梅雨入り | 鬼城

梅雨入り

2017.06.09.Fri.17:00
菩提樹の花

梅雨入りして、雨の後に天赦園に行く。
目的は菖蒲だが、珍しい菩提樹の花が咲いていた。
原産は中国、臨済宗の開祖栄西が中国から持ち帰ったと伝えられる。
釈迦がこの木下で悟りを開いたとされるが、この木とは種類が違うようだ。
同じく、シューベルトの「菩提樹」も種類が違う。
ほのかな香りが気持ちいい。

さて菖蒲、今年は不作年・・・
青空の下でなく、梅雨空の下がよく似合う。
里帰りの杏も色づいた。

梅雨1
梅雨2

梅雨3

梅雨4

梅雨5

梅雨6
コメント
No title
 梅雨入りしたというのに「晴~れ」となって、梅雨らしくないなと思っています。(昨年のそうだったと妻が言っていますが・・・。私は覚えていません。)
 菩提樹も天赦園にあるのですか~?大きくない庭なのに植物については、ほとんど分かりません。鬼城様の博学には、ほんとうに驚きです。
No title
 菖蒲、美事に見えますが、不作年?ですか。菩提樹、見たことがないので、見てみたいものです。杏、宇和島時代が懐かしい気がします。主な場所には、例外なく植えてあった気がします。
No title
菩提樹の花と目に入ったとたん、あの「泉に添いて茂る菩提樹e-291」って思ったけど違うのですね。でも見たことない花なので興味津々です。
 緑の中に色鮮やかな杏、綺麗で美味しそうです。
博学
syoryuで~す。 様
博学では在りません(汗)事務所の方に聞いたんです。アップで撮影しようと思ったのですが、花が高い位置なので、この程度でした。ほのかな香り、いいですよ。彼川のところに標示があります。今年の菖蒲、難しかったですね。適当に取る人ですから・・・なんとか、アップはしました。
残念ながら・・・
tentijin 様
天赦園と言えば大名庭園!そのなかでも藤と菖蒲ですね。四季それぞれに楽しめますが、この花の季節は特別です。菩提樹の花は私も初めてでした。
種類
吉野の食いしんぼう 様
菩提樹について調べると面白いことが一杯在りました。私たちが知っている菩提樹は種類が違うのだそうです。普通は中国原産の菩提樹、歌の菩提樹、釈迦の悟りを開いた菩提樹はいずれも違うそうです。しかし、平安の昔、中国より持ち帰った栄西、歴史は面白い。
先進的
菩提樹は知りませんでした。外国の樹木が天赦園にあるのですね。お殿様の影響でしょう。アンズは子供のころ住んでいた所に大きなアンズの木がありました。そのアンズの木はかなり大きくて見上げるほどでした。落ちた実を拾って食べたものです。まだあるのかな~?
手入れ
うわつ 様
食用にするなら、施肥、手入れは欠かせません。前の職場では肥料をやっていなかったので花付き、実付きが悪くなっています。引き継いだのですが、忘れているでしょう。千曲市の名産の杏は、甘くておいしい。宇和島の杏は、酸っぱいです。懐かしい杏、在ると良いですね。
梅雨は極端に体調を崩します
起きて血を吐き、寝て胸苦しく、じっと耐える日が続きます。救いといえば言葉がはきりしているのか、「元気そうだ」と電話の向こうから煽てて頂けるだけ。それもいいでしょう。「・・・そう」なのだから。
意識
木下博民 様
病状は一進一退して居るようですね。新阿ぴしていますが、今自分が出来ることをやるのがいいと思います。宇和島は選挙に向け、賑やかになってきました。九島からも久しぶりに出馬するようです。古参議員の方々が引退され、世代交代ですね。市長も2人の闘いでしょうか?
昨夜は息が止まるかと思いました。
こんな繰返しが続きます。
時雨るるや古本めくる昨日今日
尊敬
木下博民 様
苦しさの中で書き込み、凄いことです。繋がりは不思議で、自分の人生で先生と接点を持ったことが、不思議さと勉強になっています。まだまだ気力を持ってがんばってください。教えて頂くことは、まだまだ在りますから・・・

管理者にだけ表示を許可する