出航 | 鬼城

出航

2017.06.05.Mon.09:00
ロストラル出航

2日、外国船入港の続きである。

お見送り風景を撮って、大急ぎで赤松へ・・・
待つこと30分。
出港予定時刻は14:00だが、動く気配なし。
電話して聞いてみると風が強く、岸壁を離れにくく、左右に揺れているとのこと。
それから10分、岸壁を離れた様子が見えた。
九島大橋をバックに撮影・・・
目の前を通り過ぎる。
停泊したときとまた違った雰囲気だ。
1万トンを超す船はでかいの一言!
目的通り、除き岩の下をくぐらせた。
しかし、でかすぎて入りきらなかった。

ロストラル0
ロストラル1

ロストラル4

ロストラル2

ロストラル5

ロストラル3

コメント
No title
 同じ船を私も撮影しました。構図もほぼ同じ!
 このサイズで一杯ですかね。坂下津岸壁には・・・。高知新港にやってくる22万tクラスに比べると。流線型でとても綺麗な船体をしています。デカい船は、大きなマンションが動いている感じです。高知市民も「いつこんなマンションができたのかと見に来たがよ~。」と言われてました。
 次回は、16日12時だと出ていました。今回は、宇和島湾に入港してくる構図で撮影したいと思っています。
No title
昨日の鬼ヶ城清掃登山で、この船の歓迎セレモニーや観光地に付いて話題になっていました。
 写真を見ると意外と波が高かったのが解りますね。
 この構図で写真を撮りたいと構想を練って移動されるフットワークの良さにまだまだお若いと思いました。
宇和島湾
笑隆で~す。 様
海図(海保)を見ると宇和島湾の一番深いところで100mほどですね。坂下津と大浦では大浦の方が浅いようです。それなら何らかの手の打ちようも・・・そのころインバウンドを考えてなかったんでしょう。少し大きな船を八幡浜は考えているようですね。
笑隆で~す。さんの・・・
モデルが会ったんですよ。結構、有名な客船だそうです。しかし宇和島湾では精一杯!この船は赤松沖から豊後水道へ・・・九島灘は橋が低いことと深さが足りないそうです。これからは観光誘致が大事です。何をメインにするかですね。宇和島はハッキリしないところです。
狭い
出港しましたね。宇和島にはタグボートがないので風があると離岸できないし、港も狭くて大きな船はコントロールが出来なくなるのでしょうね。
そうか!
うわつ 様
船も詳しかったんですね。この岸壁に吹く風は11月頃からひどいそうです。やはり場所でしょうかねえ。行き当たりばったりでは、観光港にもなりません。次は16日12時入港だそうです。
さっき宇和島の有名人がわざわざ来てくれました。
海を持つ宇和島の発展を心から願った次第。
覗き岩に招かれ、送られした昭和前期の夢おおき故郷の発展について、改めて願い祈るばかりです。
お見舞い
木下博民 様
有名人の方だろうと思いますが、先日の飲み会で川尻くんに先生のところへ行くと言っていたと聞きました。懐かしい故郷の話題、いかがでしたか?宇和島市をどのようにするかは、みんなで意見を出し合って決めていかねば成りませんね。独裁や烏合の衆では何も出来ない。
No title
 海を見るとこの日の波の様子が分かり、船の後ろのビルを見ると、船の大きさが良く分かりますね。のぞき岩は、考えましたね、さすがの根性では?
勘違い
tentijin 様
歳はとりたくない!勘違いで2日通いました。それと宇和島湾を挟んで2カ所移動。これも疲れました。当日は時化ていました。西風が直あたるのが、坂下津岸壁だとか。良い経験、良いスナップを撮ることが出来ました。その代わり、疲れました。(笑い)

管理者にだけ表示を許可する