残されていることに驚かされます。それにしても、フットワークは軽いですね。
足は重い
tentijin 様
まずは、そーめん流しに駐車場を取られ、道路沿いに駐め、入り口まで徒歩・・・それから山道・・・票s機見当たらず。岩戸の滝を見落とし・・・萬代の滝から沢に居り雪輪へ向かしました。途中崖崩れで迂回路数回・・・これが名所かと疑うばかりです。こんな地道な作業を怠るようでは名所では無い。まっ、行っても無駄かという感じでした。
斜光
岩の割れ目から陽が射すのを撮ろうと通いました。大雨の後しばらく行かなかったら忘れていました(笑)
今日はありがとうございました~感謝です。
明るさ
うわつ この滝、背景の明るさと滝部分の暗さの合わせ方が分からず、何度もシャッターを切りましたが、だめでした。薬師谷は何度も行っていますが、秋の紅葉は無く、滝に掛かる木々も無い。難しいですね。
次は「鮎返りの瀧」と「水源地公園」の現状が知りたいですね。
藩政時代の宇和島は、郊外といえば丸穂あたりで、一寸余裕のある武士は、大超寺奥に別庶墅を設けて楽しんだようで、柿原の奥などあまり関心なかったようですね。
雨上がりに
木下博民 様
薬師谷、しばらく続きます。毎日が日曜日なんですが、雑用が入り・・・今夜は財団の会議です。

管理者にだけ表示を許可する