竜華山等覚寺 | 鬼城

竜華山等覚寺

2011.04.12.Tue.19:00
仕事休みの午後、ふっと竜華の桜を思い出し、花見に出かけました。案の定、盛りは過ぎ葉桜の様相でした。しかし、牡丹桜や利休梅は満開、見事なものでした。

宇和島藩伊達家の菩提寺「竜華山等覚寺」の山門

竜華山等覚寺の花1
竜華山等覚寺の利休梅は友人の「うわつ」さんに教えてもらった。茶花であるが、名前の利休は鼠色の代名詞で利休が活躍していた頃には日本にはなかったそうです。

利休梅(りきゅうばい)バラ科 ヤナギザクラ属
              学名: Exochorda racemosa
                  別名: バイカシモツケ(梅花下野)
                        梅咲きうつぎ
                           マルバヤナギザクラ(丸葉柳桜)

利休梅全景
 
利休梅1

青空に映える利休梅

利休梅2 

利休梅アップ

利休梅3

奥の方に行くと伊達家の墓所が2カ所ある。8代宗城公の墓所前で牡丹桜が満開であった。あでやかなピンクの花は昔も今も変わらない。

墓所前のボタン桜

さくら3 

ボタン桜のアップ

さくら4



コメント
まだ桜花爛漫
鬼城さん宇和島は、もう葉桜ですか。
松山は、まだ桜花爛漫…散り際の桜の一番美しい頃。
風の舞い上がる花びらの盛大な乱舞に見惚れています。

今回の記事は、また珍しい花ですね。
そして名称が「利久梅」とは美しい響き。

ひと時、「レベル7」の深刻な報道を忘れさせてくれます。
今週末は父の一周忌と母の百ヶ日忌を合わせた法事です。
あの生々しかった喪失感も、震災報道の渦中でずいぶん薄まってきました…
ヒストリア
先週、京都桜物語を見逃したので、今日の再放送を録画するようにしています。桜にちなんだ和歌、俳句などの紹介もあるようです。幽玄な中に何かを秘めているような樹木。日本は桜の国だと春になれば、思い起こします。

桜前線は3000kmを約3ヶ月で北上します。昨日は福島、仙台で開花したとのニュースがありました。一日も早い復興を祈念しています。福島、東北がんばれ!

ランスケさんにとって昨年はつらい一年でしたね。お父さんの1周忌、お母さんの100ヶ日・・・年を経るごと忘れないために故人のお祭りはあるんでしょう。つらい思い出から故人を偲ぶ思い出に・・・

管理者にだけ表示を許可する